犬を飼うということ

いつまでも君と……

【看取り】【肺がん】3月26日、午後 今日はピーチーの月誕生日 ~うちの子が旅立つまでのこと(10/18)~

f:id:masami_takasu:20180313172524j:plain

撮影&文:高栖匡躬

――当時を振り返り――

ピーチーが劇症肝炎を患い、九死に一生を得てからの日々は、我が家にとってはボーナスタイムでした。

年に2回だけ、誕生日とクリスマスのお祝いだった大好物のウニは、毎月の月誕生日に上げるようになりました。

「今月も生きてくれてありがとう」
心からそう思いました。
生きてくれること。一か月生き延びてくれることが、どんなに奇跡的なことか――
元気な頃には、思いもしませんでした。

1年先は見通しようもありませんでしたが、こうやって1か月1か月を感謝して、お祝いしていったら、いつのまにか1年が過ぎるんじゃないか――、とも思っていました。

 

f:id:masami_takasu:20180313172742j:plain

――以下、当時のブログより――

皆さん、今日でピーチーは、14歳と7か月になりました。

ピーチーの具合は相変わらずです。と言うか、肺が悪いことを除けば、比較的元気だと言っていいです。もしも肺がカートリッジ式になっていたら、そこだけ交換すれば、ピーチーは新品同様って感じです。

ピーチーは酸素テントの中で寝ていても、起き上がりたくなると、自分からアピールしてきます。ちょっとファスナーを開けると、上の写真のように、身を乗り出します。

こんなときは、大体がオシッコをしたいか、水が飲みたいかです。
テントから出してやったところ、予想通りに水飲み場&トイレのある洗面場へ。

どちらに行くのかと見ていたら、洗面器の方。

f:id:masami_takasu:20180313174919j:plain
美味しそうに水を飲んで、ペロリと舌を出しました。

今、酸素は2通りの方法で使っています。

1つは目酸素テント
これは体ごとテントにはいり、その中に酸素を満たしてやる方法。

2つ目は自作のベンチュリーマスク
これはマスクで口と鼻を覆って、そこに酸素を直接流してやる方法です。

ベンチュリーマスクは、昨日自作したものが結構使い勝手が良さそうなので、穴を空けて固定用のゴムを付けてやりました。

こんな感じになります。

f:id:masami_takasu:20180313175219j:plain
どうだ、つけ心地は?

酸素は僅か3日の経験ですが、段々と最適な使用方法に絞り込んでいます。
ベンチュリーマスクは直接酸素が届くので、こちらの方がピーチーは楽みたいです。それと、テントのビニール越しでなく、直接飼い主と触れ合う事ができるので、ピーチーが安心します。

昨日からピーチーを一人で寝させるのではなく、ベンチュリーマスクを使って、飼い主の布団で一緒に寝ることにしました。
ご飯を食べるときや、飼い主が一緒にいられない時には酸素ブースを使います。

酸素ブースを使ってみた感想ですが、ピーチーは中型犬用のサイズを使っていますが、大型犬用でもよかったと思いました。寝たきりの状態ならば、ジャストサイズで良いのですが。まだ動けていて、その中で食事などの世話をする場合は、空間が狭いと何かと大変です。

飼い主が上半身を入れて体を持ち上げるくらいのスペースが欲しいです。

これが中型犬サイズ

f:id:masami_takasu:20180313175854j:plain
スケール感が分かりますか?

これは酸素テントの中で、ロールケーキを食べている時の写真。寝転んで食べているのはたまたまで、まだ寝たきりではありません。

苦しい時には、寝転んだ状態で食事をします。
まあ仕方ないか

f:id:masami_takasu:20180313181543j:plain

f:id:masami_takasu:20180313181553j:plain
美味いか?

実は、ボロボロとこぼすのは、ピーチーの責任ではありません。狭い空間なので、ご飯を上げるときの手の向きが、なかなか自由にならないのです。

ところでピーチーですが、昨夜の時点でとても嗜好性の高かった、ロールケーキへの反応も鈍くなりました。

そこでブログでアドバイスをいただいた、『ラム・グリーン・トライプ』を試したところ、こちらには反応あり、しばらく食べてくれました。

『ラム・グリーン・トライプ』

f:id:masami_takasu:20180313181911j:plain
これがまた、臭いのですよ

このフードは相当に嗜好性が高いのものなですが、変な添加物は入っていません。ラムの内臓の内容物を加工したもので、ピーチーの主治医も扱っています。

しかし、重大な欠点が一つ。
フリーズドライの状態では、ちょっと匂いがする程度ですが、水で戻すととても臭いです。うちの奥さんは堆肥の匂いと言っています。

僕も奥さんと同じく田舎の出身。堆肥と言われたら、ごもっともと思ってしまいました。しかし、病状が悪化して選択肢が絞られていく中で、このフードはとても心強い援軍です。

最後にもうひとつ。

昨日はうちの奥さんが、ピーチーと一緒に良く散歩した公園に行きました。いつもお花見をしていた場所なので、もしも桜が咲いていたら、ピーチーをカートに乗せてお花見に行きたいのだといって、開花の具合を確認しに行ったんです。

うちでは、一家揃ってのお花見は、ピーチーが来て以来ずっと恒例行事でしたからね。

でも、桜の開花はまだまだだったとの事。
しかし、一本だけ咲いていた桜の木の下に、誰かが折ったらしい枝が落ちていたそうです。それを拾って持って帰ってくれました。

だから昨日は、一家揃って、室内でのお花見ができました。
去年までは、楽しそうに駆け回っていたのにね、ピーチー。

桜と一緒に写っているのは、ピーチーの大好きな木の棒です。
桜だけだとつまらないので、前衛生け花風に添えて見ました。

来た! 前衛芸術!

f:id:masami_takasu:20180313182240j:plain
作品名:『春の訪れと、わたくしの木の棒』
作者:ピーチー

 

――うちの子が旅立つまでのこと(10/18)つづく――

(ライター)高栖匡躬

――次話です――

――前話です――

――関連記事です――

――猫のおすすめ記事です――