犬を飼うということ

いつまでも君と……

【低アルブミン血症】4月23日 効いたかな? 一喜一憂の2日目 ~ルイの闘病記(2/16)~

f:id:masami_takasu:20171126065253j:plain

撮影&文:まる

――当時を振り返り――

前日の先生からの説明は、一瞬にして私の思考回路を混乱させてました。
私は、家に帰ってからもしばらく呆然自失で、なにも手につかず。
ルイの深刻な状態に、これまで気づかずにいた自分の愚かさに、後悔するばかりでした。

この日は、治療の2日目です。

――以下、ブログより――

今後はこのブログ、ルイの闘病日誌になります。

まずは、記録として昨日の検査結果です。

f:id:masami_takasu:20171126065512j:plain

そして治療の2日目。
午前中に点滴と、ステロイド注射をしてきました。

そして昨日――
突然のことに動揺していて、聞かなかったルイの病名についても聞きました。

先生は、「内視鏡検査で確認しないと、はっきりと病名は診断できないけれど」と前置きをしてから、「リンパ管拡張症を疑っています」と言われました。

そして、他の可能性として「炎症性腸炎、リンパ腫があります」とのこと。
それの疾患によって、蛋白漏出性腸炎症、低アルブミン血症が起きているのだそうです。

いずれにしても完治は難しく、難病です。

今日は腸のお薬2種類を処方されました。

1つ目は『ベジタブルサポート』1日3回。
これはサプリメントで腸内環境を整えるお薬。

2つ目は『フラジ―ル』1日2回。
これは腸の炎症を抑える抗生剤。
このお薬がちゃんと飲めたら、明日は点滴は受けないで、ステロイドの注射のみを受けに行きます。

f:id:masami_takasu:20171126072711j:plain

今日はステロイドの効果が早くも出たのか、パンパンに張っていたお腹の腹水がほとんどなくなったようです。
とても元気で食欲もかなりあります(^^)

朝の散歩で、最初久しぶりの固形のウンチが出て「おっ!(*^^*)」と喜んだのですが、それも束の間。すぐにもう一度したウンチが泥状の便でした。

明日はもうちょっとよい状態になってるといいな。

――【低アルブミン血症】闘病記・つづく――

文:まる

――次話――

――前話――

――おすすめの、まとめ読みです――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。