犬を飼うということ

いつまでも君と……

あの子とは全然違う ~はながうちの子になったのは~

f:id:masami_takasu:20171101155153j:plain撮影&文:藤夜

~もう一度、うちの子がうちにくるまで No.2~

”もう一度、うちの子がうちにくるまで”とは
愛犬を失った飼い主が、さまざまな葛藤を乗り越えて、もう一度犬を迎えようとするまでを、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。

先代犬のはなこが死んだあと、私は酷いものだった。
眠れず、ご飯も食べず、泣いてばかりだった。

あれは忘れもしない2015年4月12日。その日は、DDTのプロレスがあった。

私は元気をもらおうと、それを観に行った。

そして――
終わって家に帰ったら、子犬がいた。

 

f:id:masami_takasu:20171101155217j:plain

母が新聞で「貰ってください」の記事を見て、引き取ったそうだ。
はなこの時といい、犬始まりはいつも母だなぁ。

もちろん、父は大反対。これは先代犬はなこのときと同じ。
理由は、「これから10年、20年生きる犬を飼って、世話できる訳がない」
――まあ、正論ちゃあ正論。

でも、私がいる!
こんなちっちゃな子を放り出させる事はできない!

「私がすべて引き受ける!」
そう言って、はな はうちの子になった。

f:id:masami_takasu:20171101155235j:plain

はなは、ラブラドールレトリバーと柴犬の間に生まれた子。
1月15日に生まれたばかりで3ヶ月の子犬。

まず初めに思った事。
「はなことは全然違う」

人間大好き、雨や風、雷ヘッチャラ、テンション上がりやすく、ヤンチャすぎ。
でも、はなこと違って当たり前。

なんでもはなこと同じ、と考えては上手くいかない。

f:id:masami_takasu:20171101155248j:plain

はなは、はなこが行かなかったしつけ教室に行ってみたりもした。
出来ることは何でもしてみた。

寝る子は育つというけれど、はな はあっという間に大きくなった。
垂れていた耳が立ち、ヤンチャっぷりも磨きがかかり、天真爛漫という言葉がぴったりな子に成長していった。

表情豊かで、見ていて飽きない。

f:id:masami_takasu:20171101155301j:plain

この子のおかげで動物関係の勉強を始め、私は「愛玩動物救命士」の資格が取れた。今は「愛玩動物飼養管理士2級」を目指して勉強中。
九州動物学院のオープンキャンパスにも行ったりもした。

私に、新しい道を示してくれたはな。

f:id:masami_takasu:20171101155323j:plain
熊本地震のあの時、目をいっぱい見開いて不安そうにしていた。
犬は家に置いてきて下さいと言われ、はなと一緒に避難所に行けず……

同行避難すら断られるなんて思いもしなかった。
置いて行くことなんて出来るわけもなく、はなと一緒に車中泊をした。

もう、あんな顔はさせたくない。

f:id:masami_takasu:20171101155348j:plain

それからしばらくの間、はなは私の側を離れることを嫌がり、ちょっとでも離れようものならヒャンヒャン鳴いていた。
今は落ち着いたみたいで、長時間離れても平気になった。

そして――、甘えん坊は一段と激しくなった(笑)

f:id:masami_takasu:20171101155420j:plain

はな の笑顔は、私の元気の源。
はな がいてくれるから、私はがんばれる。
はな、私が必ず守るからね。

はな、うちの子になってくれてありがとう。

~もう一度、うちの子がうちにくるまで No.2~
犬の名前:はな
犬種:ラブラドールレトリバーと柴犬のミックス
飼主:藤夜

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・次話――

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・前話――

――同じ作者の記事です――
(先代犬、はなこの話)

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。