犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【去勢手術】将来の性ホルモン関連の病気を予防 ~発情時のイライラや問題行動も抑制~

ここは『ハナちゃんの動物病院』(犬版)です。

今日は去勢手術についてのお話です。

去勢手術は避妊手術と同じで、メリットとデメリットがあるみたいですよ。
この記事を参考にして、獣医さんに相談してみてくださいね。

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain

撮影&文|ハナちゃんママ
 

今日は、男の子の去勢手術のお話です。
去勢手術は女の子の避妊手術と同様に、望まない妊娠を避けることと同時に、将来の性ホルモンに関連する病気を、予防できるというメリットがあります。

去勢手術は、オスの発情からくるスプレー行動や、イライラ、攻撃的な行動を抑える事も重要な目的の1つです。

高齢の犬では、前立腺の肥大が起きることで、血尿や排尿・排便障害などの症状がみられてきます。

全膣戦の位置_解剖図

会陰ヘルニアや肛門周囲腺腫などの病気も、去勢手術をすることで発生を抑制できます。

これは肛門にできる腫瘍

肛門に出来た腫瘍の写真
どんどん大きくなります 

去勢手術をすると太りやすくなったりしますから、適切な食事管理と運動が必要になります。主治医の先生とご相談下さいね。

 

この診察記で取り扱って欲しい病気や、何かリクエストあったら連絡下さいね。

避妊手術のことも触れておきます。これは、うちのコポーの避妊手術の例です。

こちらは、猫の避妊手術の記事です。ご参考まで。

 ●

そして、今日の看板犬、ハナ

f:id:masami_takasu:20180213020545j:plain
病気もイライラもいやよ!

ハナちゃんママからアドバイス

犬の話とは違うのですが。

うちの病院で飼うことになった猫のフクは、最初、未去勢猫でしたので、オシッコの臭いがとてもきつくて困っていました。しかし去勢手術をすることで、尿臭がかなり軽減されました。

オス猫を室内飼いするのであれば、去勢手術は必須だと思います。

【Withdogより】ここでご紹介したのは、病気を疑ってみる初歩的な知識です。もしもご家庭のワンちゃん、ネコちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――
f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

 ▶ハナちゃんママ:犬 の診察記のご紹介
 ▶ハナちゃんママ:猫 の診察記のご紹介

――次話――

――前話――

まとめ読み|【犬版】ハナちゃんの動物病院 ①
この記事は、まとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――ハナちゃんの動物病院(犬)・初回の記事です――

 賢い獣医師選び、動物病院びの記事です

 出典:

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

© 2017 Peachy All rights reserved.