犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【癲癇|てんかん】7月16日 嵐の予感? それとも? ~発作は嫌いよ(23/31)~

ピーチーの闘病記:癲癇てんかん)編
ピーチーの癲癇闘病記

撮影&文|高栖 匡躬 (写真は元気な頃のピーチー)
 
当時を振り返り

ピーチーの癲癇と付き合っているうちに、気づいたことがありました。
発作の前には妙にピーチーが調子が良いのです。

「なぜだろうなあ?」
理由は定かではありませんが、本犬が脳の異常を事前に感じ取っていて、不安で行動が変わるのかもしれません。実は今もその理由は分かりません。

「最近調子良いなあ」は、「もしかしたら、そろそろ来るかも」という用心に変わりました。

 当時のブログより 

※文体は執筆当時のままです。

今日のピーチーは朝から元気でした。

が――、ちょっと元気すぎます。
どれくらい元気かというと、一番元気な盛りの3歳、4歳くらいのときに、散歩に連れて行けと言ってねだる時のような元気さです。

写真を撮ろうとしても、ブレてしまって一枚も撮れないほど。

こんな風にブレブレです

ブレブレの画像を繋いでアニメにしてみると

こんな感じ

もちろん、ずっとこれをやり続けているわけではありませんよ。
ひとしきり暴れてすぐにおさまり、またしばらくして暴れるという感じです。

実は、ここのところの発作の前は、こんな感じでした。
「なんだか今日は元気だな」
「目に力があって、若々しいな」
「よしよし、散歩に行こうな」

で、散歩で元気を発散させて、疲れて寝ていて、それで夜になって不意に発作という感じです。もちろん、元気な時はいつも発作が起きるという訳ではありませんよ。

最初に発作を起こす以前には、これくらいの”朝から元気!”っていうハッスル現象は結構ありました。もしかすると今回は、病的なものでは全然なくて、ストレスがたまっているだけなのかもしれません。ピーチーにはヘルニア(馬尾症候群)の疑いがあるので、このところしばらく、散歩を控えていたから。

でも――、やっぱりちょっと今日は元気すぎるかな――。
結局、心配なので、昨日の朝で3クール目が終わったイーケプラを、更にもう1クール始めました。獣医さんによると、毎日飲み続けても大丈夫なほど、副作用の少ない薬なのだそうですが、結構高いのが玉に瑕。
もう1クールやって、また様子を見ることにします。

眠くなったピーチーは、玄関に行って寝てしまいました。
僕の靴を蹴散らしてしまっています。

とりあえず、寝てくれれば

一安心です

――癲癇闘病記・発作は嫌いよ(23/31)つづく――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

発作は嫌いよ|24/31

愛犬の闘病が始まると、
”何も起きない”ことがどんなに素晴らしいことか気づかされますね。
当たり前の日々が、とても愛おしく思えてきて。
夕方の散歩道、遠い夕焼けを見ながら、
「ああ、今日は何もない良い一日だったな」
なんて思ったりするのです。

www.withdog.site

――前話――

発作は嫌いよ|22/31

頓服で飲み始めたイーケプラでしたが、効果を実感しました。
それ以前の経過からすると、著効と言ってもいいくらいです。
全ての犬や猫に同じとは思えませんが、当時は新薬で情報が乏しかったために、
情報共有の目的で実際に使用した感想をまとめました。

www.withdog.site

――この記事の初回です――

発作は嫌いよ|1/31

我が家の愛犬、ピーチーの癲癇闘病記です。
それはある日突然の発作からはじまりました。
予備知識もなく駆け込んだ救急病院。
発作は1回限りのものかもしれず、まずは様子見だそうです。
――僅かな希望
しかし、発作はその後も繰り返し襲ってきました。

www.withdog.site

おすすめの関連記事です

自己免疫不全|実は身近で起きていることかも

2015年のある日、我が家の愛犬ピーチーを病魔が襲いました。
最初は夏バテかなと思い、次に熱中症を疑いました。
かかりつけの獣医師も、熱中症との診たてでその治療を。

しかしピーチーの状態は悪化の一途。
ただならぬ状態に、未明の救命救急に飛び込み、そこで発覚したのが重度の肝炎でした。
結局後になって、それが自己免疫不全が引き起こしたと分かるのですが、まさか免疫の暴走が劇症肝炎を引き起こすなど、想像もしていませんでした。

ステロイドの体験談|怖がらなくていい

ステロイド剤は一般的な薬であるにも関わらず、必要以上に嫌われているように感じます。その原因として、適切な使用方法が行われておらず、そのために無用の副作用を被る場合が多いのだと想像できます。

要は、ステロイド剤は飲むのも工夫、減らすのも工夫なのです。

© 2017 Peachy All rights reserved.