犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【偏食】予防が大切。しかし起きてしまったら 〜偏食・食べムラ ガイドブック ② 予防・対応編〜

事例(体験)偏食・食べムラ ガイドブック ②
偏食ガイドブック2

文・編集|Rikka
 
はじめに
前回は偏食に関する基礎的な用語の区別、偏食が起きる原因についてでした。
今回は実際に、偏食を予防するにはどうしたらよいのかと、偏食が起きてしまった後の対応に関しての記事をまとめています。
我が家の龍馬は、既に予防できなかったクチですので、皆さんの偏食の実体験はとても参考になりました。状況的に合致していなくとも、参考になることは結構多くあるのですよ。

こんな方に:
偏食(食べムラ)をなくす本当の理由|しかし既に偏食の状態にあるときはどうする?|経験した飼い主の体験を知りたい

 

【目次】

 偏食を予防する意味は

偏食

1.若くて元気な頃は、対応がし易い

愛犬が若く元気な頃は持病も無ければ、食べないときは器を下げたり、食べるまで待つといった、一般的な偏食への改善方法が試せます。

若いうちに偏食のない仔に育てれば、将来の選択肢を多く残しておけるというメリットがあります。

わがまま食いをさせない為に、(身体に合わない場合は別ですが)食べない時にあれこれ食事を変えて贅沢させてしまったり、おやつで誤魔化したりすると、偏食が悪化しがちです。そうならないようにするためには、日常は主食(フード)を食べる事を大事にすべきと思います。

そうしておけば、いつか突然食べない日がきても、その理由もだんだんと見極められるようになってくるはずです。体調不良で食べないのか、わがままなのかも判断しやすくなると思うのです。

【食べムラ】【食欲不振】 
まず食べムラ(我儘による)のない子に育てよう

犬にとって”食べる”の意味は、ステージ(年齢や状態)ごとに微妙に違います。食べればよいという訳ではないのです。その時々に最適な食べ物を選ぶためにも、まずは基礎的に、我儘による”食べムラ/偏食”のない子に育てておく必要があります。

2.偏食の予防は将来にも繋がっている

偏食のない仔にしつけをすると、老犬や病気になって食が細くなってきた時も、ひどい拒食や偏食に陥るリスクを減らせます。

特に老犬になると、若い頃は出来たことも簡単には出来ないことがあります。この時になって、ご飯を毎日当たり前に美味しく食べられるということが、いかに素晴らしいか実感することとなります。犬生の中で、食事は大きな楽しみの1つですから、それを奪ってしまわないように、予防することは大事ですね。

【食べムラ】【躾/しつけ】 
我儘からくる食べムラ/偏食を躾ける意義

美味しいご飯を食べさせてあげたいのは、飼い主の思いです。しかしそこに、”いつまでも”という視点が意外に欠けているように思います。

老犬になり、闘病をし、介護になって、食欲は極端に落ちていきます。最後まで食べる喜びを与えるには、より美味しいものを食べさせるしかありません。

将来、今よりも何段階も美味しいもの与えようと思ったらどうします?
今が出発点なのです。

 

 突然、食事の変更を迫られることもあります

偏食

私は今、現実に14歳の老犬、龍馬の世話を行っている真っ只中です。
やはり老犬になると、どこかしら身体の不調が現れてきます。そして、治療のために療法食への変更を指示されることもあります。

療法食は好まない仔が多いと聞きます。

食事の変更を迫られた際の問題

我が家の龍馬も、腎臓結石やその他疾患がみつかり、フードの変更を余儀なくされました。しかし療法食を全く食べてくれなくなり、現在は使用は断念しています。
(サプリで補うことで、通常食で良いと許可を先生から頂いてますが)

元々龍馬は若い頃から偏食の多い仔で、工夫しても、1度食べなくなると基本そのフードは食べなくなる仔でした。

結果、私が根負けして食べてくれる物を次々と与える形になりエスカレートしてしまう。わがままを言えば、食べたいものが出てくると理解してしまい、悪化の一途でした。それでも諦めずに、やっと永く喜んで食べるフードをみつけました。それも療法食への変更であっという間に失ってしまいました。

療法食の変更が出た際に一応危惧していましたが、どこかで『今は食べてくれるようになったから大丈夫だろう』との過信があったのもいけませんでした。結果、危惧通りになってしまいました。

飼い主の悩みは深いもの

このように偏食の改善が若い頃からうまくいかないと、必要な際の食事を食べさせられなくなり、相当悩むことになります。

病気によっては、細かな成分調整が必要な場合もあります。食事管理が難しいということは、本犬の寿命を早めてしまう可能性もあります。
その時のことを考えたら、やはり若い頃から、おやつや好物だけ続けて与えるといった行為は、将来的なリスクになると身をもって言えます。

ちなみに、我が家にはもう1匹、2歳になる六花がいます。

この仔には普段から殆どおやつは与えていません。お腹を壊しやすい体質なので、食の選択肢が多くないのもありますが、1番は毎日の食事を楽しんでほしいからです。

彼はまだ若いので、偏食らしい状況になれば厳しめに対応しています。
将来、とびきりのご褒美があげたい時に楽しみはとっておきたいですからね。

【粗食】【食べムラ】【偏食】【食欲不振】 
食べればよいのではない。粗食のススメとネット情報の誤解

犬は本来、粗食に耐えられるものです。
というよりも、粗食でも健康に何らの害もなく、喜んで食べてくれる生き物のはずです。贅沢にしているのは、飼い主側にも問題がある場合が多いのです。

犬の食事は飼い主が、犬の一生を俯瞰して決めてあげるべきものです。そのためには、犬という生き物をある程度知る必要もあります。

  

 偏食になってしまったら、どう対応していくのか

偏食

1.起きてしまったら、試行錯誤の連続

偏食になると、食べてくれる方法を飼い主もなんとかして見つけなければなりません。しかし、老犬や食事に制限のある仔だったら、体調面を第一に対処しなければいけないので、安易にしつけをしたり、よくある改善方法を試すことができません。限られた条件の選択肢の中で試行錯誤するのは、通常の対応より、より困難になります。

我が家の龍馬はそんな状況の時に、過去最悪とも言える、拒食に近い酷い偏食に陥りました。実際に悩み、葛藤する過程は以下の記事を参照ください。

見えない出口に悩む飼い主たち〜侮れないペットの偏食〜

龍馬に病気が見つかり、療法食の指示が出て、そこから食事のムラが酷くなって行きました。ついには拒食に近い程まで食べてくれない時期もありました。工夫して色々試すも、すぐに飽きてしまう。当時の悩んで立ち止まってしまいそうになったことを記録しています。

意外に悪くなかった強制給餌〜侮れないペットの偏食〜

 悩んで考えて、一度はこのサイトも記録も、私には書く資格がないのでは思い詰めてしまいました。このサイトの主宰と樫村慧さんと、コメントで偏食のアドバイスをくれた方々の言葉に救われることになります。そして、一度は諦めた強制給餌での食事の与え方を、再度挑戦することにした記事です。

2.強制給餌は可哀そう?

自力では全く食べてくれない愛犬には、強制給餌という方法もあります。
強制と聞くと、最初のうちは行う事に抵抗があったり、正しく与えられるだろうかと不安に思う方も多いと思います。

中には、“強制給餌は可哀想なことをしてる” という意見もあったりします。
しかし、イメージと違う現実問題として、食事を与える手段がなくなると、愛犬が衰弱していくのです。それをを考えたら、可哀そうよりも先に、きちんと食事を摂らせることが大切なことになってきます。

長い期間、食事を摂らずにいると消化酵素が失われて、更に拒食が進みます。腸内細菌の栄養源は消化管を通る食物です。腸内細菌にもご飯を与えないといけませんから、この観点からも食事が摂れないことは良くないのです。

ここで違う角度から、強制給餌を考えてみればどうでしょう?
人間の赤ちゃんは離乳食を与えますが、ふやかしたり、ペースト状にして与えたりしますね。お母さん達が、食べてくれないことに苦労された体験談も、多く耳にします。

試しに ”食べムラ” で検索をしてみてください。単独ワードで情報を得ようとすると、食べてくれない赤ちゃんの情報ばかりです。

強制給餌も赤ちゃんの食事と同じことだと思うと、案外すんなり受け入れられることかもしれません。

 

 強制給餌について

偏食

強制給餌には、流動食をシリンジで与える方法や固形のフードを飼い主が入れてあげる方法などいくつかあります。まずは飼い主さんもやりやすい方法でチャレンジしてみると良いと思います。

私は、龍馬がシリンジを嫌がるのと誤嚥が怖かった為、まだ嚥下機能が落ちてないので固形フードでの強制給餌を選びました。

合わせてお水を飲みたがらない龍馬に、水の寒天ゼリーで水分補給する方法も思いつき開始しています。以前は水分が摂れずに困っていたので、これはとても良い発見でした。

その体験の詳細は以下をご覧ください。

我が家の強制給餌をお知らせします〜侮れないペットの偏食〜

固形の、団子状にしたフードの強制給餌の実際の与え方を記事にしています。始めたばかりは恐る恐るで、とても時間がかかっていたのですが、今ではかなりスムーズに与えられています。慣れると、意外に難しくないかもしれません。 (かなり動く仔や抵抗激しい仔はまた別だと思いますが)
水ゼリーに関しては、水分を摂らない龍馬のためにもっと早く気づけばよかったと思う程、今では毎日与えています。

 

 

 どうでしたか?

まとめ

どうしても食べてくれない場合の解決方法は、強制給餌以外にも様々あると思います。偏食でどうにもならない時の最終的な(最低限の)目標は、“きちんと栄養が摂れること” だと思うので、はたからみれば ”それってどうなの?” と思われる方法であったとしても、栄養が毎日きちんと摂れていれば、決してそれがダメなこととは私は思いません。

一足飛びに解決なんてありえないこと。気長にいきましょう。
昨日できなかったことが出来る様になった。それだけでも良いのです。

そしてもう少し頑張れそうなら、少し上を目指していって、それで後戻りしてしまっても、また1から考えていけば良いのですから――

龍馬の偏食は、私自身が龍馬が最期のときまで向き合っていかないといけない課題です。今後、今以上に状況や体調が悪化すれば、 更なる対策を迫られるときがくるかもしれません。

しかし――、愛犬の命に関わる様な事態まで陥った時も、諦めないでください。

飼い主ではどうにならずに、愛犬に命の危機が見えて来たときには、病院で行う栄養療法で乗り越えられるかもしれません。

次回は本シリーズ記事の最終回。
病院でできるかもしれない、動物医療としての偏食の対応について、触れていこうと思います。

――偏食・食べムラ ガイドブック ② 予防・対応編・つづく――

文:Rikka
 ▶ プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ Rikka:犬の記事 ご紹介
  

今まで経験した闘病中の記録や出来事、かかりつけの病院探し、愛犬との生活に関することなど中心に書いています。
犬の管理栄養士の資格を持っています。食べる事は生きること。闘病中の愛犬に必要な栄養に関してのこと、正しい食生活をおくってもらいたくて取得した資格です。
犬の管理栄養士_詔書

本サイトは、Teitterで毎日情報配信をしています。
※Teitterに登録しなくても読むことができます。 ツイッターマガジンへ

――次話――

次話は、治療・まとめ編です。偏食を動物医療の立場から見たらどうなるか?

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

 ペットの食事、関連の記事です

ストルバイト結石の治療の為に、手作り食で対応された飼い主の記事です。

ストルバイト結石の、実際の手作り療法食をご紹介します。

 同じ作者の記事です

 突如発症した愛犬の脱毛。飼い主はどうするか?

 脱毛を解決するまでの飼い主の格闘をまとめました。

 

 

© 2017 Peachy All rights reserved.