犬を飼うということ

いつまでも君と……

それは幸せの涙 ~血の涙に至る思い(後編)~

f:id:masami_takasu:20171031173535j:plain

文:高栖匡躬 

前編記事の中で、愛犬の闘病時の飼い主の心情を、介護の経験者であるラフmom(樫村慧)さんが、”血の涙” と表現されました。

普段は使いなれない大げさな言葉――
しかしなぜか、その強い表現が、愛犬の闘病にはしっくりときます。  

飼い主達は、なぜそのように感じるのか?
今回は、その理由について考えてみたいと思います。

どうして飼い主は、血の涙を流すのか?

f:id:fukuichrin:20170805183718j:plain

なぜ飼い主は、愛犬の闘病で ”血の涙”を流すのでしょうか?

楽しかった日々と現実のギャップに慄くから?
愛犬の苦しみを取り除いてあげられない、自分のふがいなさを恥じるから?
もっとやさしくしてあげれば良かったという、後悔?
もう目の前に迫ってきている、避けられない別れへの恐れ?

愛犬の闘病には、真剣に向き合えば向き合うほど、様々な思いがない交ぜとなって、飼い主の心に去来します。

恐らく、”血の涙” はたった一つの理由で流れるものではないのでしょう。それぞれの飼い主が心に秘めた、いくつもの思いの発露が、”血の涙” という、強い表現として現れるように思います。

 

それは、意外に悪くない

f:id:masami_takasu:20171031173557j:plain

ここで、一つだけ言えることがあります。
愛犬は誠実に、何の疑いも持たずに、飼い主のことだけを信じて、果敢に病魔に挑みます。何故ならば、それが犬という生き物の本能だからです。

しかし――、人間の心は犬ほど強くなく、些細なことで揺れ動きます。
真っ直ぐな犬の心と、今にも折れてしまいそうな飼い主の心。

その両者のきしみが、飼い主に血の涙という強い言葉を、想起させるのではないでしょうか?

犬とは言葉を交わせない。だから余計に飼い主に切なさがつのる。飼い主の血の涙とは、飼い主が愛犬にそそぐ、愛情そのもののようにも思えます。そして、そんな風に考えてみると、血の涙はそれほど悪いものではないと思えてきます。

 

だから、怖がらなくていい

f:id:masami_takasu:20171031173722j:plain

犬を飼うということは、最期の別れも同時に引き受けることが前提。切り離すことはできません。これから犬を飼おうかと考えている方は、一歩立ち止まって、考えてみるべきだと思います。

しかし、怖がる必要は一つもありません。

”愛犬闘病ブログ”を、どうか幾つか読んでみてください。そうすれば、すぐに分かるはずです。愛犬の闘病に直面し、血の涙を流している飼い主たちだって、最初からそんなに大それた覚悟をしていたわけではありません。誰もが愛犬との楽しい生活を夢見て、可愛い仔犬を家に迎えているだけなのです。

”愛犬闘病ブログ”を書いている飼主たちには、例外なく、ある特徴があります。

それは愛犬との掛けがえの無い思い出が、大きな心の財産になっているという事です。そしてその財産は、愛犬の闘病中にも絶えず積みあがっています。

更に、もう一つ大事なこと。
それは、飼い主たちが真正面から、愛犬の病と対峙していることです。

 

幸せの血の涙

f:id:fukuichrin:20170805184351j:plain

血の涙を流すのはつらい事です。
しかし、血の涙を流せる飼い主は幸せな人です。

血の涙というものは、それまで積み上げた幸せの分だけしか流れてきません。 

今犬を飼っている方々が、
そして――、これから犬を飼う方々が皆、
いつか幸せな血の涙を、流すことができますように……

 ● ● ●

――ラフmom(樫村慧)より一言――

現在私は、Withdogに記事を寄稿するライターですが、この記事の原案が書かれた当時は、ブログの読者の立場でした。

『血の涙』という言葉は、咄嗟に思いついて書いたものですが、あの頃の心境を表すには最適な言葉だったと思っています。ある日突然愛犬の病気が判明し、余命宣告をされてからもがき苦しんだ時の涙です。でもそれは決して苦しいだけではない、愛犬の命を預かる決意のような涙でした。

その決意はやがて覚悟へと変わるもの。飼い主さんには、『血の涙』を流すことを怖れないで、と心から思っています。

 

―― 血の涙に至る思い(後編)・おわり ――

(ライター)高栖匡躬

※本コラムは、以下の自筆記事を加筆、および再構成したものです。

――前編は下記です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ