犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【ハンデなんて関係ない】あんたは旅をしてきた子だからね ~旅人がうちにくるまで・後編~【幸せにしてあげたい】

うちの子がうちにくるまで|No.8 - 2 f:id:masami_takasu:20171119142631j:plain

撮影&文|asuka
 
今日のお話は

前回の続きです。
保健所で隻眼(片目だけ)の犬と出会った夫婦。
一度その場を立ち去るのですが、その子のことが気になって仕方がありません。
このまま家に帰ってしまって、いいのだろうか?
「いろいろと考えてから、また来ます」
そうは言ったものの、また来ることはできるのか?
そんな時、夫が口を開きました……

こんな方へ:
保護犬を迎える決心がつかない|ハンデ(障害)のある犬と暮らしていけるか?|経験者の話を聞きたい
 

やっとの思いで車に乗ったら、今度はたけしがこう言った。
「え? あの子連れて帰らんと?ここになんの為にきたと?」
驚くあたし。
「俺、今日たまたま平日休みやったけん来れたけど、土日ここ休みだから、もう来れんよ。これからも滅多に来れんよ。どうする?どうせ1匹増えてもなんも変わらんたい」

たけしのその言葉で、あたしは心に決めた。
「連れて帰ろう、うん、あの子を連れて帰る、そうしよう」って。
そこですぐ保健所に電話して、気持ちを伝えた。

「今日、あの子を連れて帰ります」

 

f:id:masami_takasu:20171119142757j:plain

すでに犬達と暮らしてることを伝えてあったから、「先住犬との相性は大丈夫なんですか?」と訊かれたけれど、「そんなもん、大丈夫です。あの子を連れて帰らせて下さい」ってきっぱり答えた。

前に迎えた成犬の子の時のようには、絶対させない。
あたしは覚悟を決めた。

書類やらなんやらいろいろ書いて、やっとその子をこの腕に抱きしめることが出来た。帰りの車の中で、たけしがやたらニヤニヤしていた。
「どうしたの?」
たけしはあたしの問いに、当たり前のように「可愛いけんさ」と答えた。
あたしはその言葉を聞いて、心底呆れてしまった。

 

f:id:masami_takasu:20171119143121j:plain

片目のその子を見て、「可愛い、可愛い」って言うたけしを、あたしは自分の旦那にしてよかった、とその時思ったんだ。
たけしとなら、片目のこの子を可愛がっていけるって確信出来た。

保健所の人はこう言っていた。
「確かに可愛いとか、連れて帰りたいって言われたりはするんですよ」
連れて帰りたいと言われはしても、片目の子犬を実際に連れて帰る人はいないということなんだろう。

でも、ハンデがあることなんて、あたしたちには関係なかった。
そんなことなんて、どうでもよくて、わたしは「連れて帰ろう」って背中押してくれたたけしに惚れ直したんだ。

 

f:id:masami_takasu:20171119143253j:plain

『連れて帰って!』
そう言って、吠えたこの子にあたしは惹かれた。
だから、間違いなくあたしはこの犬が大好きなんだ。

この日、こうやって連れて帰ったこの子は、保健所に来る前に、辛く寂しい孤独な思いをしながら旅をしてきたんだろう。そして保健所でもとても不安だったに違いない。だから、旅人(たびと)と名付けた。
もうどこを旅することなく、ずっとうちに居ていいんだよって気持ちを込めた。
あたしたちが旅人を守るからねって思いで、つけた名前だ。

 

f:id:masami_takasu:20171119143351j:plain

旅人は他の犬と何も変わりなかった。
目が見えないから他の子とは違う、という差別的な見方をするのは人間だけ。
旅人はなんの問題もなくすごくいい子だったし、それは今も変わらない。

あたしは旅人にとても感謝してる。
Twitterで見た保健所の犬や猫たちを、可哀想と思うだけで何にも出来なかったあたしを、変えてくれたこと。そして、また保護犬を迎えたいって、思わせてくれたことに。
まだまだある。いつも我が家を賑やかにしてくれていること。ツライ思いをしたのに、あたしたちをどこまでも信じてくれてることもそうだ。

そして――
何より旅人は、旅人と暮らすあたしたちを幸せにしてくれた。

 

f:id:masami_takasu:20171119143411j:plain

保健所には、昔の旅人のように辛く寂しい思いをしている犬や猫がたくさんいる。
保健所から引き取った子でも、ハンデのある子でも、なんら変わりなくあたしたち人間を信じて懐いて幸せな時間をくれる。

そのことは、旅人と暮らすあたしが証明出来る。たくさんの人に、それを知ってもらいたい。そして、今寂しい思いをしている犬や猫に、素晴らしいご縁があるようにと心から願っている。

旅人、うちの子になってくれてありがとう。
これからもいっぱい、楽しいこと見つけようね。

――旅人の話・おわり――

~うちの子がうちにくるまで No.8-2~
犬の名前:旅人(たびと)
犬種:ミックス
飼主:asuka

うちの子がうちにくるまで|No.8 - 2
犬の名前:旅人(たびと)
犬種:ミックス
飼主:asuka
 
うちの子がうちにくるまで、とは
愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイです。
こんな効果もあります:愛犬、愛猫を今すぐ100倍可愛くできる、最も簡単な方法
 
犬や猫と暮らすあなたへ

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。
平均年齢でいえば、15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。
我々はそこで大きな決心をし、葛藤を乗り越えたからこそ、今、犬や猫と暮らしています。

どうかその思いを、忘れないでください。
その時の思いがあれば、我々はどんな時でも犬や猫と暮らしていけます。

【飼えるかなより

――うちの子がうちにくるまで・次話です――

――うちの子がうちにくるまで・前話です――

まとめ読み|うちの子がうちにくるまで(犬)②
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――うちの子がうちにくるまで、第1話です――

おすすめの、うちの子がうちにくるまで

 
 

© 2017 Peachy All rights reserved.