犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】チョコラッの闘病記 ③ ~先の見えない、はじめの半年(1/3)~【非再生性免疫介在性貧血】

非再生性免疫介在性貧血:
先の見えない、はじめの半年 10話~15話
f:id:masami_takasu:20181002115353j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:らぶプー

『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。
本シリーズは病名の最終確定後から、病気の発症後半年を記した全16話。
本記事は、はじめの6話のまとめ読みです。

――概要――

愛犬チョコラッの体調がすぐれない。
食欲が無い。きっと歯が悪いのだろうと思い病院に。
そして検査の結果、チョコラッが難病であることが分かります。

愛犬の闘病が始まった当初、病気に対する飼い主の知識はほとんどありません。
治療法も治療に使う薬も、検査で示される項目も何もかもが初耳です。
何度も主治医とやりとりをし、自分でも病気について調べ、段々と飼い主に病気の知識が蓄積されていきます。そんな闘病の始まりの時期が本シリーズです。

今もどこかで闘っている飼主さんのお役に立ちますように。

【目次】

 12月14日 ~ 3月15日

10話(1/16)| 12月14日|PCV(血球容量)の数値は右肩上がり

今日から、新しいシリーズの開始。
チョコラッに投与した免疫抑制剤が、成果を上げてきます。
しかし病状が落ち着くと、飼い主には別の悩みが。
――この病気、血栓が出来る率が高い。
予防の薬を飲むべきか?
医師の回答は?
闘病中は、飼い主の悩みが尽きませんね。

11話(2/16)| 1月26日|そうか、怠けているワケではないのか

治療の効果があり、血液の数値は元気だった頃の値に。
当たり前が嬉しいですね。病気になると。
しかし、別の悩みも。
――歩きたがらない。
怠けているんじゃなく、副作用。
ダルいんですよね。ステロイドを飲んでいると。
うちの子もそうだった。

12話(3/16)| 2月1日|自己負担か保険適用化?

薬をもらいに、予定診察日ではないに日に病院へ。
ついでに先生に、質問をする飼い主。

これ、我が家もやりましたが良いんです。
通常の診察日は聞き忘れもあるし、細かい事が聞けないときもあるから。
それに――
普段から、頻繁に獣医さんと良い付き合いをしておくと、
イザというとき助かったりします。

13話(4/16)| 2月22日|もう予防ワクチンは打てないんだって

血液検査の結果は良好。
医師からは、今後は狂犬病注射も混合ワクチンも打てないと告げられる。
当たり前のことが、そうでなくなると寂しいですね。
しかし、ワクチンは体に負担を掛けるから、高齢や病気だと打たない方が良い。
うちの愛犬もそうでしたよ。

14話(5/16)| 2月27日|期待以上のパピーフード

段々歩けなくなっていた愛犬。
しかし、ふと付くと、ペラペラになっていた大腿の筋肉が、いつの間にか戻ってきていました。
特にリハビリを頑張ったのではないし――
変わった事と言えば、フードをパピー用にしたくらい。
恐るべし、パピーフード!

15話(6/16)| 3月15日|食べるのが遅いけど、具合が悪いのか?

闘病中はちょっとしたことで、ご飯を食べない。
内臓の調子を整えようとしている場合もあるので、食べさせるべきか様子をみるか、本当に迷います。
健康時なら、悩むことなく放っておくんですけどね。
これ、闘病中の飼い主に、共通の悩みです。

ここまでの闘病の経過 

病気の発覚から病名が分かるまで

2016年10月25日~11月2日

本当の確定診断まで
2016年11月5日~11月24日

当初の半年
2016年12月14日~2017年4月23日

 チョコラッの闘病記について

愚痴は言うけれど、泣き言は言わない。
そんな闘病記は、読む側が励まされるものです。
仲間内では『やせ我慢系』と呼びます。
『チョコラッ』はそんな闘病記だから、たくさんの方に読まれます。

WithDog&Catには沢山闘病記がありますが、『チョコラッ』は少し違います。それは、現在も進行中だということ。

2年前「もう長くないかも」で始まった闘いは、2018年10月の今も、ずっと続いているのです。

皆さん、らぶプーさんとチョコラッを、応援してあげてくださいね。

――高栖匡躬 ――

――次のまとめ読み④に続きます――

作:らぶプー
 ▶らぶプー:他の作品一覧
解説:高栖匡躬 

――次回のまとめよみ――

――前回のまとめよみ――

――最初のまとめよみ①です――

 闘病記を闘病に活用する

先人の経験によって、時間を稼ぐ

別の飼い主さんの残してくれた闘病記には、治療のヒントが沢山書かれているものです。自分で一から経験を積み上げるよりも、活用できるものは活用し、時間を有効につかうべきです。

上手く言った経験は、全ての人に有効とは限りません。しかし失敗談は、転ばぬ先の杖として、全ての人の参考になるものです。

 おすすめのまとめ読みです

偏食・食べムラ ガイドブック(全3話)

闘病、介護の時期、終末期には、偏食と食べムラは必ず発生するものです。

闘病は考え方次第で気持ちが楽になる

 

© 2017 Peachy All rights reserved.