犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】4月15日 アトピカの血中濃度はまだ上がらず ~先の見えない、はじめの半年(14/16)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20180701125728j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

今日もチョコラッの血液検査です。
結果は下記。

PCV(29.2)→33.8  基準値37.3〜
RETIC(24.0)→17.8  基準値10.0〜
カッコ内が前回数値

PCVが上がり、やや貧血が良くなったけど、前回減ったRETIC(赤血球の赤ちゃん)が更に減った。
入院点滴したガンマガードの効果がいよいよ無くなりそう。

2週間前から始めたアトピカの効果はまだ出てない。
2週間〜4週間後に結果が出てくる薬だから、これからが勝負。

1週間後にまた血液検査だから、そのときにアトピカの効果が出てるといいな。

※1アトピカの効果については、記事後半に追記あり。

今日からの薬

プレドニン1日1.5錠
アトピカ1日1カプセル
アモキクリア(抗生物質)1日1錠
ランプラゾール(胃薬)1日一包

 免疫抑制剤のセルセプトは、今日から中止。
なので、免疫抑制剤はプレドニンとアトピカ2種類。

体重が減るのでフードを増やしたら、お腹ばっかり出てきて、脚とかの筋肉はヒョロヒョロのことを相談すると、プレドニンの副作用です、と。

チョコラッは何かとプレドニンの副作用が出やすい。
アトピカは今のところ副作用なし。

f:id:masami_takasu:20180701130231j:plain
診察前のおふたり

f:id:masami_takasu:20180701130300j:plain
診察後の疲れきったチョコラッ

以下はメモ書き。基準値から外れてる項目。

RBC4.81
Hb11.1
リンパ球607
好酸球0
Plat509

肝数値測り忘れ。次回に調べます。

注1 編集部追記
アトピカの主成分である、シクロスポリンの血中濃度は ”安定” するまでに3週間かかるとされていますが、効果は血中濃度の安定よりも早く現れる可能性があります。

 

f:id:masami_takasu:20180701130114j:plain

今日のチョコラッの病院は、朝早い時間しか予約取れなかったため、いつも一緒に行く主人の都合が合わず。初の1人受診でした。

早い時間だから、電車とバス混んでたらどうしよう!って心配しだけど、土曜日だからか空いてて、ホッε-(´∀`; )

バギーでの電車は、回数こなしてもキンチョーする。

「誰も見ちゃいないよね?」
自意識過剰を払いのけようとしてるときに限って、小さい子供が「ママー!ワンワンいる!」と騒ぎ出したりするから、冷や汗タラタラ。(・_・;

「赤ちゃんのワンワン!」
と言われたティアラさん
f:id:masami_takasu:20180701132025j:plain
ちっこくて童顔だけど老犬です・・・

思い込み、勘違いが日頃から甚だしいので、診察中は間違えないように必死で先生の話聞いて、診察室から出たらソッコーメモ!

記憶力も乏しいのです・・・。

 

――【非再生性免疫介在性貧血】まずは半年(14/16)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。