犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【子犬の躾|44】反抗期第2波なのか?【また布団でオシッコ】

ピィ子の子育て日記

うちにきて412日目 ~ピィ子の育児日記(その44)~
撮影&文|高栖匡躬
 

このところピィ子の反抗期のことばかり書いていますが、実際のところそれが一番困っていて頭を悩ませている問題です。先代犬のピーチーには反抗期がなかったので、初めての経験です。

つくづく犬というのは、個体差が大きいのだなあと思います。

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

 この2週間(9月27日~10月10日)は、反抗期第2波か?

何度も書いているような気がしますが、ピィ子が反抗期に突入したのは、6月28日の1歳の誕生日でした。すでに3ヶ月を過ぎています。
ネットの情報を見ると、反抗期というのはすぐに終わる子もいれば、1年続く子もいるそうです。1年と言えば気の長い話です。

ピィ子の反抗は以下のようなものです。

【ピィ子の反抗期】
①トイレとは違う場所でオシッコする
②食事拒否
③散歩拒否

3か月反抗期と付き合っていると、どうもこの反抗期といのは、波があるように思えます。①も②も③も、改善してきたなあと思うとまたやりはじめます。

3つの中で一番困るのは①です。特に飼い主の布団でオシッコをするのは被害甚大です。ここ最近ではしばらく無かった布団でのオシッコを続けざまにやらかしました。

一度布団禁止令を出したことがあり、それで反省したと見えて、1ヶ月ほどして布団禁止を解禁したあとは、まったく失敗する気配もありませんでした。トイレの失敗はあっても、布団ではもうしないだろうと、かなり確信していたのですが。続けざまに2度やってしまいました。

2度のうち1度は、布団、毛布、枕と寝具3点セットのすべてがやられ、その後のは布団と毛布が被害を受けました。それは1度の中で複数個所に被害が及んだのか、それぞれに個別にやったのかはわかりません。最低2度、最大5度やっているわけです。

現在は2度目の布団禁止令の最中です。

 

 反抗期は複数の症状があっても1つの現象と思われる

ピィ子の反抗期は3つの症状だと書きましたが、観察しているとそれぞれの症状は度合いが異なっていますが、完全に独立しているのではなく、反抗期という原因から3つの症状が発現しているようです。

例えばフードを機嫌よく食べるときには、オシッコの失敗もありませんし、散歩も軽やかです。フードを完全拒否のときは、オシッコの失敗があって、散歩も渋々です。面白いものです。

考え方を変えれば、もしかすると1つのことが改善すれば、他も改善する可能性があるのかもしれません。

 

 どうやら構ってほしいらしい。それならば――

ピィ子を見ていて思うのですが、反抗期の実質のところは、もっと自分を構ってほしいというアピールのように思えます。

先代犬ピーチーとピィ子の違いは、ピーチーは留守番の時間がとても長かったです。飼い主が忙しかったので、1日8時間以上の留守番は当たり前でした。現在は家での仕事が多いので、ピィ子の留守番は長くて3時間くらいです。だからこそ、甘えっ子になったのではないかと推測しています。

甘えっ子はそれはそれで可愛いですが、とはいえずっと付き合っているわけにもいきません。そこで考えたのは、服従訓練をもっときちんとやろうということです。飼い主と犬との序列をしっかると示してあげる方が、ピィ子にとっても幸せの思うのです。

今やっていることは、脚側歩行をしっかりとやらせること。散歩に行く前は玄関で座らせて、「よし」というまで外に出さない。ご飯は10分たって食べなければ片づけてしまう(これは前からやっていましたが、最近は徹底させています)。ご飯を食べない時には間食もさせない。今のところ2食続けて抜くことが数回ありますが、体重を管理しながらやっています。

反抗期に特効薬というものはなさそうなので、気長に付き合っていくつもりです。
しかし、早く抜けてほしいものです。

 

 叱る時にはこうしています

ピィ子が飼い主の布団に上がろうとすると、叱ってやめさせます。
ここで大事なのは、飼い主が怒っていることを伝えることです。ではそれをどうやってやるか?

我が家では虐待になるような体罰はしませんが、室内用のスリッパでバシリと叩きます。自分の体で試してみたところ、大きな音はしますが、痛くはありません。
関西の方ならよく知っていらっしゃるでしょうが、吉本新喜劇でよくみるハリセンチョップのようなもです。

スリッパを振り上げると、ピィ子は叱られると思って目を瞑ります。
「ああ、やられる~!!」
という、絶体絶命の顔です。しかし痛くはありません。
しばらくは尻尾を足の間に収めていますので、飼い主の怒りは伝わったはずです。

 

このように書くと、ピィ子はさぞやスリッパを怖がっているかと思われるかもしれません。しかしそうではありません。

目を離した隙に、ピィ子はスリッパを咥えて持ち去って、ガジガジやっていました。それが上の写真です。

さあ、どうなっていくでしょうか、ピィ子の反抗期。

 

 

9月27日~10月3日のツイッターです

#うちの子がうちにくるまで 犬-27-1|ちぃ

ピィ子、やっと散歩に行ったぁー!!

ピィ子の育児日記|43

ピィ子、やられたらやり返す!!!

#うちの子がうちにくるまで 犬-27-2|ちぃ

ピィ子、やっと晴れたねぇ!!!

#うちの子がうちにくるまで 猫宅-6|外猫さん

ピィ子、アタチ、ボール壊してないよ!

ピィ子のお友達①

ピィ子のお友達②

#うちの子がうちにくるまで 犬-28-1|れん

ピィ子、ねえ、そこのボール頂戴!!

#うちの子がうちにくるまで 犬-28-2|れん

怖い夢を見ちゃった😱

#うちの子がうちにくるまで 猫宅-7|外猫ちゃーの子供たち

ピィ子、ワーイ、ボール遊び!!

ピコがうちにくるまで

早くボール投げて!

6年前の今日のピーチー

10月4日~10月10日のツイッターです

#うちの子がうちにくるまで 猫宅-8|空の子達と、外猫・風

ピィ子、布団禁止令が出ちゃった⤵︎

#うちの子がうちにくるまで 犬-29|太郎

ピィ子、脚側歩行の練習中だよ!!

#うちの子がうちにくるまで 猫宅-9|彼女ほか3匹

ピィ子、白いヒガンバナ見つけた!!

#うちの子がうちにくるまで 犬-30|りく

ピィ子、お、ツアートラック!!

#うちの子がうちにくるまで 猫宅-10|まろの出産と彼女

ピィ子、今日はボールで遊べないかな…

ピィ子、退屈だから遊んで!

#うちの子がうちにくるまで 犬-31|さくら

ピィ子、欠伸が出ちゃうよ!!

#うちの子がうちにくるまで 猫宅-11|月

ピィ子、雨だから、寝ちゃう!!

 体重の変化


【うちに来てからの体重の変化】

9月8日の体重|3.4Kg 
9月14日の体重|4Kg 
9月21日の体重|4.4Kg 
9月28日の体重|5Kg 
10月6日の体重|5.5Kg 
10月13日の体重|6.1Kg 
10月20日の体重|7.1Kg 
10月27日の体重|7.4Kg 
11月3日の体重|7.6Kg 
11月10日の体重|8.1Kg 
11月17日の体重|8.8Kg 
11月24日の体重|10Kg 
12月1日の体重|10Kg 
12月8日の体重|10Kg 
12月15日の体重|10Kg 
12月21日の体重|10.2Kg 
12月29日の体重|9.55Kg 
1月5日の体重|11.25Kg 
1月12日の体重|11.2Kg 
1月19日の体重|12Kg 
1月26日の体重|12Kg 
2月2日の体重|11Kg 
2月9日の体重|11.5Kg 
2月16日の体重|12.9Kg 
2月23日の体重|13.35Kg 
3月1日の体重|13.3Kg 
3月8日の体重|13.0Kg 
3月15日の体重|13.0Kg 
3月21日の体重|12.9Kg 
3月28日の体重|13.0Kg 
4月5日の体重|13.15Kg 
4月12日の体重|13.4Kg 
4月19日の体重|13.45Kg 
5月2日の体重|13.45Kg 
5月31日の体重|13.4Kg  
6月21日の体重|12.95Kg 
7月5日の体重|11.95Kg 
7月19日の体重|13.7Kg 
8月2日の体重|14.1Kg 
8月16日の体重|14.05Kg 
9月13日の体重|14.15Kg 
9月27日の体重|14.40Kg 
10月11日の体重|14.25Kg  これが今回
 

 ピィ子の目標

f:id:masami_takasu:20200913142204j:plain

【今のピィ子の目標】
①絶対に人も犬も噛まない
 → 甘噛みトレーニングは続いています。
②「伏せ」が、いつでもどこでも、長時間できる
 →オヤツで釣ったら「伏せ」はできるようになりました。
 → 遠くからのコマンドによる「伏せ」は、まだできません。
【これまでに達成できたプチ目標】
①座れ
②待て
③興奮時以外では、甘噛みはほぼしなくなりました。
④「座れ」、「座って待て」は、ほぼ出来るようになりました。
⑤室内トイレはもう大丈夫だと思います。
 

 ピィ子について

f:id:masami_takasu:20190831133944j:plain

毎度ですが、ピィ子についてお知らせしておきます。

名前:ピィ子
血統書登録名:ピーチー
生年月日:2019年6月28日
犬種:ミニチュア・ブルテリア
性別:メス
今分かっているピィ子のこと
性格:陽気、細かいことは気にしない、頑固者、意固地
人見知り:全くなし
犬見知り:しない。人も犬も大好き。
空気を読まない:遊んで!の熱意がすごい。
その他:大食い
犬種の特性
要注意:顎が恐ろしく強い(犬の中ではチャンピオンと言われる)
痛みに強い:病院で注射されながら、尻尾を振る
水:とてもよく飲む

 

――ピィ子の育児日記――

文:高栖匡躬
 ▶プロフィール
 ▶ 作者の一言
 ▶ 高栖 匡躬:犬の記事 ご紹介
 ▶ 高栖 匡躬:猫の記事 ご紹介

――次話――

うちにきて426日

相変わらずピィ子は反抗期。
少し良くなったら、またぶり返すの繰り返しです。
最近試みているのは、主従関係をはっきりさせること。
基本は良い子なのですが、時折反発心が顔を出します。
意地っ張りの頑固者です。
根競べですねえ。

www.withdog.site

 

――前話――

うちにきて398日

ピィ子の反抗期も、既に1ヶ月がたちました。
症状は次の3つ。
・トイレと違うところで用を足す
・ごはん拒否
・散歩拒否
の3連発。
緩やかに改善しながらまだ続いています。
先代犬では反抗期がなかったので、戸惑いながらの日々。

www.withdog.site

――育児日記の1話目です――

ピイ子がうちにきて1週間
飼育本の躾テクニックは、真似しても上手くいった試しがありません。
よそでは上手くいっても、うちの子は違うということですね。
ということで、試行錯誤の記録です。
まずはトイレと、甘噛み、座れから。

 我が家が先代犬のピーチーを迎えたときのこと

偶然に手に入れたマンション。
引っ越してからわかったのですが、なんとそのマンションは、当時にしては珍しい、ペット可の物件でした。

マンションがペット可とだ気が付いたのですが、すぐに犬を飼おうとはなりません。命を預かるのですから覚悟が大事です。最後まで面倒が見られるかな?
――まだまだ迷いがありました。

ペットショップからの電話で、予約していたアイパンチのブルテリアがお店に来たことを知った筆者。あまりにも突然で、心の準備がまるでありませんでした。

 犬を飼うということ

『犬を飼うということ』は当サイトのサイト名。
沢山の意味を込めた名です。同名のTV番組が有名なのですが、それはそれ。
出会いから別れ、喜びも悲しみも、全部詰まっている言葉ですね。
その昔、谷口ジロー氏の『犬を飼う』のように、犬を愛そうと思っていました。
そしてピーチーがきました。

 もう一度、犬を飼うということ

愛犬ピーチーが去って、3年。
少しだけ寂しいけれど、その寂しさを楽しむ毎日。
次の子は? 
と考えなくもないけれど、是非にという気持ちでもなくて――
そんな中で、1枚の写真が送られてきました。

 

© 2017 Peachy All rights reserved.