犬を飼うということ

いつまでも君と……

【看取り】【肺がん】3月27日、未明 最後の力を振り絞り ~うちの子が旅立つまでのこと(12/18)~

f:id:masami_takasu:20180314002546j:plain

撮影&文:高栖匡躬

――当時を振り返り――

この段階になると、ピーチーの状態は刻々と悪くなっていきました。
しかしながら、ピーチーはまだ生きようとしており、その姿に励まされる飼い主。

飼い主にできることは、もはやそう多くはありません。
何が起ころうと、現実から目をそむけないで、見守ってやろうという決意のみ。

 ●

安楽死の選択は、常に頭の中にありました。
きっとその選択をするときが、来るようにも思っていました。

その日が来なければ良いと願う気持ちが半分。
しかしあと半分は、その日が来たら迷うことなく決断しようと決めていました。

  ●

ある時までは死を遠ざけようと、或いは忘れようと、必死にもがきました。
しかしある時を境にして、気持ちが自然に切り替わりました。
良い死を迎えさせてやろう。良い別れをしたい。
積極的にそう思うようになりました。
覚悟が決まったとか、そんな劇的なものではありませんでした。
もっとささやかで、もっと自然な気持ちの変化でした。

 ●

死は忌むべきものとは、最早思いませんでした。
絹のように柔らかで、優しいもののように思えました。
その死に、いつかピーチーを引き渡すのだと思っていました。
問題は、それがいつなのかというだけ――

 

f:id:masami_takasu:20180326224812j:plain

――以下、当時のブログより――

昨晩、ピーチーはウニを食べました。うちの奥さんが、豆乳と一緒にフードプロセッサーにかけてくれたものです。自分からは食べられないので、シリンジで流し込むことになってしまいましたが、ペロペロ舌を出して、美味しそうでした。

 ●

シリンジでウニを流し込みます

f:id:masami_takasu:20180314005331j:plain

f:id:masami_takasu:20180314005326j:plain
ペロッと舌が出ました。美味いか? ピーチー

 ●

昨夜のピーチーの状態は、酸素の無い中では、もう数歩歩いたらもうダウンしてしまいます。相当に弱っています。

f:id:masami_takasu:20180314005604j:plain
よしよし、苦しいなあピーチー

 ●

しかしピーチーは、それでも自分で歩こうとします。
一生懸命に生きようとしていて、真っ直ぐです。
犬ってすごいなと、改めて思います。

 ●

もう水飲み場にもトイレにも、自分では歩いてはいけなくなってしまいました、だからピーチーがそこに行こうとする意志を感じ取って、飼い主が抱えて連れて行ってやります。連れて行って、1mほど手前で放してやると、そこからは力を振り絞って歩きます。

まだ自分で歩こうとするピーチー

f:id:masami_takasu:20180314010108j:plain
偉いぞ、ピーチー

 ●

水は3回くらい舐めたら終わりです。
飲みたくないのか、或いは下を向いているのが辛いのか分かりません。
だからピーチーが水飲み場に行った後は、スポーツドリンクをシリンジで流し込んでやってます。

弱っていく姿を見ると、寂しいなあと思います。
でも、不思議と悲しくはありません。

 ●

3月27日未明の時点のピーチーは、うちの奥さんの布団で、一緒に寝ています。幸せそうな寝顔にホッとします。

やっぱりピーチーは、可愛いです。

 

――うちの子が旅立つまでのこと(12/18)つづく――

(ライター)高栖匡躬

――次話です――

――前話です――

――関連記事です――

――猫のおすすめ記事です――