犬を飼うということ

いつまでも君と……

【食べムラ】【躾】食べムラ(我儘)を躾けることの意義 ~今の”食”が将来の幸せをつくる(2/4)~

f:id:masami_takasu:20180227173849j:plain

撮影&文:高栖匡躬

前回は【食べムラ(我儘)】に対する、躾の方法について書きました。
今回はその続きで、なぜ【食べムラ(我儘)】に躾が必要なのか?
その理由ついて掘り下げていこうと思います。

 ●

ネット上には【食べムラ(我儘)】に対して、「食べるように躾なさい」という記事は幾つもあるのですが、ほとんどの場合は、なぜそうするのかと言う理由が説明されていません。『贅沢になるから駄目』という理由が書かれている場合もありますが、なぜ贅沢になってはだめなのかについて、明確に書かれていないのです。

”贅沢”が、お金がかかるという意味であるならば、経済的に余裕のある飼い主さんならば、問題ないということになってしまいますよね。

どうなのでしょう? 贅沢?――

 ●

答えから言うと、贅沢はやはり駄目なんだと思います。
その理由は、今ではなくずっと先――愛犬が老犬(シニア犬)になり、闘病や介護の段階になってから――きっと身にしみてわかってくることでしょう。
筆者がそうであったようにです。

本記事では、筆者と筆者と親しい飼い主さんたちの体験を元に、躾の意味と意義――つまり何故【食べムラ(我儘)】を矯正すべきなのか――について、探っていきたいと思います。

 

”今の食”は、”将来の食”のはじまり

f:id:masami_takasu:20180306003445j:plain

意外に思われるかもしれませんが、あなたが今、愛犬のために選択したフードは、将来の愛犬のフードを左右するものになります。

どういうことか?――

味覚は相対的なものなので、美味しいものを食べ慣れていると、いまよりもおいしくない食べ物は、不味く感じてしまいます。

ということは――

つまり、何かの理由でフードを変更する場合に、今のフードが基準になって、それよりも美味しいものを選んであげないと、犬の方は『ご飯が美味しくなくなった』と感じるわけです。

もしも――

もしも毎年、フードの見直しをしたとしたら、3年後には今のフードよりも3段階も美味しいフードを与えることになるのです。

では今、愛犬が1歳だったら?――

犬の平均寿命を15年としたとき、15歳の老犬(シニア犬)になる頃には、今よりも14段階も美味しいフードを、愛犬にたべさせていることになりますね。
そんなフードなど、世の中にあるのでしょうか?

もちろん――

毎年フードを見直す飼い主さんはいないでしょう。ほとんどの場合は、愛犬がそれを食べなくなるまで、同じフードを2年、3年と与えるに違いありません。
わが家の場合は、大食いだった愛犬ピーチーのために、低カロリーな肥満犬用のフード、ヒルズ『サイエンスダイエット(肥満犬用)』を多めに与えるようにしてやり、それが約10年も続きました。

何が言いたいかというと――

犬の一生をよく考えながらフードを選択してあげないと、高齢犬になるまでに選択肢を使い果たしてしまいかねないということです。

今のフードが、将来のフードのスタートです。

愛犬の一生のうち、どのようなフードを与えていくか、計画的に考えておいてあげないと、「最後にはあげるものがなくなってしまうかもしれない」ということを良く考えた方が良いと思うのです。

疑問――

よくTVで、『食いつきの良いフード』のCMが流れます。
それを見る度に、「あんなフードを仔犬のころから与えて良いのだろうか?」と考えてしまうのです。

 

 それを実感するのが、闘病のとき

f:id:masami_takasu:20180306004252j:plain

フードをたべさせることの大変さを実感するのが、闘病のときです。
健康な時、食べ物の選択はそれほど難しいものではありません。
しかし、愛犬が病気になった時に、その状況は一変します。

内蔵系の疾患を得た場合、そこで処方されるのは療法食(又は療養食)です。
療法食は何かを制限するものです。
代表的なものは、糖分、塩分、油脂成分、タンパク質などが挙げられます。

 ●

人間の療養食を想像してみれば良いでしょう。その療法食は、いつも食べていたフードに較べれば美味しくない可能性が高いです。
その証拠に、療法食を食べてくれない愛犬に悩む飼い主さんが大勢います。
しかしながら、病気によっては、療法食の選択肢が極端に限られます。

他の記事にも書きましたが、我が家の愛犬ピーチーは超低脂肪の食事を求められたために、フードとしてはスペシフィックの『CRD-1』と、ロイヤルカナンの『消化器サポート(低脂肪)』の2択でした。つまりそのどちらかが食べられなくなると、療法食としては、食べるものが無いということになります。

 ●

ここで先程の話に戻ります。
美味しいフードに慣れさせていると、療法食への変更はとても難しくなります。
ピーチーの場合は【食べムラ(我儘)】の経験が一度もなく、しかも子犬の頃から粗食でした。それは子犬の頃に預けた警察犬の学校で、トレーナーさんから厳しく言われて実践していたことでした。

 ●

実は筆者は、ピーチーの闘病では、食べ物で決定的に悩むという事はありませんでした。その時にはそれが当然と思っていましたが、後になって、食事で悩む飼い主さんが多い事を知り、食事の組み立てがいかに大事なのかを実感したのです。


 やがて介護に

f:id:masami_takasu:20180306004800j:plain

前項では、闘病ので食べ物の大切さを知ると書きましたが、実はそれにはもう一つ先の話があります。

闘病で病気が回復すれば良いのですが、そうでなかった場合は、その先には介護の段階が待っています。病気から発展しなくても、老犬(シニア犬)になればいつかは介護を必要とする時期はやってきます。

 ●

介護の時の食事の考え方は、それまでとは違います――

まずは、”食べなけれな躾ける”という、健康時の段階はとうに過ぎています。
もう回復は望めない中で、現状維持をしながら、なるべく長く穏やかな時を過ごさせたいというのが介護です。

基本的に、体の状態は下降線をたどります――

食べない事はバイタルの低下に繋がり、また消化器系の働きを衰えさせます。
よって、消化器系に疾患が無い限り、食べられるものを探すと言う状況になっていきます。

更に――

介護も終末期に向かうにつれて、愛犬は段々と、嗜好性の高い食べ物でないと受け付けなくなっていきます。

だから――

わが家ではまず、人間用のケーキを与えました。
健康な時には、絶対に与えなかったものが切札です。
そして、一番最後に食べたものは、最後まで温存していた大好物のウニでした。
美味しそうに食べてくれました。

これがどういうことか分かるでしょうか?――

闘病の時期を過ぎ、介護の時期に入ると、嗜好性の高いフードの選択肢は、つぎつぎと減って行きます。

スタートの段階ですでに嗜好性の高いフードに慣れていると、あっという間に残された選択肢が尽きてしまうのです。
愛家に最後の最後まで、口からものを食べる楽しみを残してやろうとするならば、スタートのレベルを低くしてやるしかないのです。

 

 まとめ

f:id:masami_takasu:20180306010204j:plain

本記事のまとめをすると、次のようになります。

①今のフードの選択は、将来を選択する事なのかもしれない。
②フード選びの大切さを知るのは、闘病の時
③介護の時期は、フードの選択肢をあっというまに使い果たす。

些か極論にはなりますが、筆者はこうアドバイスをしたいと思います。

【食べムラ(我儘)】程度で、愛犬のフードの嗜好性を上げていたら、最期のときまでとても持ちませんよ。

 ● ● ●

――次回は――
筆者が愛犬ピーチーで、警察犬の学校のトレーナーから教えられたことを書こうと思います。
また、多くのネット記事で、”食べる”ということに比重が寄っている事への警鐘と、その理由についても考えます。

 

 

――今の”食”が将来の幸せをつくる(2/4)つづく――

(ライター)高栖匡躬

――次話です――

――前話です――

まとめよみ|犬と猫の食べ物を語ろう
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――シリーズ記事全体(全8話)の1話目です――

――本連載のシリーズとなる連載記事です――

――猫のおすすめ記事です――