犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【非再生性免疫介在性貧血】9月6日 基準値内おめでとう ~2年生存を目指して(15/19)~【闘病記】

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血
非再生性免疫介在性貧血 闘病記

撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです)
 
この闘病記は

本記事は長期連載の1部。そしてチョコラッは3年目(2019年6月)を迎えて生存中です。
難病であっても希望を持ち続けたいと願う、飼い主の思いで書かれた闘病記です。
初回記事はこちらです。チョコラッの闘病記 1話

こんな方へ:
ペットに貧血の症状が現れ改善しない|非再生性免疫介在性貧血と診断された|治る見込みは?|治療法は?|どんな闘病になるのか心配|免疫系疾患の難しさを実感している|経験者の体験談が聞きたい

 9月6日 検査の結果は期待通り

一昨日、チョコラッの血液検査に行ってきました。
検査をするまでもなく、口内の色は普通にピンク。
数値は期待通り!基準値内入り!
実に14ヶ月振りに貧血値から脱却!

でも、昨年は6月に基準値内入り、喜んだのも束の間。
2ヶ月後には再び貧血値に。
そして、あれよあれよと言う間に一気に貧血進んだ苦い過去があるので、両手を挙げて万歳とは言えないのですが。
(その時は、プレドニン減薬に失敗したと思われる)

今回は免疫抑制剤、全ての種類使い尽くし(重篤な副作用の薬は使わず)、
もう後が無いところから這い上がってきたので、本当にチョコラッ頑張ったねと褒めたいです。

薬を使い尽くし、どうしたかと言うと(いつも読んでくださっている方にはくどい話ですが)、貧血が進んでいるのに、敢えて薬を減らす!と言う手段。

主治医の経験上、プレドニンやアトピカを飲み続けた子が、薬を減らしたら貧血が改善した子が、過去に2匹だけいた、と言うその症例にかけた。
(医学書に減薬で貧血改善の記載は一切ない)

そしたら、チョコラッも貧血改善!
チョコラッの指針になってくれた2匹の子に感謝です。
そして、その方法を提示してくれた主治医にも感謝です。

チョコラッです。いつも皆さん本当にありがとう♡
扉の写真は、爪が伸びていたのでカット後撮り直し(苦笑)

改めまして、チョコラッです
皆んなありがとう♡

非再生性免疫介在性貧血になって、約2年

非再生性免疫介在性貧血は、生存率の低い病気なんて言われてるけど、
チョコラッは元気いっぱいだよ。
だから、もし同じ病気の子がいたら、一緒に頑張ろうね。

何度ももうダメかと思ったよ。ママは隠れて泣いてたよ。
でも、ちゃんと生きてるよ。まだお薬飲んでるけど、安定したらお薬減らしてくれるんだって。

だから、頑張る!
いつも本当に本当にありがとう♡ byチョコラッ

諸数値の覚え書き 

RBC5.74
PCV37.9
Hb13.3
RETIC14.9
リンパ球140
Plat354

プレドニン1日置きに半錠
セルセプトチョコラッの体重で飲めるMAX量
胃薬
オーグメンチン(抗生物質)

サプリメント

ムーヴマックスⅢ(椎間板ヘルニア再発予防)
ウロアクト(下半身麻痺のため尿道炎予防)

そして――
前回疑われた、”クッシング症候群かもしれない” の検査結果は後日出ます

 

 元気でいるからこそ気になる早食い

闘病グッズと言えるような、言えないようなものなのですが、効果があるのでご紹介します。ちょっと前から使っているんだけど、早食い防止フードボールOPPO(上の写真の左側)です。分かりやすいように、ちょっとティアラにどいてもらいます。

これです

これは以前、相棒のティアラに使ったけど、全然効果なかったのでお蔵入りになっていたものです。最近、チョコラッが元気になって来たら、また早食い&フード丸呑み状態になってきたので、使ってみることにしました。

そしたら、めっちゃ効果ある~(((o(*゚▽゚*)o)))♡

このフードボールはそこが丸くてグラグラ揺れて食べ辛い。更にはフードをがっつこうとすると、中のお皿がクルクル回転して食べ辛いというもの。

そーっと上品に?食べるティアラには何の効果もなかったのですが、
ガツガツ食べるチョコラッにはグラグラ、クルクル、効果をフルに発揮!
チョコラッの早食い防止にとっても役立ってます^ - ^

ご参考までに、商品へのリンクも載せておきます。

これは多頭飼いあるある

食べ終わったら必ずお互いのお皿をチェック〜(笑)

猛暑猛暑の日々ですね。
皆様、熱中症にくれぐれもお気をつけて。

 

――2年生存を目指して(15/19)・つづく――

文:らぶプー
  ▶らぶプー:他の作品一覧

――次話――

チョコラッに疑われていたクッシング症候群。
血液検査の結果、幸いにもそうではないことが分かりました。
検査の日のチョコラッは12時間の絶食。
可哀そうだから、家族全員で絶食をしました。

――前話――

チョコラッにクッシング症候群の疑いが浮上。
ステロイドを長期服用していたためなのか?
目下、歯茎と舌の色に気をつけながら経過観察中。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

チョコラッの体に黒いシミを発見。痒みもなさそう。毛も抜けないけど――
病院に連れて行くべきなのか?
大病を抱えていると、一々、気になることばかり。

――この連載の1話目です――

『非再生性免疫介在性貧血』の闘病記。
最初は貧血の症状があるだけで、病名さえも知らない飼い主でした。

 ペットの闘病を考える記事です。 
 テーマ:視点の変化で闘病は変わる

愛犬の闘病で悩む飼い主さんは多い。
それは見えない不安が、心にのしかかるから。
これからどうなる? いつまで続く? 医療費は?
見えないものは仕方ないが、見えているものはある。
不安に怯えるのではく、どうか前向きに。

 

 出典

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.