犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【劇症肝炎】8月19日、夕方 ~今日も面会をしてきました~【闘病記】@

ピーチーの闘病記:劇症肝炎編  f:id:masami_takasu:20171204033402j:plain

撮影&文|高栖 匡躬
 
当時を振り返り

前日の朝、面会したピーチーは、死を免れたように思われました。
しかし、その前があまりにも悪く、危機的な状況であったために、飼い主としてはまだ素直に喜ぶことができませんでした。

いつ病状が急変するか、わからないからです。

この日も面会に行きました。
具合は良くなっているのか? それとも悪くなったか?
期待が半分、怖れが半分。

面会の順番が来て、名前を呼ばれたときのことを、今も覚えています。

こんな方に:
愛犬が劇症肝炎|愛犬が急性の炎症性疾患|免疫疾患の可能性もある|治療方針の決断を迫られている|選択肢が乏しい|かかりつけの医師に任せるのが良いのか?|経験者の体験談を聞いてみたい

 8月19日、夕方 面会、復活のピーチー

先ほど、ピーチーの面会から帰ってきました。
おかげさまで、ピーチーは昨日よりももっと元気になっていました。

面会はまた処置室を使わせていただきましたが、今日はピーチーの元気さを示す行動がありました。

僕たちが待つ処置室に、看護師さんがピーチーを連れて来て下さったのですが、ピーチーはまず僕たちの方に歩き出し、急に踵を返して、看護師さんにの方に戻っていきました。看護師さんの足元に擦り寄ったのです。それはまるで、看護師さんにお礼を言っているように見えました。

そして、ひとしきりそれをやってから、僕たちの方に、嬉しそうな軽い足取りでやってきました。

 

f:id:masami_takasu:20171204033519j:plain

自力で歩ける時間が随分と長くなり、放っておくと小走りに駆けだしそうな勢いです。
ただ、やはり肝臓の疾患を抱えていると持久力がないので、その勢いだけは見せますが、すぐにハアハアと息が上がります。

今日、僕と奥さんが見ている前で、ピーチーはウンチをしました。看護師さんを呼ぶと、すぐにそれを片付けてくれたのですが、来て下さった看護師さんが大変な喜びようでした。

実は今日が入院後の、自力での初ウンチだったのです。

 

f:id:masami_takasu:20171204033647g:plain

”初の行動”はもう一つありました。
今日は看護師さんが僕達のために、面会している部屋に、ピーチーの食べる晩御飯を持ってきてくださいました。

ピーチーはまだ自分からご飯を食べず、口に入れたものを飲み込むだけなので、「飼い主さんの方で、自分から食べるように促してみてください」という説明でした。

あげてみると、匂いは嗅ぐものの、そっぽを向いてなかなか食べません。

そこで手でつかんであげてみました。するとピーチーは美味しそうにそれを食べてくれました。これで食欲のエンジンが掛かったピーチーは、自分から進んで、器からごはんを食べ始めました。

 

f:id:masami_takasu:20171204033800j:plain

まだ意識障害があるのか、食べ方は上手くありません。器の縁には沢山ごはんが張り付いたまま。

食いしん坊のピーチーは、元気な時はそれを綺麗に舐めとったものです。
しかし贅沢は言えません。自分から食べたのは、大きな進歩です。

自分で口から食べるという行為が、バイタルの数値に大きな影響を与え、それが病魔と闘うエネルギー源になるのだそうです。

ご飯を食べ終わったピーチーは満足そうな顔をしました。
よくやったな、ピーチー。

 

f:id:masami_takasu:20171204033904j:plain

今日は担当の山○先生がご不在のため、検査の数値は受け取ることができませんでした。それが病院の決まりなのだそうです。しかし看護師さんからは口頭で、黄疸の値はかなり下がったとの報告がありました。炎症の値はまだまだ高いそうですが、光明の一つではあります。

明日は更に元気になっていてくれると嬉しいのですが、しかし予断を許さぬ状態をいうことにはまだ変わりはなく、ぬか喜びをしないよう、油断をしないようにしなければなりません。

山○先生は、明日は一日病院にいらっしゃるとの事なので、また夕方にはお話を聞きにいくつもりです。

帰り際にうちの奥さんと写真を撮ると、笑ったように口角が上がって、チロリと舌を出しました。

まだまだとは言うものの、回復が目に見えるととても嬉しいです。

 

――【劇症肝炎】闘病記・つづく――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

ピーチーの状況が改善していくにつれ、心には少しずつ余裕がでてきました。
そこで気になったのが、『自己免疫不全』です。

『自己免疫不全』は、多くの犬猫で生じているようです。
しかしその症状は1つではなく、癲癇とか、各種臓器の炎症、関節の炎症という別々の病気として現れるのでやっかいです。

――前話――

これまでに起きたことを、もう一度整理し、まとめました。
劇症肝炎は、劇的に改善されたように見えます。

「ステロイド投薬の効果が出ているのは、まず間違いないでしょう」
「これから数日はこれで押します」
担当医はそう言いました。

まとめ読み|劇症肝炎闘病記 ②
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――本連載の第1話です――

この日早朝6時、愛犬ピーチーは救命救急に駆け込みました。
40度を越える高熱。ぐったりとして動けない。
主治医からは、安楽死を勧められるほどの状態。
この日から、命を賭けた闘病が始まったのでした。

 ペットの闘病についてのヒント

闘病の奇跡は呼び込むもの

闘病記を読むと、奇跡的に治るという表現に時々出会います。
しかし奇跡は、待っていて起きるものではありません。
奇跡が起きる確率は、努力で上げることができます。

医師まかせにせず、とにかく情報を集めて分析する事です。
その中に、もしかすると答えがあるかもしれません。

セカンドオピニオンと二次診療

街の獣医師の技術と経験には大きな差があります。知識にも差があります。
なぜなら街の獣医師は、内科医であり、外科医であり、犬や猫だけでなく、ネズミも鳥も診察するのが役割です。病気ごとの専門医ではないのです。

セカンドオピニオンと二次診療は、街の獣医師の足りない部分を埋める、重要な手段と言えます。

高度医療という選択肢

動物にも高度医療があります。
それは人間で実績のある治療を、いち早く動物医療に転用するものです。

医療は日進月歩。昨日治らなかった病気が、今日は直るかもしれません。
高度医療は病気を治す手段としては有効な選択肢です。

© 2017 Peachy All rights reserved.