犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【肺がん/逝き方】3月28日、午後 生きようとする意思 ~うちの子が旅立つまでのこと(16/18)~

ピーチーの闘病記:肺がん・看取り編  f:id:masami_takasu:20180314195513j:plain

撮影&文|高栖 匡躬
 
当時を振り返り

ピーチーとの大切な時間は、刻々と過ぎて行きます。
かなり苦しい状態だと言うことは、見るからにわかります。

筆者は、安楽死は肯定しています。
賛成派というほど積極的ではありませんが、尊重すべき重要な選択肢であると思っています。

しかし、どの時点でそれを選択するのか?
それだけが分かりません。
神様が「今だよ」と教えてくれるのならば、迷わずそれを選択するでしょう。
それほどピーチーは、苦しそうに見えました。

 当時のブログより

f:id:masami_takasu:20180314194504j:plain

今日のピーチーですが、まだ立ち上がろうとする意志が感じられます。
相当に体力が落ちているので、立たせても数歩しか歩けません。
それでもまた立とうとします。

どうした、どうした?

f:id:masami_takasu:20180314194230j:plain

f:id:masami_takasu:20180314194236j:plain

f:id:masami_takasu:20180314194242j:plain
とこ行くんだ?

食欲は無く、流動食も飲み込むのがしんどそうです。
ハチミツは口に入れてやると、美味しそうに舌をペロペロだします。
スポーツドリンクも、美味しそうに飲みます。

おいしいかい?

f:id:masami_takasu:20180314195829j:plain
ハチミツ

お昼頃にピーチーは、ひどくつらそうな時間帯があり、そこで奥さんに安楽死の話をしました。今でも安楽死は選択肢の一つです。

その時です――
ピーチーが不意に、勢いよく上半身を起こす仕草をしました。
まるで元気な時のようでした。
『イヤ!』と言っているようで、驚きました。

「まだ一緒にいたいんだよ、きっと」
奥さんが言いました。
「そうだな」
そこでその話は終わりました。

ピーチーの体の力は益々失われており、酸素なしで動ける時間がどんどん短くなっています。刻一刻と最後の時が近づいているのだと思います。
2日前に主治医が言っていたように、本人は苦しいのでしょう。
それでも生きようと言う意志が見えるなら、最後までそれに付き合ってあげたいです。

今日はピーチーの目が虚ろだったのですが、横にクッションを置いて一緒に昼寝をしていたら、急に目がパチリと開いて、まるで「遊んでくれ」とでもいうように、体をよじりはじめました。 

ほら、こんな風に

f:id:masami_takasu:20180314200450j:plain
時々、目に生気が戻って来る瞬間がまだあるんです。

ふと思いついて、
少しだけ外の風に当たらせてやりました。

f:id:masami_takasu:20180314200619j:plain
ピーチーは分かっているのかな?

何がピーチーにとって幸せなのか、なかなか答えは見つかりませんが、苦しみの中で死なせるのは可愛そうな気がします。
しかしそれは、飼い主の一方的な考え方かもしれません。

夕方の18時までが、主治医の診療時間です。
もしも安楽死を希望する場合は、その時間までに決心しなければなりません。

今日はその時間までが、一区切りと考えています。

18時まで今の状態が変わらなければ、今日は何の決断もせず、夜はいつものように、ピーチーと一緒に寝たいと思います。

結果として、苦しみながらの死が待っているのかもしれません。

しかし――
それも一つの死に方であると思うし、それもまたピーチーらしいとも思います。

 

――うちの子が旅立つまでのこと(16/18)つづく――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

――前話――

まとめ読み|ピーチーの闘病記:肺がん・看取り編 ③
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――本連載の1話目です――

関連の記事(テーマは闘病と闘病記)もご覧ください。

ピーチーの命を懸けた闘病記です――

闘病を前向きに考えよう――

猫の闘病記です――

肺がんの医療記事です 

© 2017 Peachy All rights reserved.