犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【肺がん|終末期】3月27日、夜 ピーチー、恐怖の防災点検 ~うちの子が旅立つまでのこと(14/18)~

ピーチーの闘病記:肺がん・看取り編  f:id:masami_takasu:20180314160654j:plain

撮影&文|高栖 匡躬
 
当時を振り返り

この日は、これで3回目の記事更新でした。

刻一刻とピーチーの様子が変わり、それを書き留めていました。
ブログの読者に伝えることも目的でしたが、それよりも自分の心の平静のためだったようにも思います。

文章に書く行為は、冷静に事態を見つめて、心を落ち着かせる効果を持ちます。

この時に思っていたことは1つです。
そう遠くなくやってくるピーチーの旅立ちを、しっかりと受け止めてやろうということだけ。

 当時のブログより

f:id:masami_takasu:20180314160848j:plain
これは、当時の介護の様子です

今日うちのマンションは、防災点検の日でした。
火災報知器と避難ばしごを点検する日で、一年に一回必ずやってきます。

ピーチーは火災報知機の音が嫌いです。14年前の生まれて初めての点検の日は、ピーチーは甲高い警報音を聞いたとたんに、猛ダッシュでどこかに消えてしまい、奥さんと家の中を探しました。どこにもいないなーって思っていたら、自分でクローゼットをこじ開けて、中に入っていて、そこでブルブルと震えていました。

 ●

歳をとるごとに、段々とふてぶてしくなっていって、ここ数年は何食わぬ顔でやりすごしていたのですがね。なんと今年は反応しました。それは遠くなっていた耳が、復活した証拠でもあります。

ピーチーは自己免疫不全を抑えるために、免疫抑制剤を飲んでいたのですが、なんとそれによって、3年ほど前から聞こえなくなっていた耳が、聞こえ始めました。恐らくは耳が聞こえなくなった原因は、自己免疫介在性の内耳炎であったのだと思われます。

聞こえるようになったよ!
f:id:masami_takasu:20180314161053j:plain

f:id:masami_takasu:20180314161100j:plain

f:id:masami_takasu:20180314161118j:plain
せっかく若返ったのにねえ

 ●

ピーチーは酸素テントの中で、アドレナリン全開でキレのある動きで暴れました。そんな様子を見ると、まだまだ大丈夫だと思えてしまいます。

以下は、その暴れっぷりです。

 

【これと】

【これ】
 

 ●

ねっ!
本当に――、
悪いのは肺だけなんですよ。

 

――うちの子が旅立つまでのこと(14/18)つづく――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話です――

――前話です――

まとめ読み|ピーチーの闘病記:肺がん・看取り編 ③
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――本連載の1話目です――

関連の記事(テーマは闘病と闘病記)もご覧ください。

ピーチーの命を懸けた闘病記です――

闘病を前向きに考えよう――

猫の闘病記です――

肺がんの医療記事です 

© 2017 Peachy All rights reserved.