犬を飼うということ

いつまでも君と……

【決めた、犬を飼おう!】初めての自分の子 ~チョコラッがうちの子になったのは~

f:id:masami_takasu:20171101120946j:plain

撮影&文:らぶプー

~うちの子がうちにくるまで No.14~

”うちの子がうちにくるまで”とは
愛犬を家に迎えるまでの葛藤を、飼い主自身が、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。

 ●

チョコラッと出会ったのは8年前の2008年。
私は自分の抱えた病気が治る見込みなしとのことで、長年勤めた会社を退職し、専業主婦になった。
そしたら自然と「ワンちゃんと暮らしたいな」って。

小さい頃から、実家でいつも犬と暮らしてきたから、当たり前の思いだったのかな。
小さい犬が良いなーと思って、色々調べて、種類はカニンヘンダックスにしようと決めて、知識を増やすために色々ペットショップを回ってた。

f:id:masami_takasu:20171101121001j:plain

ある日行ったペットショップには、カニンヘンダックスは”只今(裏で)お休み中”の札。その写真を見て私は、――ふーん。茶色か。黒タンがいいんだよな――、と……

「茶色以外のカニンヘンダックス探してるんですけど」
お店の人に声をかけたら、
「系列店舗でも今は茶色しかいないんですよね。うちの茶色い子、見るだけ見ます?」って。

それで、お店の人が、”おやすみ中”だった、茶色い子を連れて来た。
それがチョコラッ。

f:id:masami_takasu:20171101121014j:plain

今迄、他のペットショップで、何回も抱っこさせてもらってたのに、チョコラッだけはなんか違った。

「この子だ!」って。
まぁ運命の出会いみたいな。^ - ^

「その子、カニンヘンですけど、正直、サイズが大きくなりそうで」
そうお店の人に言われたけど、もうサイズとか色とか種類とかどうでも良くなって。
「この子にします!」って。

よく、うちのマンション犬飼えないから……って声を聞くけれど、実はその当時、我が家も犬不可のマンションに住んでた。

なんとなく将来的に飼おうと思ってただけで、そんな直ぐに飼うと思ってなくて。そのうちペットOKマンションに引っ越そうかなって感じだったの。

f:id:masami_takasu:20171101121025j:plain

ショップの店員さんに、「必ず引き取るから他の人に売らないで下さい!」ってお願いして、速攻引っ越し(笑)

初めての室内犬。
親が飼ってる実家の犬ではなく、初めての自分の子。
主人は本当は犬嫌いだったんだー(苦笑)
でも、私が絶対飼いたかったから押し切っちゃった。

飼ったら飼ったで、今は超親バカの主人。
チョコラッの名付け親も主人だし。

f:id:masami_takasu:20171101121040j:plain

チョコラッの最初のお洋服は、主人がメッチャ調べて銀座の専門店で買ったんだ(笑)

我が家の長女。
甘やかしまくったので、超甘えん坊さんです ^^;

こんなチョコラッです。
これからも宜しくね。

 

~うちの子がうちにくるまで No.14~
犬の名前:チョコラッ
犬種:カニンヘンダックス
飼主:らぶプー

~犬や猫と暮らすあなたへ~

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。平均年齢でいえば15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。その葛藤を乗り越えて、我々は犬や猫と暮らします。

毎日が楽しいですか?
――きっと楽しいですよね。
だって、犬を飼うこと、猫を飼うことは、喜びに満ちていることだから。

どうか忘れないでほしいのです。その楽しさを手に入れる前に、我々はものすごく大きな決心をしたのだということを。

そして、どうか自信を持ってほしいのです。
その決心が、ずっと我々を支え続けてくれるのだと。
いつか、その子を送るときが来たとしても。

【飼えるかなより

――うちの子がうちにくるまで・次話――

――うちの子がうちにくるまで・前話――

まとめ読み|うちの子がうちにくるまで(犬)③
この記事は、下記のまとめ読みでも読むことが出来ます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――うちの子がうちにくるまで、第1話です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。