犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【先住犬の思い出】生まれ変わりだったら嬉しいな ~花ちゃんがうちにくるまで(1/2)~【困った顔の女の子】

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.3 - 1 f:id:masami_takasu:20180914100425j:plain

撮影&文|Chobi
 
今日のお話は

同じ年に家族になった3匹の犬、ちょび、ごはん、おかずが、同じ年に天使になってしまった作者。それからは犬のいない、人間だけの世界で生きていました。
やがて作者は、その年生まれの子犬を見つけます。
「生まれ変わりだったら嬉しいな」
額に皺をよせて困った顔の子。
それが、花ちゃんとの出会いでした。

こんな方に:
飼っていた愛犬を次々に亡くしてしまった|ブルテリアってどんな犬?|飼ったことのある方に話を聞きたい

 思い出の犬たち

2005年4月
私をいつも信じて待ってくれていた『ちょび』が亡くなりました。

「ちょびが待ってるから!」
私は困ったことがあると、そう思いながら頑張れました。

 

f:id:masami_takasu:20180914101806j:plain

ちょびです
 

そして、同じ年の6月に、気は優しくて力持ちの言葉という言葉がぴったりの、甘えん坊だった『ごはん』が亡くなりました。

f:id:masami_takasu:20180914101947j:plain

ごはん と おかず です
 

さらに、翌月の7月には、小さくてみそっかすだったけど一番負けず嫌いだった『おかず』が、兄の『ごはん』を追うように去りました。

f:id:masami_takasu:20180914102018j:plain

13年前に次々と、
f:id:masami_takasu:20180914102133j:plain
同じ年にうちの子になった3匹

その3匹は、来た時と同じように、
f:id:masami_takasu:20180914102810j:plain
次々に、
同じ年に天使に戻ってしまったのです。

 ある日見た夢

f:id:masami_takasu:20180914103323j:plain

それから暫くして、夢をみました。

私の故郷の山林で、楽しそうに走る子たち。
私は「やっと見つけた。探したよ」と3匹の名前を呼びました。
『ちょび』『ごはん』『おかず』は嬉しそうに走り寄ってきました。

でも、すぐに『おかず』は走り去りました。
『ごはん』も『おかず』の後を追いかけます。
一度こちらを見て「行くよ」とでも言うように首を傾げたあと、走り去り姿が見えなくなりました。

最後に残った『ちょび』は暫く私の足元にいましたが、それでも私の方を振り向き振り向き去っていきました。

泣きながら夢から覚めたあと――
私は私の可愛い天使たちが、神様のもとへ帰ってしまったことを実感しました。

それから私は数ヶ月、人間だけの世界で生きていました。

 

 出会い

f:id:masami_takasu:20180914110128j:plain

ある日のことです。
私はネットで見つけた1匹の子犬が、とても気になりました。
やっと目が開いたばかりのような、真っ白な子犬が、オークションに掲載されていたのです。

「今日は落札されたのか?」
毎日毎日、ずっと気になりました。

結局、その子は落札されませんでした。

2005年12月10日生まれ。
前の子たちが亡くなった年に生まれた子。
「生まれ変わりだったら嬉しいな」
そんな思いで、ブリーダーさんと連絡をとったのは2006年1月だったと思います。

これが、我が家の子になった『花ちゃん』です。
家に来て数週間目
f:id:masami_takasu:20180914110805j:plain
携帯で撮った写真なので画像が悪いです。

売れ残った花ちゃんのお値段は6万円でした。
ブリーダーさんの話を聞いて、携帯メールに送られてきた写真だけでうちの子にすると決めました。

お金を振り込み、1月末にお迎え予定でした。
ところが、「風邪をひいたので引き渡しは2月中頃にします。」と連絡がありました。私たちは残念に思いながらも「それは仕方がないね」と……

そして、待ちに待った約束の日、三重県(伊賀市だったと思います。)まで車でお迎えに行きました。待ち合わせ場所はブリーダーさんの自宅ではなくて、確かスーパーだったと思うのですが、大型店舗前の駐車場だったと思います。

ブリーダーさんは若い女性で優しそうな方でした。
段ボール箱からヒョイと抱き上げられた花ちゃんは、写真より大きくなって、額には皺をよせて困った顔をしてます。

「あれ~思ったより可愛くないなぁ」
「この子は困った顔で一生過ごすのかしら(・・;)」
それが第一印象でした。

帰りの車の中、花ちゃんは箱の中で大人しくしています。
ク~ンもキャンも鳴きません。

「具合が悪いのかしら?」
「もしかしたら、頭が悪いのかしら?」

私は、段々と不安になってしまうのでした。

 

――花ちゃんがうちにくるまで(2/2)・つづく――

(参考)2001年頃のブルテリア事情はこんな感じでした

もう一度、うちの子がうちにくるまで|No.3 - 1
犬の名前:花ちゃん
犬種:ミニチュア・ブルテリア
飼主:Chobi
 ▶ 作者の一言
 ▶ Chobi:犬の記事のご紹介
 ▶ Chobi:猫の記事のご紹介
ブログ:花と太郎
 
もう一度、うちの子がうちにくるまで、とは
愛猫を失った飼い主が、さまざまな葛藤を乗り越えて、もう一度猫を迎えようとするまでを、自分の言葉で綴ったエッセイのシリーズです。
こんな効果もあります:愛犬、愛猫を今すぐ100倍可愛くできる、最も簡単な方法
 
犬や猫と暮らすあなたへ

『うちで飼えるかな?』
『きちんと面倒を見られるかな?』

犬や猫を、”はじめて”飼う時、ほとんどの方はこう思ったことでしょう。
平均年齢でいえば、15年も生きる小さな命を預かるのだから当然ですね。
我々はそこで大きな決心をし、葛藤を乗り越えたからこそ、今、犬や猫と暮らしています。

どうかその思いを、忘れないでください。
その時の思いがあれば、我々はどんな時でも犬や猫と暮らしていけます。

【飼えるかなより

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・次話――

うちに来た日の花ちゃんは、一人で段ボール箱の中で寝ました。
しかし、翌日からは楽しくて、楽しくて。
額に皺をよせて困った顔の花ちゃんは、うちにきてどうなったでしょう?

――もう一度、うちの子がうちにくるまで・前話――

先代犬を亡くし、ペットロスだった飼い主。
しかし――、ある日のこと――
「家に帰ったら、子犬がいた」
さて、その犬とは?

まとめ読み|もう一度、うちの子がうちにくるまで①
この記事は、下記のまとめ読みでもご覧になれます。

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――もう一度、うちの子がうちにくるまで、第1話です――

一見屈強で男の中の男と言うイメージの作者。
しかし作者は、先代犬のバーディーを亡くし、毎日泣いて暮らしていました。
そんな作者に、新しい出会いの時がやってきます。
さて、新しい子は、どのようにやってきたのでしょう?

 同じ作者の記事です

 

毎日、仕事帰りに、ニャーニャー鳴きながらついて来た子猫。
ある雨の日、濡れたその子猫を拾い上げました。
『おいで』と名付けたその子は、賢くて、生きる事を楽しんでいるようでした。
しかし……

愛猫を亡くした作者。
供養をした翌日、ふらりとペットショップに立ち寄ると、そこには[ただであげます]と張り紙された犬がいました。

作者が初めての犬を飼い始めてから3カ月後のこと。
散歩から帰ったご主人が言いました。
「へその緒がついた子犬が捨てられていた」
草むらには本当に「生きたい、生きたい」と鳴く2匹の子犬がいたのでした。

 ペットロスに関して

ペットロスは誰にもやってくる

ペットロスは誰もが経験するものです。
それで悩む方が多いものでもあります。
筆者のペットロスは、比較的軽かったと思います。
むしろ――、それを楽しんだのかも。
なぜそうだったか?
それを考えた記事です。
ちょっとは参考になるかもしれません。

虹の橋の詩を、をより深く味わうために

『虹の橋』は広く知られています。
しかしながら、『虹の橋』の言葉は、間違えて使われるケースがよくあります。
「虹の橋を渡った」という使い方が、もっとも多く見受けられる誤用です。
『虹の橋』は真意を理解した方が、より深い感動があります。
一度この記事をご覧になってみてください。

 出典

© 2017 Peachy All rights reserved.