犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】5月24日 チョコラッまずまず良好 ~1年生存率5割って(5/22)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20180916131629j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

チョコラッ10日ぶりの血液検査に行ってきました。

結果は良好(╹◡╹)

PCV33.3(前々回)→36.4(前回)→36.9(今回)
※通常の値は37〜
RETIC2.5→3.8→7.7
※基準値 10.0~

相変わらず基準値には満たないから貧血に変わりはなく、良好とは言えないのかもしれないけど、みるみる赤血球の値が下がっていく恐怖も体験すると、このやや基準値に満たない値で横這いというのは、有り難いです。

心配していたRETICは上がってきたし。
お薬はプレドニンが減薬になり、次回は2週間後です。

昨晩、チョコラッの呼吸が荒かったのが気になって相談したら、
「今は普通の呼吸だから、大丈夫だと思います。免疫を下げているので肺炎に気をつけないといけないけど、肺炎になったらずっと呼吸が荒くなるので肺炎ではないですね」って。

チョコラッ、今日はご機嫌で大興奮で先生に挨拶してた(笑)
何度も来てるから診察も慣れっこになった。

動物病院の帰りに
f:id:masami_takasu:20180916131358j:plain
お気に入りのドッグカフェに行ったよ^ - ^

早くそのワンワンクッキーちょうだい!のティアラ
f:id:masami_takasu:20180916131452j:plain
手前に写ってるのがいつもワンズが楽しみにしてる、
ワンワンクッキー^ - ^

扉の写真は、クッキーに目が釘付けのチョコラッです。

チョコラッ、このまま容体安定しますように。
いつも気にかけて頂き、応援して頂き、
本当にありがとうございます。╰(*´︶`*)╯♡

 

f:id:masami_takasu:20180916132558j:plain

さて、ワンズと夜ベッドで寝るようになって、困ったことはワンズが自分でベッドから降りられず、お水だ!トイレだ!と夜中に起こされること。

それで・・・やっと、
f:id:masami_takasu:20180916132353j:plain
主人がDIYで給水器を
ベッドに取り付けてくれました〜╰(*´︶`*)╯<>

これで夜中起こされる回数減るかな〜って思ったら・・・
取り付けた場所が悪かったのかな?

私の枕元に付けたもんだから、夜中に飲む音がガッタガッタ煩くて目が覚めるわ、
チョコラッ眠いからか、飲み終わったらそのままそこで寝るわで。(u_u)

チョコラッ・・・そこは私の枕なんだよ。どいてくれないかな?
結局、度々目が覚めることに変わりなくです。(´・ω・`)

2つ上の写真は、寝たままガルガル遊んでる、日常のワンズ^ - ^
大抵ティアラが、遊んでよー!!って誘って、チョコラッがうるさいなーって付き合うの。

でも、こうやって2匹で遊ぶときは、チョコラッの貧血具合が割と良いときだからホッとする。

この格好!
ティアラは一体、どうなっちゃってるんでしょうね(笑)
f:id:masami_takasu:20180916133008j:plain
(左ティアラ、右チョコラッ)
思いっきり遊んでもらえるようになって
良かったね、ティアラ^ - ^

 

――【非再生性免疫介在性貧血】1年生存率5割って(5/22)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

明明後日の配信予定です。
(変更される場合があります)

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の最初の記事です――

――この連載の最初の記事です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。