犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

薬、サプリメントなど(健康食品を含む場合もあり)

薬は愛犬の身体の為にとても大切なものです。大切だからこそ、選び方や服用の仕方が重要になりますね。愛犬の主治医に相談しながら、他の飼い主の経験談も参考にしながら、薬をうまく使っていきたいものです。愛犬との穏やかな暮らしのために‬

【顔面神経麻痺|闘病記】ちぃからの贈り物 ~長く続いた耳の病気(治療編)2/2~【中耳・内耳炎/前庭症状】

わが家のやんちゃ坊主「れん」が、4歳になる少し前のことです。 3月のある朝、突然に元気がなくなってしまいました。 れんは普段は臆病で、郵便受けがカタンと鳴っても大声で吠えたてるのに、その日は物音がしてもまったく吠えません。 「れん、ボールだよ!…

【顔面神経麻痺|闘病記】5年の通院でも改善せず ~長く続いた耳の病気(治療編)1/2~【中耳・内耳炎/前庭症状】

わが家のやんちゃ坊主「れん」が、4歳になる少し前のことです。 3月のある朝、突然に元気がなくなってしまいました。 れんは普段は臆病で、郵便受けがカタンと鳴っても大声で吠えたてるのに、その日は物音がしてもまったく吠えません。 「れん、ボールだよ!…

【まとめ】【免疫抑制剤】ステロイドからの切り替え ~なかなか加減が難しい~【試行錯誤の繰り返し】

免疫抑制剤について思うこと Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖 匡躬 本作は、免疫抑制剤を実際に愛犬に使用した体験談です。 免疫抑制薬は体内で過剰に起こっている免疫反応を抑える薬です。よくTVなどでは生体肝移植などのときに登場します。薬名が仰々…

【まとめ】ステロイド剤とその減薬について ~マイナス面だけが独り歩き~【無暗に怖がらなくていい】

ステロイド剤とその減薬について Reviewカテゴリー:コラム作者:高栖 匡躬 このコラムはステロイド剤のメリットとデメリットについて触れた、全3話のシリーズです。 ステロイド剤は【炎症の軽減】【免疫の抑制】などを目的に処方される、一般的な薬です。使…

【心臓腫瘍/看取り】楽しい事を見つける旅に ~ちぃの闘病記(5/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 5話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin ちぃが泣いているように見えた日。その日の夜に、ちぃは亡くなりました。 ちょうど夜の12時に、家族が見守る中で、ちぃは静かに倒れて、そのまま息を引き取ったのです。 ちぃのがん…

【心臓腫瘍】 ちぃ、泣いているの? ~ちぃの闘病記(4/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 4話(抗がん剤、放射線) 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 扉イラスト|はまのゆり 手術のできないがんを抱えてしまったちぃ。 私はちぃが最期をむかえるまでの間、痛みや苦しみを、少しでも軽くすることはできないもの…

【心臓腫瘍】 闘病が始まりました ~ちぃの闘病記(3/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 3話(腹水の抜水) 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 心臓の腫瘍が発見されて、ちぃの闘病が始まりました。 ちぃの胸とお腹にたまる水の量はとても多く、病院で抜いてもらっても、3日後には呼吸が苦しくなるほどたまりま…

【心臓腫瘍】 その日、知らされた検査結果は…… ~ちぃの闘病記(2/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 2話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 脾臓にも他の臓器にも病変がないにも関わらず、体液の漏出が止まらないちぃ。そのちぃは、大学病院の動物医療センターに行き、腫瘍科の精密検査を受けました。 予約の時間は午前11時…

【心臓腫瘍|闘病記】 もうすぐ10歳の誕生日を迎える頃でした ~ちぃの闘病記(1/5)~

虹の橋の向こうへちぃの闘病記:心臓腫瘍 1話 文|かっぱ太郎 撮影|F.zin 扉イラスト|はまのゆり もうすぐ10歳の誕生日、という初夏のある日のことでした。我が家の愛犬、ちぃは、ごはんを食べなくなりました。 お腹の具合でも悪いのかと思い、かかりつけ…

【顔面神経麻痺】それは突然始まった ~長く続いた耳の病気(発病編)~【中耳・内耳炎/前庭症状】

わが家のやんちゃ坊主「れん」が、4歳になる少し前のことです。 3月のある朝、突然に元気がなくなってしまいました。 れんは普段は臆病で、郵便受けがカタンと鳴っても大声で吠えたてるのに、その日は物音がしてもまったく吠えません。 「れん、ボールだよ!…

【動物医療】体重ごとに違ってくる治療法 ~意識しよう犬の体重(医療編)~

文:オタ福 犬の体重差のお話。前回のフード選び編につづいて、今回は医療編。 4kgのミニチュアダックスと50kgのグレート・デンどちらも犬ですが、本当に同じ犬として扱っていいのでしょうか?――というお話です。 今回は、体重で分別される下記の3つの事柄…

【体重差が大きく関係する犬の健康】チワワとセントバーナード、同じ犬なの? ~意識しよう犬の体重(フード選び編)~

文:高栖匡躬 皆さんは、体重が1Kgしかない、ティーカップチワワはご存知ですか?公認犬種では無いので、犬種の名称は通称なのですが、ティーカップと言うだけに、ものすごく小さい”犬”です。その対極には、時には体重100kgを越えるセントバーナードがいます…

【動物の抗がん剤治療/副作用】今になって思う、やってあげても良かったかもしれない ~犬や猫の抗がん剤は少し違うのです(2/2)~

皆さんはどのように動物病院を選んでいますか? 動物を飼われている方のほとんどは、どのような獣医が良い獣医でどのような獣医が悪い獣医か見分けることができないかと思います。 今回はどのような獣医師が良い獣医師なのかを、お話ししていきたいと思いま…

【動物の抗がん剤治療】副作用を恐がっている飼主さんのために ~犬や猫は少し違うのです(1/2)~

今日は抗がん剤について書いていこうと思います。 皆さんは『抗がん剤』と聞いて、どのような印象を受けますか? 『抗がん剤=副作用とか怖そう』 こう感じた方が多いのではないでしょうか? では、抗がん剤が怖いと感じた方へ 「抗がん剤が体内でどのように…

【ヘルニア】このまま会えなくなっちゃうの? ~ちぃの闘病記:ヘルニア編(後編)~

ちぃの闘病記:ヘルニア編 文:かっぱ太郎、撮影:F.zin 手術の可能性 ちぃが夜間病院に行った日の翌日は、かかりつけの病院が休診日で、診てもらうことができません。 更に翌日のこと――ようやくちぃは、かかりつけの病院で診てもらうことができました。 ち…

【ヘルニア】ある夜、突然の悲鳴でした ~ちぃの闘病記:ヘルニア編(前編)~

ある夜、突然の出来事でした。 台所のテーブルの下で寝ていたちぃ(当時5歳)が、突然「ぎゃん」という、これまでに聞いたことのない声を出して、私にすがりついてきたのです。 どうしたのだろうと思って抱き上げると、また変な声を出して、今度は夫にすがり…

【免疫抑制剤】やっと見えてきた光明 ~自己免疫不全と免疫の抑制(3/3)~【体験談|闘病記】

やっと見えてきた光明 免疫抑制剤の血中濃度がようやく安定し、ステロイドの減薬も進みました。 その間は試行錯誤の繰り返しで、失敗もしました。 無力感や、絶望感を覚えることもありました。 不安な毎日でした。 しかし、闘病ってそんなもの。 気長に行こ…

【免疫抑制剤】一筋縄ではいかない薬の切替 ~自己免疫不全と免疫の抑制(2/3)~【体験談|闘病記】

一筋縄ではいかない薬の切替 ピーチーの免疫抑制剤への移行は、簡単ではありません。 まずは状態が安定せず、体調が悪化したこと。 次に、ステロイド剤減薬による離脱症状です。 免疫機構は複雑なので、対応は容易でありません。 行ったり来たりの試行錯誤。…

【免疫抑制剤】ステロイド剤減薬の先にあるもの ~自己免疫不全と免疫の抑制(1/3)~【体験談|闘病記】

ステロイド剤減薬の先にあるもの 愛犬ピーチーの体験談、今回は免疫抑制剤です。 ステロイド剤から免疫抑制剤への切替は簡単ではありませんでした。 今回はその難しさの実例を。 犬の原因不明の病気の影には、自己免疫不全があるように思います。 実は多くの…

【ステロイドの減薬】減薬の経過と免疫抑制剤のこと ~誤解の多いステロイド剤(3/3)~【実例と体験談】

今回は大量投与をした事例 撮影&文|高栖匡躬 こんな方に ステロイド剤は不安|悪い情報ばかり耳にする|与えない方が良いの?|一度使うと、やめるのが大変らしい|皆さんどうしているの?|経験者の話を聞きたい 必要なのは試行錯誤 - 答は簡単にはみつ…

【ステロイドの減薬】実は獣医師もそんなに詳しくない  ~誤解の多いステロイド剤(2/3)~【実例と体験談】

実は知らないことが一番怖い 撮影&文|高栖匡躬 こんな方に ステロイド剤は不安|悪い情報ばかり耳にする|与えない方が良いの?|一度使うと、やめるのが大変らしい|皆さんどうしているの?|経験者の話を聞きたい いつかは減らすときがくる 前回は、筆者…

【ステロイドの減薬】ありふれた薬なのに、情報が極端に少ない ~誤解の多いステロイド剤(1/3)~【実例と体験談】

知っていれば怖がらなくて良い 撮影&文|高栖匡躬 こんな方に ステロイド剤は不安|悪い情報ばかり耳にする|与えない方が良いの?|一度使うと、やめるのが大変らしい|皆さんどうしているの?|経験者の話を聞きたい 昔も今も、情報が少ない 今日から3回…

カテゴリーの一覧です

カテゴリーを定義するためのページです。

© 2017 Peachy All rights reserved.