犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【非再生性免疫介在性貧血】3月25日 免疫抑制はしっかり効いてる ~1年は過ぎたけれど(23/25)~

チョコラッの闘病記 非再生性免疫介在性貧血
f:id:masami_takasu:20190201170801j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2018年に執筆されたものです)

書くの遅くなりましたが、3日前にチョコラッの血液検査に行きました。

ジリジリ下がり続けてた貧血が若干ながらも改善!(*゚▽゚*)
医師は「若干だから上がったと言うより横腹いです」って言ってたけど、
ずっとずっと下がり続けてたから、ほんの少しでも上がって嬉しい!

アトピカやめて1カ月経つけど、免疫抑制もしっかりかかってた。
(現在の免疫抑制剤はセルセプトとプレドニン)

 「このまま今後上がっていく可能性は? 逆にこの低いまま推移すると骨髄ろうになるんですか?」って聞いたところ、「今の時点では分からない」としか言われず。
医師も曖昧な解答したらいけないから、確実なことしか教えてくれないよね。

触った感じ腹水もなく、下痢が長く続いた炎症だったのかな?
(チョコラッは免疫抑制かけてるから、直ぐに下痢します。だから常に、下痢留めを家に常備しないといけないのです)

心配してたおりものも抗生剤変えたら無くなったし、今回は珍しく、嬉しい結果尽くしの病院でした。

帰り際、喜ぶ私とは裏腹に先生が淋しそうに、ボソッとこう言った。
「チョコラッちゃん、前みたいにこんにちはしてくれない。嫌がることしかしてないもんね」
(チョコラッ嫌がることっていうのは、注射、お口見ることなどです)

確かにそうかも。
前みたいに「先生先生こんにちは!(*゚▽゚*)」をしなくなって、「やめてよ、触らないでよ」の態度になってしまっている。

うーむ。

次回の予約は1ヶ月後!
1ヶ月も診察を開けるなんて、何ヶ月振りだろう。

以下覚え書き

RBC 2.74
PCV 20.7
Hb 6.9
RETIC 17.8

リンパ球 487

Plat 494 (はじめて、やや高め)

● 

こちらは薬の覚え書き

プレドニン・セルセプト・バイトリル・ランソプラゾール

病院処方サプリメント
ムーヴマックスⅢ ・ウロアクト

チョコラッ頑張ってます!
いつも応援・見守り・元気玉ありがとうございます!

 

f:id:masami_takasu:20190201173036j:plain

チョコラッが病気してから、空気を読むティアラは、大好きな大好きなプロレスごっこを姉ちゃんに挑むのを我慢していたみたい。
でも今日は、ティアラ的に「いける!」と思ったのか、久々に挑んでいきました。

チョコラッは元気なんだけど、動くのはしんどい(貧血とプレドニン副作用による筋力低下)みたいで、声だけで応戦。

若干、「しつこいんじゃティアラ!!」ってブチ切れ気味にも見えました(・_・;

さて、そろそろ狂犬病予防注射の時期です。
チョコラッはもう打てないんだけれど、ティアラは……

ティアラいいかな・・?
f:id:masami_takasu:20190201173832j:plain
オヤツ買ってあげるからさー

 

――【非再生性免疫介在性貧血】1年は過ぎたけれど(23/25)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

まとめ読み|チョコラッの闘病記 ⑬
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。