犬を飼うということ

いつまでも君と……

君は幸せだったかい? ~天国の君へ、飼い主より~

f:id:masami_takasu:20171031170454j:plain

撮影&文:高栖匡躬

愛犬のピーチーがいなくなって、1年半が過ぎました。
もう1年半? まだ1年半?
どちらでもあるし、どちらでもありません。

愛犬とのお別れのときには不思議なことが起きるのだと、よく人から聞かされていたのですが、まさかうちでも起きるとは思いませんでした。
つくづく犬と言うのは、奥の深い生き物だなと感じます。

今日はピーチーを見送る時のことや、それからの心境を書いてみようと思います。

送る日の朝(早朝)

f:id:masami_takasu:20171031170407j:plain

ピーチーを見送ることになる朝、間もなくピーチーを見送ることは分かっていても、その瞬間に自分がどうなってしまうのか、分からなかったし、正直言ってとても不安でした。
なにしろ、14年と7か月ずっと一緒だったピーチーが、いなくなってしまうのですからね。

しかも、最後に僕と奥さんが選択したのは、安楽死……
主治医を家に呼んで、施術をしてもらうつもりでした。
(その経過については、別の記事に記す事にします)

8時35分に電話が繋がり、9時半には来てくれるとの主治医の返事……
ここからは、最後の最後の家族の時間です。

 

一緒に過ごす最後の時間

f:id:masami_takasu:20171031170525j:plain

ピーチーはもう布団で横になったままだったけれど、その側に座って、沢山話をしました。何を話したのかな? きちんと覚えはていないのですが、しんみりした話ではありませんでした。
笑いながら、楽しかった日々のことを話したように思います。

その後は、歳をとって、白髪交じりで薄くなってしまったアイパンチを、黒く染めてあげました。ちょっとだけピーチーは若返って、可愛くなりました。
それから、最後の家族写真を撮りました。
ピーチーは何となく、笑っているように見えました。

安楽死は賛否両論ありますが、僕は悪いものではないと思います。
悩んで悩んで、苦しまないで逝かせてあげようとする気持ちと、どんなに苦しんでも見届けてやろうとする気持ちは、同じことのように思います。

そして――、そう――
安楽死には、確実に良いところが一つありますね。
それは最後の時を、意識して刻むことができるということです。そして、確実に看取ってやることがでます。

覚悟を決めた後の1時間は、苦しいものでも、悲しいものでもありませんでした。
もうすぐお別れだというのに、不思議なものですね。

その時の正直な気持ち――
死は悲しいものではなくて、我が子をそっと包んでくれる、柔らかな羽毛のように感じました。

僕と奥さんは、とても濃密な時間を、ピーチーと共有できたように思います。

 

君は幸せだったかい?

f:id:masami_takasu:20171031170545j:plain

ピーチーは幸せだったかな? って、今もよく考えます。
その都度、「きっと幸せだっただろうな」と思います。
どうしてかというと、飼い主が幸せだったからです。

犬は飼い主を楽しませることが、最大の喜びだと言います。
ピーチーには沢山楽しませてもらったし、沢山幸せをもらいました。
だからきっとピーチーも、そんな飼い主を見ていて喜んだだろうし、幸せだったと思うのです。

僕と奥さんが安楽死を決心していたのに――
ピーチーはその直前――

主治医が家の呼び鈴を押すほんの少しだけ前に、自分で旅立っていきました。

一つだけ、伸びをするように大きな息をして、
それが、別れの挨拶でした。

あれは、何を意味していたんでしょうね?
飼い主に、最後の決断をさせたくなかったのかな?

f:id:masami_takasu:20171031165654j:plain

これが、ピーチーが生きているときの、一番最後の写真です。

肌がピンク色だから、ピーチーと名付けたうちの子は、ピンクのタオルとピンクの毛布にくるまれて、ピンクの桜の花と共に旅立っていきました。

そして2年に

f:id:masami_takasu:20171031170309j:plain

あれからもうすぐ2年です。
誰かから、「寂しいか?」って訊かれたら、「そりゃあ寂しいよ」って答えます。
でもね、全然悲しくはないんです。

この1年半は、不思議に思われるかもしれませんが、ピーチーがいないという事を楽しんだ時間でした。楽しんだと言う言葉は、もしかすると誤解されるかもしれませんね。でも本当なんです。

今もピーチーと歩いた場所に行ったら、ピーチーがいないんだという事を実感します。ピーチーが好きだった食べ物を食べるときには、ついついピーチーのために、少しだけ残してしまいます。

そんな時に思うのが、「ああ、良い子がうちにきてくれたなー」という事。

よく話に聞くペットロスだと、ここで落ち込むのでしょうが、何故だか僕も奥さんも、そこで笑っちゃうんです。

意外かもしれませんが、”寂しさ”というのは、楽しむことができるんです。
心の奥にある”寂しさ”を、ときどき取り出してみて、色んな角度から眺めてみて、それをまた心の奥にしまうのです。

ピーチーは天国でどうしているかな? 楽しくしてるかな? 
――ともよく思います。

そしてその都度、「楽しくないわけがないよな」って思います。

だって――
飼い主は今でも、楽しいのですからね。

 

(ライター)高栖匡躬

――関連記事です――