犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【ピィ子の成長日記】どうして持ってこなくなったの?【心境の変化あり】

ピィ子の成長日記

うちにきて608日目 ~ピィ子の成長日記~
撮影&文|高栖匡躬
 

ボールで遊ぶのが大好きなピィ子。
「取って来い!」と言ってボールを投げると、咥えて戻ってきて、「出せ!」でポトリと落とすのがいつもの遊び方です。
しかし、ボールへの執着心が芽生えて、ポトリをしなくなりました。
その後のお話です。

 

 やはり顎力との兼ね合いか?

 

ブルテリアの顎力は犬界でも最強レベル。そして噛むのも大好き。

通常はボールを拾ってきて、また投げてもらうのが楽しいはずなのですが、丁度良い噛み心地というがあるようで、ボールに穴が開いて噛むと凹むようになると、執着心が爆発するようです。

遊びの最後には、飼い主が必ずボールを奪い返して終わらないと、ピィ子が「自分が勝った」と勘違いしてしまうために、取り返すのに一苦労です。
ひっくり返して、上に乗っかって、羽交い絞め。動けなくしてから咥えているボールをもぎ取ります。こうでもしないと、最強の顎が襲ってきます。
それでも出さない場合は、ひっくり返した状態で、口の中にペットボトルから水を注ぎこんだりします。

ピィ子の場合は、こうやって訓練をしていくうちに、噛むよりも遊んだほうが楽しいと思って、またポトリと出すようになり、そうしているうちにまた顎力が強くなってきて、執着というサイクルを繰り返しています。

 

そこで新しいアイデア!

軟らかいボールを使ってみました。
――すると!
執着心よりもずっと低いレベルの噛み心地なので、拾ってきたボールを「出せ!」と言わなくてもポトリと落としてくれました。

大成功。このまま柔らかいボールで遊べばいい。
そう思いました。
しかし――

 

なんとピィ子、その翌日から、柔らかいボールは追いかけはするのですが、持ってこなくなりました。タッチ&スルーという感じです。

どうやら、噛み応えのあるボールでないと、遊びにならない模様。
狩猟本能で追いかけてはいくのですが、そこで興味を失うようです。

仕方なく、また野球のボールに戻して、トレーニングを再開。
なかなか思うようにならないピィ子です。

 

4月11日~4月17日のツイッターです

ピィ子の成長日記|57

ピィ子、コギさんこんにちは!

発作は嫌いよ|27/31

ピィ子、ネムネムだから放っといて!!

ピィ子、ごはんに釣られちゃった!!

発作は嫌いよ|28/31

ピィ子、また雨かぁ⤵︎

ピィ子、今日は寒いからポンチョ復活!!

発作は嫌いよ|29/31

ピィ子、ボールは出せるよ!!

ピィ子、今日は猫の気分!!

ピィ子、あっ瞬間清涼!!

 

4月18日~4月24日のツイッターです

ピィ子、柔らかボールはすぐに出すよ!!

ピィ子、最後の格闘かな?

発作は嫌いよ|30/31

ピィ子、氷結DOGって知ってた?

発作は嫌いよ|31/31

ピィ子、今日はピンクのボールにしたよ!!

ピィ子、スローで取って来る〜!!

ピィ子、やったー猫マンマだー!!

ピィ子、嬉しい時は飛び跳ねて座るよ!

 ピィ子について

f:id:masami_takasu:20190831133944j:plain

毎度ですが、ピィ子についてお知らせしておきます。

名前:ピィ子
血統書登録名:ピーチー
生年月日:2019年6月28日
犬種:ミニチュア・ブルテリア
性別:メス
今分かっているピィ子のこと
性格:陽気、細かいことは気にしない、頑固者、意固地
人見知り:全くなし
犬見知り:しない。人も犬も大好き。
空気を読まない:遊んで!の熱意がすごい。
その他:大食い(と思っていたが、実はそうでもないかも)
犬種の特性
要注意:顎が恐ろしく強い(犬の中ではチャンピオンと言われる)
痛みに強い:病院で注射されながら、尻尾を振る
水:とてもよく飲む

 

――ピィ子の育児日記――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

さて、次回はどうなるでしょうか?

――前話――

ピィ子の成長日記|57

うちにきて594日
ピィ子に困ったことが起きています。
ボールへの執着心が爆発しているのです。
これまでもそういう時がありましたが、またその波がやってきたようです。
顎力最強のブルテリアなので、取り上げるのが大変。
またトレーニングです。

www.withdog.site

 

――育児日記の1話目です――

ピイ子がうちにきて1週間
飼育本の躾テクニックは、真似しても上手くいった試しがありません。
よそでは上手くいっても、うちの子は違うということですね。
ということで、試行錯誤の記録です。
まずはトイレと、甘噛み、座れから。

 我が家が先代犬のピーチーを迎えたときのこと

偶然に手に入れたマンション。
引っ越してからわかったのですが、なんとそのマンションは、当時にしては珍しい、ペット可の物件でした。

マンションがペット可とだ気が付いたのですが、すぐに犬を飼おうとはなりません。命を預かるのですから覚悟が大事です。最後まで面倒が見られるかな?
――まだまだ迷いがありました。

ペットショップからの電話で、予約していたアイパンチのブルテリアがお店に来たことを知った筆者。あまりにも突然で、心の準備がまるでありませんでした。

 犬を飼うということ

『犬を飼うということ』は当サイトのサイト名。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

 もう一度、犬を飼うということ

愛犬ピーチーが去って、3年。
少しだけ寂しいけれど、その寂しさを楽しむ毎日。
次の子は? 
と考えなくもないけれど、是非にという気持ちでもなくて――
そんな中で、1枚の写真が送られてきました。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.