犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】ラフと歩いた日々/ラフのいない日々 ~いつも君がいてくれたから~【看取り/ペットロス/安楽死】

ラフと歩いた日々、ラフのいない日々
ラフと歩いた日々

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:樫村 慧

本作『ラフと歩いた日々』と『ラフのいない日々』は、『ラフと歩く日々』の続編となるもので、3部作の構成になっています。

『ラフと歩く日々』は、ホームセンターで売れ残っていたゴールデン・レトリーバーと、その子を飼うことになった家族の絆を描いたものでした。
ラフとの生活を縦軸にして、家族に起きる様々な出来事を描いた秀作です。

本作の中盤で、ラフは腎不全を患います。
そしてそのラフの介護と、看取りを縦軸にして家族を描いた作品が『ラフと歩いた日々』、ラフを看取ったのちの事を描いた作品が『ラフのいない日々』です。

3部作の全てが犬と暮らす喜びに満ちているのですが、それと同時に犬と暮らす上で、どうしても外すことのできない心構えや覚悟を語ってくれます。

楽しいだけではない犬との暮らし。
だからこそ意義のある犬との暮らし。
そんなことを感じ取っていただけると幸いです。

【目次】

 ラフと歩いた日々 第1話~第3話

f:id:masami_takasu:20181003130139j:plain

第1話|いつもと違う散歩道

『ラフと歩く日々』の続編です。
愛犬を看取る、家族のお話。
ペットと暮らす者なら誰もが通る道だけれど、少しずつ違う道。
色々な選択肢があって、正解は一つではない。
わが家なりの送り方って何?
いったい家族は、どんな道を歩いたのか?

第2話|はじめてのご馳走

愛犬の闘病が末期になると、飼い主は人間の食べ物を与えますね。
それまでは健康を気遣って、絶対に食べさせなかったものを。
療養食が食べられなくなり、犬のおやつが食べられなくなり――
だから、仕方なく――
「何でも良いから食べて欲しい」
その願いがが半分。

そして――
残りの半分は、「もう回復を諦めなければならない」という寂しさだったり、無念だったり、悲しみだったり。

はじめてのごちそうに、犬の顔はパッと輝きますよね。
それがまた切なくて――
覚えておいてね。
それはね、飼い主の愛情の味なんだよ。

第3話|消えない光、ごめんね

闘病を続けるラフを、突如痙攣が襲う。
「うん、うん、ごめんね、苦しいよね、ごめん」
涙が止まらない。
命って何だろう? 飼い主って何だろう?
一緒に生きるって、どういうことなんだろう?
そんなことを考えたくなる話。
その時、家族の選択は?

 

 ラフのいない日々 全1話

f:id:masami_takasu:20181003130157j:plain

きみがここにいた意味、今ここにいない意味

樫村慧さんのラフ3部作。最終話です。
愛犬ラフの去り方を決めたのは自分でした。それはとても自然に――
その存在が消えた空間で、無意識にラフを探す日々。
やがてラフとの別れに、意味が生まれ始めます。
本作は、犬を亡くした飼い主の、心の再生を描く作品。
ペットロスに悩む方々に読んでいただきたいです。

 あとがきにかえて

拙作『ラフと歩いた日々』、そして『ラフのいない日々』をお読みいただいて、ありがとうございます。

この手記は、前作『ラフと歩く日々』の時と同様、大好きな愛犬ブログのブロガーさんに勧めていただき、書いたものです。何の特徴もない、たまたま大型犬と暮らしただけの私が、このような手記を書く機会をいただけたのも、様々な偶然と、思いがけない出会いによるものだなぁと、感慨深く思います。

元々、特別犬が好きなわけでもなかったのに、犬をこよなく愛する人と結婚して、紆余曲折あり、とびきり可愛い大型犬を託された。その結果、愛犬と生活するこの上ない幸せを知ってしまった。
それはまるで、主人が人生をかけて私に仕組んだことのようにも感じられます。

何とか任務を遂行し、主人のところへラフを送り出すことが出来て、正直ホッとしている気持ちもあります。
もちろん、寂しい気持ちの方が何倍も大きいのですが。

犬と暮らす方にはもちろん、犬とは暮らしたことのない方にも読んでいただけたら、これ以上嬉しいことはありません。

きっとまた私は、近い将来犬と暮らすことになるでしょう。
それまでは、今まで同様、様々な愛犬ブログを読ませていただき、飼い主さんと一緒に喜んだり悩んだりさせてもらうつもりです。

――樫村 慧――

● 

作:樫村 慧
 ▶ 作者の一言
 ▶ 樫村 慧:犬の記事 ご紹介
 ▶ 樫村 慧:猫の記事 ご紹介
 
解説:高栖匡躬 

 前作のまとめよみ

前作『ラフと歩く日々』(全4話)のまとめ読みです

 看取り・安楽死の関連記事です

愛犬を看取る日の十戒

虹の橋を考察してみる

もしも君が話せたら、君は別れになんというだろう?
安楽死をモチーフとした記事です。

 同じ作者の記事です

 

 

© 2017 Peachy All rights reserved.