犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】8月18日 血液検査、横ばいでした ~1年生存率5割って(15/22)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20181014144547j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

チョコラッの血液検査行って来ました。

数値は横這い――
とは言っても、これまで1週間に1%のスピードで下がっていたPCV(血球容積)が、今回下がらなかったのは凄いことです。

アトピカ倍量にしたのが効いたみたいでホッとしました。
薬変えずに1週間後にまた血液検査です。

 リンパ球が相変わらず1350と高いのが心配で
「免疫抑制出来てないってことですか?」
って先生に聞いたら、
「1350は機械で出してる数値だから誤差があるんです。顕微鏡で数えたら300位でしたから大丈夫です」
って言われてビックリ!

「え?目で見て数えられるの??」
素人考えで、1立方辺りを掛け算してだすのかな?とか思ったけど、それにしても凄くない? これがリンパ球でって分かって、更に数えるって聞いて本当ビックリしちゃった。

「リンパ球が少ない分、好中球が増えて・・・」云々説明されたけど、
ただでさえ私、他人の話が理解し辛い病気なのに、もう頭がパンクしそうだったから、
取り敢えず病気に大きく関わるPCVと、RETICとリンパ球辺りを抑えておいて、後は流しました。

まだまだ綱渡り状態ですが、副作用の強いお薬を今のところ使わずに済んで良かった。いつも応援本当にありがとうございます。m(__)m

扉の写真は、お薬待ちのおふたり。

 今回の血液検査結果、覚書です。

RBC4.66 (基準値5.65〜8.87)
PCV31.5 (37.3〜61.7)
Hb11.1 (13.1〜20.5)
RETIC11.2 (10.0〜110.0)
リンパ球1350 (1050〜5100)
↑ 免役下がると数値下がる。1050より低くないと免役抑制剤効いてない。

こちらは薬の覚書。


プレドニン5mg(免役抑制剤) 1日1錠
アトピカ25(免役抑制剤)1日2錠(朝1夜1)
ランソプラゾール(胃薬)1日一包
オーグメンチン錠125(免役下げてるための抗生物質) 1日1錠(半錠を2回)

サプリ
ムーヴマックスIII(椎間板ヘルニア)半錠
ウロアクト(圧迫排尿のため尿道炎予防)1錠
ビフィズス菌(抗生物質でお腹緩くなるから) 1日1錠

 

 

f:id:masami_takasu:20181014143959j:plain

今通ってる動物病院は予約制。
人気のある先生だと1週間後迄予約ビッシリ!

チョコラッの血液検査、1週間後に来て下さいと言われると・・・もう時間選べず。
場合によっては診察時間外に詰め込まれる。

昨日の診察は、いつも我が家は寝てるんですけどって時間に、行くことになってしまました。

診察終わってお薬待ち
f:id:masami_takasu:20181014144151j:plain
ティアラさんは元気かな?

帰ったら私もうヘロヘロでね、頭痛いわ、気分悪いわ、身体中バキバキだわ、こんな具合悪いのある??って感じで、明日の朝の散歩は免除してくれ〜!って願いながら寝たの(笑)

そしたら翌朝、ティアラ朝ゴハン食べたら・・・スタスタとベッドに帰ったの!!
えーっ?! いつもゴハン食べたら、「さ・ん・ぽ!!٩( ᐛ )و」って騒ぐのに。

ティアラも疲れきってたんだね(笑)
まだ寝かせてくれよ(´-`).。oO、って感じだったのかな?

チョコラッはマイペースと言うか、ひたすら寝て普通に戻ってたよ。

次回はなんとか午前中に予約取れて良かった。
また1週間ガンバロ^ - ^

 

――【非再生性免疫介在性貧血】1年生存率5割って(15/22)・つづく――

文:らぶプー

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の最初の記事です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。