犬を飼うということ

いつまでも君と……

【低アルブミン血症】5月5日 はじめての悲鳴 ~ルイの闘病記(12/16)~

f:id:masami_takasu:20171128234838j:plain

撮影&文:まる

――当時を振り返り――

ルイのためとはいえ、治療はルイにとっては耐え難いつらいものであったと思います。

検査のための繰り返される、採血や治療の注射……
小さな体で頑張っていたルイです。

 ●

――以下、ブログより――

採血のとき、これまではじっと耐えてたルイでした。
(体はこわくてブルブルしていながら)
しかし、昨日は小さくヒィ―ヒィ―と悲鳴をあげていました (>_<)

そうだよね、辛いよね。

私だって、毎回採血は嫌だもの(TT)
(私は血管が細くてとてもとりづらく、下手な人にあたると何回もやり直して30分以上かかったこともある)

 ●

昨日は診察後に、先生からのひとつの提案がありました。
それは免疫抑制剤を、今後の治療として考えてみようということ。

免疫抑制剤には3種類あって、そのうちのひとつをどうか? ということだった。

問題としては
①そのお薬が高額で1錠400円かかること。
②そのお薬がカプセルで粒が大きく、飲ませるのは食間でなければいけない。
 (食前食後後2時間あけること)

①番の薬の金額的問題は、よくなるのならどんなに高くてもOK。

問題は②番
ごはんといっしょに食べさせることはできないので、のどの奥に無理矢理でもおしこまなきゃいけない。
はたして私にそれができるかな?
ものすごく不安です……

 

f:id:masami_takasu:20171128235018j:plain

ルイは咀嚼があまりよくないので、飲み込めるのかも心配だし。
水飲むのにも、ガブガブ飲んだあとは、しょっちゅうむせてるのです (^_^;)

それから心配なのは、免疫抑制剤によって免疫力が低下し過ぎることで、感染症にかかりやすくなるみたい?
もう少し免疫抑制剤については調べてみようと思います。

 ●

まだ今すぐ使うということではなく、視野にいれる段階。
とにかく、ルイは治療を始めたばかりで、ステロイドがどのくらい効果をあげているのかも、今食べている療法食がルイに合っているのかも、まだわからず手探り状態。

今のルイは、状態が悪すぎて内視鏡検査もできないし、ルイは子犬のときにワクチンアレルギーで大変なめにあっていて、そういう子が全身麻酔するのは、かなりのリスクがある。
だから、たとえ状態がよくなったとしても、二の足踏んでしまうのです。

 ●

今のルイは確定診断がつかず、「リンパ菅拡張性」が疑わしいっていうところからの治療なので、ピンポイントの治療にならないところが難しい。
だけど、とにかく頑張るしかないと思ってます。

今私は、ルイの症状から情報収集して、いろいろ勉強中です。

 

――【低アルブミン血症】闘病記・つづく――

文:まる

――次話――

――前話――

――他の闘病記です―― 

――この連載の1話目です――

――おすすめの、まとめ読みです――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。