犬を飼うということ

いつまでも君と……

【アトピー】【アレルギー検査】なんと、あの大好物が~~~ ~ハナのアレルギー検査(3/4)~

ここは『ハナちゃんの動物病院』です。

ついに検査の結果が出そろいました。

これでカイカイとお別れかな~
なんて思っていたら、なんと、ショック!

f:id:masami_takasu:20171105145158g:plain撮影&文:ハナちゃんママ この記事は2017年7月に執筆されたものです。

ハナのアレルギー検査ですが、待っていたリンパ球反応性検査結果が届きました。
これは、食物アレルギーのもう一つの検査です

検査結果が出そろったので、前回の検査結果、IgEの結果と合わせて判断します

 

f:id:masami_takasu:20181007151942j:plain

要注意は、1.2%以上のトウモロコシ・タラとなっていますが、できれば、0.4%以上の食物は避けたほうが良いとのことです。

こちらは、検査1のIgEの方です。

f:id:masami_takasu:20181007152108j:plain

IgE の結果では、100以上の牛肉・羊肉・が要注意でした。

99以下のものは、アレルギーになる危険性は低いといわれています。
これも、できれば、50以上のものは与えないほうが良いと思います。

どれにも引っかからない食物で作られたドックフードを選ぶか、除去食療法でいくか、検討してみます。

ドックフードの原料の植物性油脂は、大豆らしいし、動物性油脂だって魚油だって、何の脂を使っているのか確認しなくちゃ。

頭、痛いです。

 

f:id:masami_takasu:20181007152436j:plain

これは夏祭りの子供神輿に興奮しているハナ。

さて、これまでに何度か、トマトが大好きだと何度かお伝えしてきたハナですが――
アレルギー検査の結果から、じゃがいもにアレルギーがあると分かりました。
じゃがいもに交差性のあるものにも、アレルギーの可能性があるようです

とすると――、なんと――

大好物のトマト

ダメみたいなんです。
毎日、たくさん食べていたのに。

トマト
f:id:masami_takasu:20181007153533j:plain
大好き!

ハナの場合、トウモロコシにもアレルギーだから小麦・アワ・米・ダイズ・ピーナッツも交差性があります。大幅に食事制限がかかります。

処方食は、これにしています。

f:id:masami_takasu:20181007153423j:plain

Z/dの、ウルトラアレルゲンフリーのほうでやってみたいと思っています。 

■読者からのコメント:
え~
ハナちゃんトマト食べれないんですか‼︎
私がケーキ食べれないくらい辛そうですね
アレルゲンと交差性は人も同じですが
いろいろな原因があるみたいで、
興味深いです。
■ハナちゃんママからの回答:

コメントありがとうございます
検査をしたせいで、食べられないものばかりになりました。

牛乳・卵・小麦・ダイズ・牛肉・魚・トウモロコシやその原料で作られているもの・そしてそれに交差性のあるもの

老後を快適に過ごすための検査が、食いしん坊のハナにはかわいそうな結果となりました。

でも、お高い処方食を食べるからには徹底しないと意味ないですしね。頑張ってもらいます。

 ●

ハナちゃんママからのアドバイス

アレルギーの原因がわかっても、その結果を毎日の生活の中にどう取り入れていくかが大事です。

ハナの食物アレルギーには、Z/Dウルトラアレルゲンフリーを使いました。
喜んで食べてくれるのですけれど、下痢になってしまいました。

次に、ロイヤルカナンのセレクトプロテインダック&タピオカを試してみましたが、これは、大丈夫でした。
ハナは、このフードを食べることで痒みや赤みが改善し、ほとんど痒み止めを使わなくなりました。

――編集部より――
ここでご紹介したものは、病気を疑ってみる初歩的な知識です。もしもご家庭のワンちゃん、ネコちゃんに該当する症状があったら、すぐに動物病院を受診なさってください。

皆様の愛犬、愛猫の健康を祈って
――いつもやさしい、ハナちゃんママの動物病院はこちら――
f:id:masami_takasu:20171105145302j:plain
日光どうぶつ病院

――次話――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――ハナちゃんの動物病院・初回の記事です――

――おすすめの記事です――

――猫の診察記です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。