犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑤ ~先の見えない、はじめの半年(3/3)~【非再生性免疫介在性貧血】

非再生性免疫介在性貧血:
先の見えない、はじめの半年 21話~25話
チョコラッの闘病記

Review
カテゴリー:闘病記
作者:らぶプー

『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。
本シリーズは病名の最終確定後から、病気の発症後半年を記した全16話。
本記事は後半5話のまとめ読みです。

――概要――
(以下、文章は前回と共通です)
愛犬チョコラッの体調がすぐれない。
食欲が無い。きっと歯が悪いのだろうと思い病院に。
そして検査の結果、チョコラッが難病であることが分かります。

愛犬の闘病が始まった当初、病気に対する飼い主の知識はほとんどありません。
治療法も治療に使う薬も、検査で示される項目も何もかもが初耳です。
何度も主治医とやりとりをし、自分でも病気について調べ、段々と飼い主に病気の知識が蓄積されていきます。そんな闘病の始まりの時期が本シリーズです。

今もどこかで闘っている飼主さんのお役に立ちますように。

21話(12/16)| 4月7日|PCVは増えたけど、RETICは……

ガンマガードの効果が薄れてきました。
当初は効果的だったのですが予想していた通り、それは一時的なものでした。
あとは免疫抑制剤の効果待ち。

免疫を下げるのに一生懸命というのが、免疫系疾患のおかしなところです。
下がって喜ぶのって、――当事者にとっては複雑な気持ち。

22話(13/16)| 4月10日|もしかしたら調子いいかも

ご近所の音にワンワン吠えるチョコラッ。
普通ならば叱るのでしょうが、今は元気のサイン。
どうやら免疫抑制剤が効いてきたようです。
「これが効かななったらどうしよう」
その心配が、どうやら杞憂になりそう。
もしかして、ヤマを乗り越えたの? チョコラッ

23話(14/16)| 4月15日|アトピカの血中濃度はまだ上がらず

チョコラッ、体調は回復してきたように見えるのですが、
免疫抑制剤のシクロスポリン濃度はまだ上がってきません。
不安な中で、愛犬を載せたバギーと共に電車で病院へ。

――バギーで電車に乗るのは大変――
うちでも数回やりましたが、精神的に大変。
ジロジロ好奇の目で見られるんですよねえ。

24話(15/16)| 4月19日|なんだか、元気いいね

元気が良いチョコラッ。
歩き回るし、同居犬のティアラとプロレスごっこも。
心配はあるものの、今日は平穏な日。

闘病中は、まるで陽だまりのようにこんな日があって、それが飼主の心の支えになりますね。
闘病記を読む側も、ほっと一息する瞬間です。

25話(16/16)| 4月23日|1つ1つ危機を乗り越えていこう

本シリーズ(クール)の最終話です。
血液検査の結果は良好。
免疫抑制剤の効果が出て来た?
生命の危機を、また一つ乗り越えた?
今の医療では完治する病気でないけれど、それでもほっと一息の飼い主でした。

ここまでの闘病の経過 

病気の発覚から病名が分かるまで

2016年10月25日~11月2日

本当の確定診断まで
2016年11月5日~11月24日

当初の半年
2016年12月14日~2017年4月23日

――次のまとめ読み⑥に続きます――

作:らぶプー
 ▶らぶプー:他の作品一覧
解説:高栖匡躬 

――次回のまとめよみ――

――前回のまとめよみ――

――最初のまとめよみ①です――

 闘病記を闘病に活用する

先人の経験によって、時間を稼ぐ

別の飼い主さんの残してくれた闘病記には、治療のヒントが沢山書かれているものです。自分で一から経験を積み上げるよりも、活用できるものは活用し、時間を有効につかうべきです。

上手く言った経験は、全ての人に有効とは限りません。しかし失敗談は、転ばぬ先の杖として、全ての人の参考になるものです。

 おすすめのまとめ読みです

偏食・食べムラ ガイドブック(全3話)

闘病、介護の時期、終末期には、偏食と食べムラは必ず発生するものです。

闘病は、考え方次第で気持ちが楽になる

 

© 2017 Peachy All rights reserved.