犬を飼うということ

いつまでも君と……

【映画】深読みして見えてくる、犬のウンチの話 ~名作「Pulp Fiction」をウンチで掘り下げる~

f:id:masami_takasu:20171101145644j:plain© 1994 Miramax

文:高栖匡躬

映画『パルプ・フィクション』をご存知でしょうか?

1994年公開で、アカデミー賞では7部門にノミネートされ。脚本賞を受賞した名作です。名作とされてはいますが、絶賛される一方で、クソミソに貶(けな)す層もいます。マニアックな感じの映画ですね。

 題名:Pulp Fiction (邦題:パルプ・フィクション)
 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
 出演:ジョン・トラボルタ(ヴィンセント・ベガ)、サミュエル・L・ジャクソン(ジュールス・ウィンフィールド)、ユマ・サーマン(ミア・ウォレス)、ブルース・ウィルス(ブッチ・クリッジ)
 制作費:$8,000,000
 興行収入(世界):$213,928,761

出典:パルプ・フィクション - Wikipedia

これまで、”犬のウンチ”についての考察を3回、書いてきました。
例えば下記。

 

実はこの『パルプ・フィクション』は、”犬のウンチ”に関するキーワードが、沢山現れます。そこで今回は、『パルプ・フィクション』を題材にして、これまでとは違う方向から、犬のウンチの話をしてみようと思います。

 

f:id:masami_takasu:20171101145656j:plain

さて、映画のことを書く前に、まずは”犬のウンチ”を、英語でどう表現するかを考えてみましょう。

日本語でウンチは、うんこ、クソ、フン、大便、大きい方など、様々な呼称がありますが、英語でも同じです。poop(poo,pooh)、mess、crap、feces、shitなど。

 ウンチ、うんこに当るのが、poop(poo,pooh)で、これらは幼児用語である。
 fecesは学術用語でもあり、獣医師が使う「便」とか「排泄物」いうニュアンスだろう。
 shitは、映画やドラマでよく耳にする下品なスラング。
これは訳すと「クソ」とか「クソ野郎」となる。

そして英語でも、日本語と同様に、名詞でのウンチを直接表現をしない方法があります。日本語では「用を足す」に当るのが、business(ビジネス)だ。例えば、こんな使い方でる。

 I always clean the place after his business.
(私はいつも、この子が用を足したあとで、そこを綺麗にしているのよ)
 She did her business on the floor.
(この子、床の上で用を足しちゃったわ)

そして、オシッコとウンチを近い表現でセットにした言い方もあります。これには先程のpooを使います。

 ・pee(ピー) → オシッコ
 ・poo(プー) → ウンチ

もっと面白いのは、以下のような使い方。

 ・number one(No.1)  → オシッコ
 ・number two (No.2)  → ウンチ

 

f:id:masami_takasu:20171101145710j:plain© 1994 Miramax

さて、話を『パルプ・フィクション』に戻しましょう。
この映画はウンチに近接する、pee(オシッコ)が登場します。じつはこれ、筆者が大好きなシーンでもあります。

ファミレスでいかにもチンピラと思えるカップル、パンプキンとハニー・バニーが話をしているのですが、この2人は思い立ったが吉日とでもいうように、唐突に銃を取り出し、その場でレストラン強盗を始めます。

しかし、丁度そこに居合わせた。主人公の一人でもあるマフィアの殺し屋、ビンセントとジュールスの反撃にあうのです。
※実際の映画では、冒頭に会話のシーン、後半に強盗のシーンです。

 

f:id:masami_takasu:20171101145722j:plain© 1994 Miramax

テーブルの上に乗っかって銃を構えるハニー・バニー(上の写真)が、緊張のあまりに口走る言葉が次です。

 I gotta go pee!  I want to go home.
「オシッコ行かなきゃ。家に帰りたい」

 

f:id:masami_takasu:20171101145737j:plain© 1994 Miramax

因みにこの『パルプ・フィクション』は、ビンセント(上の写真)がトイレに入り、そこから出てくる都度、何かしら悪い事が起きます。監督のタランティーノ氏は、トイレに、これから起こる不吉を暗示させているわけです。

映画の評論には、『パルプ・フィクション』とは、実はトイレット・ペーパーの事なのだと、深読みをしているものもあります。しかし、そこまでではないと思う。ぜいぜいダブル・ミーニングくらいではないでしょうか。

上の写真で、ビンセントがトイレで読んでいるのが、パルプ・フィクション――つまり安手の紙に印刷した読み捨ての大衆文学――です。パルプ・フィクションは、くだらない話という意味も持っているのです。

映画『パルプ・フィクション』は、現実のパルプ・フィクションと同じ構造を持っている。1つ1つの実にくだらない話を、幾つも幾つも詰め込んで、1本の作品に組み上げているのです。

しかし、この1つ1つの話がくだらないということが、この作品においては、実は重要な意味を持ちます。くだらない話を、ただ並べただけでなく、それぞれを複雑に交差させることで、映画全体では別の印象を、観客に与える事に成功しているのです。

 

f:id:masami_takasu:20171101145801j:plain

因みに、パルプ・フィクションに由来する別の出版物の名称として、プープ・フィクションというものがあります。プープは前述のように、ウンチであり、オナラという意味も持ちます。

プープ・フィクションを辞書で引くと、下品なギャグなどを盛り込んだ児童文学だとされている。

”『パルプ・フィクション』は、同時にプープ・フィクションでもある”。
タランティーノ監督は、観客にそう言いたかったのではないでしょうか? 
そのことを臭わせるために、「I gotta go pee! 」の台詞を織り込み、トイレをモチーフに使ったと解釈すると、考え過ぎ?

下品なギャグを盛り込んだ児童文学というと、日本では真っ先に頭に浮かぶのが『クレヨンしんちゃん』ですね。しかし『クレヨンしんちゃん』は下品なギャグを盛り込んではいるものの、作品自体は下品ではありません。

下品なモチーフが逆に、シリーズの多くの作品に流れている家族愛や友情や、道徳観というテーマを際立たせる構造になっています。

『クレヨンしんちゃん』は恐らく、分類上はプープ・フィクションに属するのでしょうね。気になって評論記事を、幾つも読んでみたのですが、それに該当する内容は、1つも見つかりませんでした。

 

f:id:masami_takasu:20171101145813j:plain© 1994 Miramax

他方、『パルプ・フィクション』ですが、この作品からはどう考えてみても、テーマが読み取れません。穿った見方をすると、この作品はテーマを観客に感じ取らせない事、或いはただ雑然としたイメージだけを観客に与える事を目的に、制作されたようにさえ感じらます。

しかし、それでいて『パルプ・フィクション』は素晴らしい映画だと思います。
中途半端なテーマ性などいらない。下らなさと、下品さのモチーフを突き詰めるだけで、そこには新しい何かが生まれるのだと、タランティーノ監督の声が聞こえてくるような気がします。

● ● ●

 

この記事を読まれた方は、今日の愛犬のウンチが、きっといつもとは違う匂いがするのではないでしょうか?

「そうそう、今日のあなたの愛犬のウンチは、どんなでしたか?」

 

文:高栖匡躬
 

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――他の映画の記事です――

――犬のウンチの記事です――

――おすすめの記事です――