犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】チョコラッの闘病記 ④ ~先の見えない、はじめの半年(2/3)~【非再生性免疫介在性貧血】

非再生性免疫介在性貧血:
先の見えない、はじめの半年 16話~20話
チョコラッの闘病記

Review
カテゴリー:闘病記
作者:らぶプー

『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。
本シリーズは病名の最終確定後から、病気の発症後半年を記した全16話。
本記事は中間5話のまとめ読みです。

――概要――
(以下、文章は前回と共通です)
愛犬チョコラッの体調がすぐれない。
食欲が無い。きっと歯が悪いのだろうと思い病院に。
そして検査の結果、チョコラッが難病であることが分かります。

愛犬の闘病が始まった当初、病気に対する飼い主の知識はほとんどありません。
治療法も治療に使う薬も、検査で示される項目も何もかもが初耳です。
何度も主治医とやりとりをし、自分でも病気について調べ、段々と飼い主に病気の知識が蓄積されていきます。そんな闘病の始まりの時期が本シリーズです。

今もどこかで闘っている飼主さんのお役に立ちますように。

16話(7/16)| 3月19日|貧血再発、芳しくない

血液検査の結果、貧血が再発……
減薬していたステロイド剤を、MAXの処方量に戻す。

ステロイドの減薬は難しい。唯一の正解がない。
だから、獣医師も答えを持っていない。
我が家も同じことがありました。
そういうときは落胆せずに、やり直せばいいのです。
そんなものだと思って。

17話(8/16)| 3月23日|ステロイド(プレドニン)の副作用

ステロイド剤を再開したのに、効果が出てこないチョコラッ。
こういうときは悩ましいですね。
効果が無いくせに、副作用だけはちゃんとあるからまた困る。
うちの愛犬は14年間ずっとステロイドを飲み続けたので、この話、妙に身近に感じてしまいますよ。

18話(9/16)| 3月29日|チョコラッ入院、即効性に期待

チョコラッ入院――
貧血の症状が酷くなってきました。

犬の治療に、人間の薬を使う場合があります。
他に方法がないと見切りで使うしかないのです。
人間では当たり前でも、犬にとっては先端医療。
今では当たり前のウルソも、かつてはそうでした。

19話(10/16)| 3月29日|5時間の点滴、拒絶反応なしで退院

人間用のガンマガードは幸い効果があり、チョコラッ退院。
――とは言うものの、元気になったからでなくて一旦退院です。
飼主は祈るような気持ちです。

因みに、本話で登場する免疫抑制剤『アトピカ』は、
本話に書かれているように本当に大きい。

20話(11/16)| 3月29日|ガンマガードの効果

点滴したガンマガードの効果で、血球の数値が改善を見せます。
まずはほっと一息。
しかし、その効果は一時的なもの。
早く免疫抑制剤の治療を、軌道に乗せなければなりせん。
「毎日が綱渡りみたい」
――それは、闘病中の飼い主共通の思いですね。

ここまでの闘病の経過 

病気の発覚から病名が分かるまで

2016年10月25日~11月2日

本当の確定診断まで
2016年11月5日~11月24日

当初の半年
2016年12月14日~2017年4月23日

――次のまとめ読み⑤に続きます――

作:らぶプー
 ▶らぶプー:他の作品一覧
解説:高栖匡躬 

――次回のまとめよみ――

――前回のまとめよみ――

――最初のまとめよみ①です――

 闘病記を闘病に活用する

先人の経験によって、時間を稼ぐ

別の飼い主さんの残してくれた闘病記には、治療のヒントが沢山書かれているものです。自分で一から経験を積み上げるよりも、活用できるものは活用し、時間を有効につかうべきです。

上手く言った経験は、全ての人に有効とは限りません。しかし失敗談は、転ばぬ先の杖として、全ての人の参考になるものです。

 おすすめのまとめ読みです

偏食・食べムラ ガイドブック(全3話)

闘病、介護の時期、終末期には、偏食と食べムラは必ず発生するものです。

闘病は考え方次第で気持ちが楽になる

 

© 2017 Peachy All rights reserved.