犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

変顔がいいね、ブルテリア ~あんこがうちにくるまで~ 【はじめての犬を飼う】

その変テコな犬の名は「ミニチュア・ブルテリア」
うちの子がうちにくるまで|No.1 f:id:masami_takasu:20171031091118j:plain

撮影&文|あんこおかしゃん
 
今日のお話は
ブルテリアという犬を知っていますか?
トボケタ顔が特徴で、一見お間抜けに見えます。
そして――、レアな犬種なので、なかなか出会えません。
あなたがもし飼いたくなって、犬のことを知っている人に意見を求めると、きっとこう言われるでしょう。
「飼いにくいから、やめた方がいいよ」
そうこの犬、元は闘犬で、躾が大変だと言われているのです。
今日は、そんなブルテリアがどうしても飼いたくなった一家のお話です。

 

4人の子持ちのおかしゃんはね、昔からいつかはワンを飼いたいと、ずっと夢見ていたんです。

でも、夢と現実の差はでっかいですよね。
結局はずっと、実現できずじまい。

いつしかワンと暮らす夢なんて、忘れかけていた……、そんなときでした。
末っ子のかんたしゃんが、お仕事の帰り道に偶然に、おもろい顔した変テコな犬を見かけたんです。

その変テコな犬の名は、「ミニチュア・ブルテリア」

知ってしまったら、どうしても飼いたくなるまで、さほど時間はかかりませんでした。こういうのって、やられちゃったって言うんでしょうね。

 

f:id:masami_takasu:20171031091132j:plain

はじめは無理だと思っていたんですよ。これでも

でもね…
飼いたいな。無理かな?
やっぱり飼いたいな。でも無理かな?

ああ~~!!
ど~~~っしても飼いたい!!!
ってなっちゃって。

「4人の子供達を生んで育ててきた私。あの怒涛の日々を、なんだかんだ楽しんで、乗り越えてきた私じゃぁないの!!」
「無理じゃないだろ……!!!」

その日から、休みのたびにあっちのペットショップ、こっちのペットショップと巡り歩いたのでした。運命の子にきっと会えると信じて……

 

f:id:masami_takasu:20171031091208j:plain

そんなある日、インターネットをみつめるかんたしゃんが、目を輝かせました!

それは、『ホットブリッツ』という犬舎のブログ。そこには、3頭の姉妹の子犬の写真が載っていました。

すでに2頭は、オーナー様ご決定。
でも、姉妹の一番上の子が、まだ残っていたんです。
まさに! まさに、この子こそが、我らの「あんこ」になるわけです!!

何度も、何度も、繰り返し見ました。
まだちっちゃい、その子の写真を。

アイパンチとまろ的なマユゲがあり、とっても高そうに感じました。
我が家では手がだせないかな……、なんて思いました。
それでも、何度も、何度もくりかえし見た写真。
そして勇気の問い合わせ。

担当していただいた『ホットブリッツ』のササキさんは、私達のどんな小さな質問にもわかりやすく丁寧に答えてくれてました。

かんたしゃんと私の、ブルテリアを飼いたいという、強い思いもは日に日に募り、ずっと反対していたおとしゃんもやがて、「ほんじゃぁ、一回逢ってみよう」という気持ちに変わりました。

そして、名古屋にいたその子を、ササキさんが東京まで連れて来てくれたんです。

そして――
ついに!!
鈴木家は、その子に出会いました!!!!

 

f:id:masami_takasu:20171031091226j:plain

「一緒に帰ろう!」
家族全員が思ったのは、その瞬間でした。

これから一生責任もって飼うとか、覚悟をきめるとか、そんなんじゃなかったんです。ただ、一緒にうちに帰ろうって、ふつうにあたりまえのようにそう思いました。

今、思えば、確かにそう……
あれこそが、運命の出会い。

2013年1月21日、東京にしてはめずらしく降り積もった雪が残る中、あんこはダンボール箱に入って鈴木家にやってきました。あんこのために用意した小屋の中で、おじさんみたいな変テコな顔のちっちゃいあんこ。

 その日から愉快な鈴木家はまさに、あんこ中心の生活に一変しました。

あんこと暮らす日々の中で、ずっと一緒に生きていこうとか、あんこをひとり残して死ねないとか、ぜったいに守りぬくとか、たくさんの決意や覚悟を、あんこから教えられたと思います。

ああ、この記事をかいてよかった。
なんだかあんこが、今までよりさらに愛しくなりました。

 

あんこちゃんは、時々TVにも出演するアイドル犬(?)。ちょっと太り気味なのと、困った眉毛が付いているのがチャームポイントです。

――あんこがうちにくるまで|おしまい――

(参考)2001年頃のブルテリア事情はこんな感じでした

うちの子がうちにくるまで|No.1
犬の名前:あんこ
犬種:ミニチュア・ブルテリア
飼主:あんこおかしゃん
 
うちの子がうちにくるまで、とは
愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイです。
こんな効果もあります:愛犬、愛猫を今すぐ100倍可愛くできる、最も簡単な方法
 
犬や猫と暮らすあなたへ

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。
平均年齢でいえば、15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。
我々はそこで大きな決心をし、葛藤を乗り越えたからこそ、今、犬や猫と暮らしています。

どうかその思いを、忘れないでください。
その時の思いがあれば、我々はどんな時でも犬や猫と暮らしていけます。

【飼えるかなより

 ――うちの子がうちにくるまで|次話――

――うちの子がうちにくるまでとは――

まとめ読み|うちの子がうちにくるまで(犬)①
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

 あんこさんが登場する記事です

 猫のうちの子がうちにくるまで

 愛すべきブルテリアたち

うちの子がうちにくるまで(ブルテリア編)――

 
 

 
 

 出典

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.