犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】ハナちゃんの動物病院 [犬版]③ ~ニキビダニ寄生、腫瘍/腫瘤など~

【犬版】ハナちゃんの動物病院 (17話~24話)
ハナちゃんの動物病院_扉

Review
カテゴリー:診察記、闘病記
作者:ハナちゃんママ

ハナちゃんの動物病院は、日光に実在する日光動物病院の、診察記を連載したシリーズ記事です。

院長先生のハナちゃんママと、看板犬のハナちゃん、ハナちゃんの妹のコポーちゃんが色々な病気を、分かりやすく解説してくれます。

今回は、【犬版】まとめ読みの第3回目。
さて、今回はどんな病気を診察するのかな?

――今回は――

第17話のニキビダニ寄生をはじめとした、8話の診察記です。

目次

 17話 ~24話 の診察記です

17話|【ニキビダニ】
痒くはなく、脱毛が広がって異常に気付く

今回はニキビダニのお話。
ダニにも色々とあって、ニキビダニは痒くないのが特徴です。
免疫力があると、寄生していても発症しにくいんですね。
脱毛が広がって、気付きます。
目や口の周りが多いので、気が付いたら、早めの受診を。

18話|【結石症】
人間でも激痛の病気。もちろん犬も猫もね

今回は結石症のお話。
尿中のミネラルが結晶化し、やがて石になって、膀胱や尿道に詰まってしまいます。
人間は激痛を伴いますが、犬も猫も痛い病気です。 おしっこが出なくなって、尿毒症になる可能性も。 普段から観察してあげて下さい。

19話|【フィラリア予防薬】
今日はハナのうれしい日

今回はフィラリア予防薬のお話。 最近はフィラリアは減ったようですね。
ハナちゃんは、このフィラリア予防薬が大好きなようです。
うちの愛犬ピーチーもそうでした。
胆管閉塞で入院中も食欲旺盛で、大喜びでこの薬を食べて、 先生を驚かせたものです。

20話|【凍結手術】【腫瘤】
治療の経過と、術式への所感

以前掲載した、腫瘤(しゅりゅう)の凍結手術の続報です。
この療法は、低温ガスを使って腫瘤を壊死させるもの。
麻酔をしなくて良いので、全身麻酔のリスクがいりません。
ハナちゃんの腫瘤を治療したハナちゃんママ。
結果はどうかな?

21話|【歯石処置】【全身麻酔】
犬にも猫にも歯周病はあるんですよ

今回は歯石処置のお話。
犬猫も人間と同じ。歯石を放置すると歯周病になりやすい。
しかし、除去には全身麻酔が必要。悩ましいですね。

うちの愛犬ピーチーは、堅い馬のアキレスをおやつに食べていて、歳で顎が弱るまでは、歯磨き無しでバッチリでした。

22話|【腫瘤】【腫瘍】
良性も悪性もありますが、気付いたらすぐに動物病院へ

今回は腫瘤のお話です。
えっ、こんなに大きく? という症例があるのですね。それが今回。
腫瘤には良性も悪性もあり、放置しても小さくはなりません。

「悩んでいるうちに大きくなってしまうので、その前に決断をして欲しいです」
ハナちゃんママより

23話|【膿皮症】【アレルギー】
指しゃぶりと、シャンプー嫌い

今日は膿皮症とアレルギーについて。
ハナちゃんは体がカイカイ。
あちこち痒くて、いつもボリボリしたり舐めたりしています。
うちのピーチーもそうでした。
ここからハナちゃんは、カイカイを克服するのですが、
これはその最初のお話。

24話|【ドック】【ドッグドック】
ハナのドッグドックをしました

今日はハナちゃん、健康診断
犬の健康診断は『ドッグドック』といいます。
定期的に検査をしておくといいですよ。
だって犬は、具合が悪くても我慢をしてしまうので、何かあったときに発見が遅くなりがち。
さて、ハナちゃんの検査結果は?

――17話~24話|つづく――

作:ハナちゃんママ
 ▶ハナちゃんママ:犬 の診察記のご紹介
 ▶ハナちゃんママ:猫 の診察記のご紹介
解説:高栖匡躬 

――ハナちゃんの動物病院・次のまとめ読み――

――ハナちゃんの動物病院・前のまとめ読み――

――ハナちゃんの動物病院・最初のまとめ読み――

――ハナちゃんの動物病院・猫版のまとめ読み――

 闘病中の飼い主さんへ

ペットの闘病、獣医さん任せになっていないでしょうか?
すこし考え方を変えれば、闘病の仕方は変わるものなのです。

他の飼い主さんが書いた闘病記は、実はとても役にたつものです。その理由と、闘病記の活用の仕方を考えたのが、このシリーズ記事です(全2話)

ペットの病気は、ペットが自分で治せるものではありません。
また、獣医師任せになっていると、大切な治療の機会を失うこともあります。
飼い主が積極的に治療に参加することで、それまでと違うチャンスが得られることも。
実体験を交えて書きました。(全3話)

 

© 2017 Peachy All rights reserved.