犬を飼うということ

いつまでも君と……

【腸内寄生虫】【回虫】小腸や大腸など消化管の中に寄生します ~回虫、鉤虫、条虫、鞭虫が代表的~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

今日は腸の中に棲みついている、寄生虫についてのお話です。便と一生に出て来て、発見されることが多いんです。飼い主さん、きたない話だと思わないで、どうかちゃんと読んでくださいね。――だって、私たちのお腹にいたら、いやだもの。

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain

撮影&文:ハナちゃんママ

昨日、飼い始めて1週間の子犬の便の中に虫が出たと来院しました。

虫は、回虫でした。
検便をしてみると、回虫の卵が確認できました。

f:id:masami_takasu:20180214112016j:plain
回虫

回虫は、症例として一番多い寄生虫かもしれません。

子犬の場合は、お母さんから胎盤感染をしますし、感染犬の便の中の卵を口にしてしまい感染します。

腸内寄生虫は他にもたくさんの種類があって、虫の種類によって、駆虫薬も選択して使用されます。注射だったり、内服薬だったり、今は、フィラリアの予防薬と一緒になっているものもあります。

寄生虫は、間違って、人に感染することもあります。

また、ノミが媒介する瓜実条虫、ヘビやカエルをいたずらで口にして感染してしまうマンソン裂頭条虫があります。

マンソン裂頭条虫は2.5メートルくらいの長さになり、猫ちゃんのおしりからぶら下がってでてくることがあり、飼い主さんをびっくりさせます。

f:id:masami_takasu:20180214112248j:plain
マンソン裂頭条虫

f:id:masami_takasu:20180214112442j:plain

 ボトルの中のマンソン裂頭条虫は、一度に猫ちゃんのおしりから出てきた量です。

寄生虫は、定期的な検便で確認していくしかありません。散歩の時は、落ちている便に触れないようにしたり、拾い食いを避けましょう。ノミやマダニの予防なども必要です。

 ●

そして、今日の看板犬、ハナ

f:id:masami_takasu:20180214112949j:plain
わたし、寄生虫いらない!

 ●

■読者からの質問:
怖いですね。。うちの辺は田舎なので、とってもなんだか……
ワンちゃんのウンチを持ち帰る人が少ないので――、たくさん落ちていて――
うちの子がクンクンにおいをかいでいます。
今日の記事を読んで、もっと「気を付けなきゃ」と思いました。
■ハナちゃんママからの回答:
気を付けていても感染を防ぐことは難しいです。定期的に検便をすることで感染を早く確認しましょう。
■読者からの回答:
ときどき、尿量と回数が増えるときがあり、尿検査はしてましたけど、今度からは、検便もしてもらいます(*^^*) アドバイス、ありがとうございます。

 ●

ハナちゃんママからアドバイス

便や吐いたものの中に虫体がでてきて発見することがありますが、定期的に検便をして虫卵を確認することが一番です。
また、駆除をしても、環境の中に虫卵が残っていると再感染を起こします注意して下さい。

――編集部より――

ここでご紹介したものは、病気を疑ってみる初歩的な知識です。もしもご家庭のワンちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛犬の健康を祈って

 

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――

f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話です――

――前話です――

まとめ読み|【犬版】ハナちゃんの動物病院 ②
この記事は、まとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――下記は関連記事です――

――猫の診察記です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。