犬を飼うということ

いつまでも君と……

【看取り】【肺がん】3月20日 どうした? 調子悪いのか? ~うちの子が旅立つまでのこと(3/18)~

f:id:masami_takasu:20180311190221j:plain

撮影&文:高栖匡躬

――当時を振り返り――

主治医からは、肺がんの疑いが強いとは言われましたが、確定診断をしたわけではありません。   
よって完全に望みがないわけではないとは思っていました。
レントゲンに写った最も大きい影は、ピンポンだまくらい。
人間のスケールに直せば、大人のこぶし大です。

そのように大きなものが体内にあって、咳もせずに、血痰なども出ないでいられるのだろうかと考えていたのです。 

ただ、楽観もしていません。
もしも肺がんでなかったとしても、ピンポン玉大の影は普通ではありません。

飼い主さんは皆そうだと思いますが、闘病の初期段階では”迷い”や”否定”のような気持ちが交錯します。当然筆者もそうでした。
目の前で起きている事が、現実ではないような、足元がおぼつかないような気持ちです。

しかし、心の内の半分では覚悟も決まって来ていました。
ピーチーは過去に別の病気で、大きくは2度死の淵に立ったことがあります。
過去は2度生還しました。もしや今回もという淡い期待ともに、当時決めていた、別れのための覚悟も同時に蘇ってきました。

人は動物に教えられることがとても多いですね。
筆者もピーチーから、沢山のことを教えてもらいました。

 

f:id:masami_takasu:20180311190822j:plain

――以下、当時のブログより――

ピーチーですが相変わらず調子は今一つです。
肩で息をしながら、じっとうつ伏せの状態です。

トイレには自分で歩いていけます。
今日は一度もトイレを失敗しませんでした。

最近の食欲は今一つです。
エンジンが掛かって食べ始めると完食するのですが、なかなかエンジンが掛かりません。

普通に歩くことはできますが、長時間は歩かなくなりました。ややナックリングの症状があります。

f:id:masami_takasu:20180311195424j:plain
このように

今日のピーチーは朝ごはんを、ずっと食べずにいたのですが、夕方、暗くなってからエンジンかかって、残っていたご飯を一気食いしました。  
夕飯は、朝ごはんを遅くに食べたためか、三分の一を食べて終了。

あ、そうそう、昨晩はウニを食べさせてやったのですが、写真を撮り忘れました。

たった今のピーチーは、自室で仕事をしている僕が見える場所に、じっと伏せています。飼い主が見えると安心するんでしょうね。
昔からピーチーはそうでしたが、今は特にそうです。

f:id:masami_takasu:20180311194514j:plain
このように、こちらをじっと見ています

f:id:masami_takasu:20180311194600j:plain
目が追いかけてきます。
何かを期待するような顔です。

昨日病院でもらった抗生剤は10日分。
あと9日分は残っています。

それで幾らかでも、楽になってくれれば良いのですが。

 

――うちの子が旅立つまでのこと(3/18)つづく――

(ライター)高栖匡躬

――次話です――

――前話です――

――関連記事です――

――猫のおすすめ記事です――

 

ブログランキングに参加しています。投票にご協力ください。

f:id:masami_takasu:20171025025037g:plain

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ