犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

ご案内 ~このサイトの楽しみ方~

Withdog 『犬を飼うということ』にようこそ。

Withdog『犬を飼うということ』は、犬と人間との心の絆を、飼い主の目線で語る”読み物配信サイト”です。ペットと暮らす喜びだけでなく、深刻で複雑な飼い主さんの状況や、理解が難しい専門知識まで、かみ砕いて再構成し、”読みやすい文章" にしてご提供しています。沢山の情報が詰まっていますが、まずは当サイトの人気企画をご紹介しましょう。

老犬アルバム_最新

家族になったよ_犬_最新

うちの子がうちにくるまでへ

みんなのまとめ読み_犬

みんなの闘病記_犬

ツイッターマガジンへ

週刊Withdog&Withcatへ

全記事表示

 詳しいご紹介や、Withdog『犬を飼うということ』をもっと知るには、『続きを読む』のボタンを。

続きを読む

【母の変化】あんなに犬嫌いだったのにね ~ミッキーがうちにくるまで~【感謝と謝罪と再会】

うちの子がうちにくるまで|No.58うちの子がうちにくるまで_ミッキー

撮影&文|Mickyお姉さん
  
今日のお話は

犬は飼いたいけれど家族が犬嫌いというケースは意外に多いようです。本話もそんなご家族のエピソードです。紆余曲折あって、保健所に連れていかれる直前の子犬を引き取ることになったのですが、お母さんが子供の頃から犬が大嫌い。それもそばに来るだけで嫌だという極度の状態です。

さて、やって来た子犬は幸せになれるのか? 犬嫌いのお母さんはどうなってしまうのか?

こんな方へ:
動物は好きなんだけど、犬や猫を飼うのは心配|はじめてなので、もう一歩が踏み出せない|同じような経験をした方はいますか?

 母は犬が嫌いでした

もうずっと前の話になります。我が家にはとても思い出深い、ミッキー(Mickey)という犬がいました。ミッキーのお蔭で我が家は、家族全員が犬好きに変わったと言っても良いでしょう。

ミッキーは我が家にとって2代目の犬でした。1代目は少々訳ありです。
その子はある日突然父が拾ってきた子で、もしかしたら迷い犬だったのかもしれません。きれいな成犬でした。当時母は犬嫌いで、牛乳屋さんが配達に連れてくる犬さえも、そばを通るなんて有り得ないというほどでした。

何故そうなったのか理由は聞いたことはありません。子供のころから、犬がそばに来るだけで嫌だったそうです。

続きを読む

【子犬の躾|44】反抗期第2波なのか?【また布団でオシッコ】

ピィ子の子育て日記

うちにきて412日目 ~ピィ子の育児日記(その44)~
撮影&文|高栖匡躬
 

このところピィ子の反抗期のことばかり書いていますが、実際のところそれが一番困っていて頭を悩ませている問題です。先代犬のピーチーには反抗期がなかったので、初めての経験です。

つくづく犬というのは、個体差が大きいのだなあと思います。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

その子は夫婦で飼う初めての犬でした ~ピコがうちにくるまで~【病気になんて負けないよ】

うちの子がうちにくるまで|No.57 うちの子がうちにくるまで_ピコ

撮影&文|ピコママ
  
今日のお話は

「犬を飼いたい!」そう思って、引っ越しを決意する方は多いのではないでしょうか?
このお話もそんな家族のエピソード。作者はペット可のマンションを購入したものの、なかなか新しい家族には巡り合えません。しかし、それも当たり前のこと。10年以上も一緒に暮らす家族を決めるのですから、犬なら何でもいいというわけにはいきません。
休みの度にペットショップ回るのですが、なかなかピンと来る子には出会えません。
そのまま3か月が過ぎた頃でした。とうとう運命の日がやってきます。

こんな方へ:
動物は好きなんだけど、犬や猫を飼うのは心配|はじめてなので、もう一歩が踏み出せない|同じような経験をした方はいますか?

新しい家族を迎えたいと思いました

今日は我が家の思い出のワンコ、ピコのお話をしようと思います。

ピコは私達夫婦にとって初めてのワンコでした。しかしお互いが犬未経験というわけではありません。夫婦共それぞれが動物好きの家庭で、ワンコと一緒に育ってきました。

私の実家では、私が生まれた時にはスピッツと猫がいて、少し間を置いて白柴のぺぺ、ヨークシャーテリアのペコ、その間文鳥のちゅん助ちゅん子、小桜インコのポコが家族でした。主人はチン、ヨークシャーテリア、猫、ポメラニアンと一緒だったそうです。

しかし結婚をしてからは、お互いに実家を出て社宅に入ったので、ペットは飼えませんでした。それからは一転して犬のいない2人暮らしです。

 

続きを読む

【子犬の躾|43】まだ続いている反抗期【いつの間にか秋】

ピィ子の子育て日記

うちにきて398日目 ~ピィ子の育児日記(その43)~
撮影&文|高栖匡躬
 

いつまで続くかと思っていた猛暑が、急に終わって秋がやってきたような感じです。
肌寒い日もあり、冷房も使わない日が増えてきました。

6月末から続いていたピィ子の反抗期は、次第に収まりながらもまだ続いています。猛暑が過ぎたことで、その反抗期への対応が少々変わってきました。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

【子犬の躾|42】うちの子記念日を迎えました【子犬の成長は早いです】

ピィ子の子育て日記

うちにきて384日目 ~ピィ子の育児日記(その42)~
撮影&文|高栖匡躬
 

このところ2週間に1度で書いてきた『ピィ子の子育て日記』ですが、愛用のノートPCが壊れてしまったために、1回更新をお休みしました。よって今回は4週間分のご報告です。下の方にあるツイッターの記録が28日分もあるので、なんと本記事は2万字越えの大きな記事です。前半のテキストは普段と同じ程度にまとめますので、気軽に読んでみてください。ツイッターの記録は流し読みを。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

【毎日楽しいかい?】一緒に思い出を作っていこう ~ピィ子 がうちにくるまで~【これからも一緒だよ】

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.5 - 2
うちの子がうちにくるまで_ピィ子

撮影&文|高栖匡躬 
 
今日のお話は

生後間もない幼犬に出会ってから1ヶ月が過ぎ、ようやく面会が許される日がやってきました。子犬は両手に余るほどの大きさに成長していて、とにかく良く動き回ります。
そして撫でればふわふわの柔らかい毛。それはずっと忘れていた、子犬の感触でした。

ここにきて、我が家はやっと子犬に名前をつけてあげました。それまではずっと子犬を『あの子』と呼んでいたのです。それにはある理由がありました。

更に1ヶ月たつと、子犬が我が家にやってきます。そこで我が家では子犬を迎える準備を始めました。サークルを買って、トイレトレーを買って――

こんな方に:
愛犬を亡くした|次の子を迎えるかどうか迷っている|すぐに迎えると、前の子に申し訳ない気がする|皆さんどうやって次の子を飼うのを決めるの?|経験者の話が聞きたい

 

子犬を迎えると決めてからしばらくして、ブリーダーさんから連絡が来ました。
「名前は決まりましたか?」
血統書を登録するので、名前を決めて欲しいと言うことでした。

通常の順番で言うと、犬はまずブリーダーさんが犬舎の名前を入れたルールにしたがって命名し、それを血統書で登録します。普通はその後で飼い主が決まるので、飼い主は血統書名とはべつに、自分の家での名前を付けることになります。

しかし我が家のように、血統書の登録前にうちの子になることが決まっていたら、血統書の名前も飼い主が決めることができるのです。
(これは今まで、知りませんでした)

さて、名前は?――
しかし、我が家はまだ名前を決めていませんでした。理由がありました。

続きを読む

【あの日から3年】不意に送られてきた写真 ~ピィ子 がうちにくるまで~【君は生まれ変わり?】

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.5 - 1
うちの子がうちにくるまで_ピィ子

撮影&文|高栖匡躬 
 
今日のお話は

先代犬のピーチーが去ったのは2016年の3月。
それから3年が過ぎたある日、知り合いの元ブリーダーさんから、ブルテリアの写真が送られてきました。なんとそれは、その日に生まれたばかりの子犬の写真。
まだ犬とは思えないような、まるでネズミのような小さな生き物が写っていました。

その時点では、次の犬を飼いたいという切実な思いはありませんでした、しかし子犬の写真には、一瞬「アレ!」と閃くものがありました。

やがて、その子犬はとても気になる存在になっていくのですが――

こんな方に:
愛犬を亡くした|次の子を迎えるかどうか迷っている|すぐに迎えると、前の子に申し訳ない気がする|皆さんどうやって次の子を飼うのを決めるの?|経験者の話が聞きたい

 

我が家が先代犬のピーチーを亡くしたのは、2016年の3月29日でした。
元気一杯で走り回っていて、「きっと20歳まで生きるぞ」と思っていたピーチーでしたが、14歳の誕生日を目前に劇症肝炎を発症しました。幸いその時には奇跡の生還を果たしたのですが、それから病弱な老犬になっていきました。

ピーチーの最期は14歳と7か月。飼い主の口から言うとおかしいかもしれませんが、とても立派で、自慢したくなるような旅立ちでした。

続きを読む

【犬禁止の我が家】見に行くだけのつもりが ~ミルティがうちにくるまで~【家族が犬嫌い】

うちの子がうちにくるまで|No.56うちの子がうちにくるまで_ミルティ

撮影&文|milty-mam
  
今日のお話は

犬を飼いたいと思った時、家族全員が同じ思いという幸運はどれほどあるだろうか?
当然ながら、大家族になるほどその幸運の確率は下がっていく。3世代も1軒の家で暮らすと、一人くらいは犬が嫌いと言い出すものだ。

本話もそんなお話である。祖父が犬嫌いで、祖母が祖父の意志を次いで犬を受け入れない。
実はこの種の話には、同じようなエピソードが付いてくることが多い。犬を飼うことに反対していた家族が、いつの間にか一番の犬好きに変わってしまうことだ。

さて、反対していた祖母は折れてくれるのか?

こんな方へ:
動物は好きなんだけど、犬や猫を飼うのは心配|はじめてなので、もう一歩が踏み出せない|同じような経験をした方はいますか?

犬を飼うことが許されなかった我が家

17年前、我が家は激動の変化の中にいた。
理由は夫が二十数年勤めた会社を辞め、脱サラしてコンビニを始めると宣言したからだ。

コンビニと言えば家族経営と24時間営業が原則。当時私は介護職だったが、当然のように巻き込まれ、中高生だった長女、次女もアルバイトで駆り出された。

家に残ったのは、小学校に上がったばかりの三女と、家事一切を請け負ってくれる義母さまだけ。三女に寂しい思いをさせるのは分かっていたが、家計を守るためには仕方が無く、たくさんのことを我慢させざるを得なかった。

続きを読む

【子犬の躾|41】二度目のヒートは早く終わった【こんなものなのか?】

f:id:masami_takasu:20200816093006j:plain

うちにきて356日目 ~ピィ子の育児日記(その41)~
撮影&文|高栖匡躬
 

我が家の周辺には百合が自生しています。
丁度蕾が開く頃で、あちらこちらで、ちらほらと花が咲いています。
先週のこと、散歩の途中で、すぐそばの割と低い位置に一輪の百合の花を見つけました。
「綺麗だな」
と思って、ピィ子にも見せて、匂いを嗅がせてやろうと思いました。

そこで、予想外のことが起きたのでした。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

【はじめての】うちに来るために残っていたの? ~チョンキーがうちにくるまで~【保護犬】

うちの子がうちにくるまで|No.55うちの子がうちにくるまで_チョンキー

撮影&文|ちんねんきなこママ
  
今日のお話は

多頭飼いをしていると、いつか必ず先立つ犬と、残される犬が生まれてしまいます。
残された犬はどうなるのか?
犬は群れの動物だけあって、中には人間のペットロスと同じように相棒のロスに陥ってしまう子もいるらしく――
本話は先住犬との別れで元気を失くして、ご飯を食べなくなってしまった子のために、新しい相棒として、保護犬を迎えてあげようとする家族のお話です。
さて、良い子は見つかるでしょうか? 

こんな方へ:
動物は好きなんだけど、犬や猫を飼うのは心配|はじめてなので、もう一歩が踏み出せない|同じような経験をした方はいますか?

きなこを救ってくれた、我が家の3匹目

今回は我が家の3匹目の子『チョンキー』のお話をしたいと思います。

我が家の初代犬はちんねん。そしてちんねんが2歳の時に迎えたのがきなこ。
2匹はとても仲良しだったのですが、残念ながらちんねんは、2020年の5月17日にきなこを置いてお空に旅立ってしまいました。

それからのきなこは、元気がなくなりました。普段からおとなしい子でしたが、それに輪を掛けて、もっとおとなしくなってしまったのです。

続きを読む

【子犬の躾|40】来てしまった二度目のヒート【個体差が大きい】

ピィ子の子育て日記

うちにきて342日目 ~ピィ子の育児日記(その40)~
撮影&文|高栖匡躬
 

ピィ子に2度目のヒート(発情期)がやってきました。前回が1月の末だったので、半年を置いてのことです。どうやらピィ子は半年サイクルでヒートがやってくるようですね。先代犬のピーチーが年1回だったので、同じ犬種なのに個体差が大きいことを感じます。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

【ペットショップで】うちで飼って欲しいから呼んだのかい? ~きなこがうちにくるまで~【心惹かれた】

うちの子がうちにくるまで|No.54うちの子がうちにくるまで_きなこ

撮影&文|ちんねんきなこママ
  
今日のお話は

犬との出会いの中で、《いきなりペットショップで一目ぼれ》というパターンはとても多いように思います。しかし、沢山ある事例の中でも、それぞれのシチュエーションは千差万別です。
2年前に迎えたチワワがいる作者。作者は友人に誘われて出かけたペットショップ&カフェで、1匹の売れ残った貧相な姿のチワワに出会います。心魅かれた作者は「もう1匹飼いたい」とすぐに家族にメールを送りました。『絶対にダメ』それが返って来た返事でした。

さて、作者は新しいチワワを迎えることができるのでしょうか?

こんな方へ:
動物は好きなんだけど、犬や猫を飼うのは心配|はじめてなので、もう一歩が踏み出せない|同じような経験をした方はいますか?

偶然の出会い、我が家の2匹目

今日は我が家の2匹目のワンコ、きなこのお話をしようと思います。

きなことの出会いは突然でした。

あれは最初の子、ちんねんが2歳になった頃のことです。
8月のある日、私は友人に誘われて、町外れにあるペットショップ兼ドッグカフェにランチに行きました。私はちんねんを連れて行き、友人もチワワ2匹を連れて来ていて、2人と3匹のランチです。

続きを読む

© 2017 Peachy All rights reserved.