犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】チョコラッの闘病記 ① ~病名が分かるまで~【非再生性免疫介在性貧血】

非再生性免疫介在性貧血:
病名が分かるまで 1話~3話+1話(コラム)
非再生性免疫介在性貧血 闘病記

Review
カテゴリー:闘病記
作者:らぶプー

――記事より抜粋――
わが家の愛犬、チョコラッは、現在『非再生性免疫介在性貧血』という病気と闘っています。病気の確定診断は2016年11月2日に行なわれましたが、その予兆は10月26日からありました。
最初は鼠径ヘルニアとの診立て。しかし貧血の症状があり、そこから3回の血液検査ががあっての病気の確定です。

聞くところによると、『非再生性免疫介在性貧血』は致死率が非常に高く、気付いたら時遅しで、すぐ亡くなってしまうケースが多いようです。
病名を告げられたときに、必死になってネット情報を探したのですが、獣医さんの小難しい、私には理解出来ない文献ばかりで、一般のブログなどがほとんどありませんでした。

考えてみると当たり前ですが、愛犬が亡くなるってしまってからは、飼い主さんたちは皆、当時を振り返って、こんな治療してましたなんて書く気力にもならないでしょう。だから、一般の方が分かるような文章がないんだと思います。

私の拙い文章で、少しでも、「あぁ、こんな病気もあるんだな」って皆様に少しでもご理解頂けたら幸いです。

まずは10月26日のブログに遡って、闘病記を記していきたいと思います。

―― らぶプー ――

【目次】

 10月26日 ~ 11月2日

1話(1/3)| 10月26日|チョコラッ鼠経ヘルニア

作者であるらぶプーさんの愛犬、チョコラッの『非再生性免疫介在性貧血』の闘病記。

この病気は、自己免疫不全で起きるもの。
自分の免疫が、自分の体を攻撃し始めるのです。
病原菌やウィルスが見つかるわけでもなく、CTやMRIにも病変が映りません。
だから、最初はそうだと分かりません。

なんとなく調子が悪い……
病院に行っても原因不明。
しかし、状況は悪化していく。
何故――

それが始まりです。
それで諦める飼い主さんも、獣医師も多いのです。
しかし、諦めきれない飼い主さんと獣医師が、原因を探っていくのです。

チョコラッの闘病記は、そんな飼い主さんの記録です。
まずは病名が確定するまでのお話から。

2話(2/3)| 10月28日|チョコラッ採血2度目

病名確定までの検査が続きます。
記事内では、免疫介在性貧血である可能性にも触れられますが、
この時点ではその確率は低いとの判断……

貧血には色々な理由が考えられるので、”免疫介在” に行きつくのに時間がかかるのです。

本話は、それが分かるようなお話です。

3話(3/3)| 11月2日|チョコラッ、免疫介在性溶血性貧血?

ついにチョコラッの病名が確定します。
――病名は、免疫介在性溶血性貧血。
つまり、難病です。

免疫抑制剤を使うしかないのですが、それを使うと他の病気に罹りやすくなるし――
飼い主は悩ましいですね。

※実はもっと後の方で、本当の病名(もっと深刻)も明らかになり、
また免疫の不思議な振る舞いも記事内に出てきます。

ここまでの闘病の経過 

病気の発覚から病名が分かるまで
2016年10月25日~11月2日

 同じ作者のコラムです

車椅子犬からのお願い

車椅子の犬を、見たことがありますか?
思わず、応援したくなりますね。

ところが、物珍しさで声を掛けてくる人もいるようで、飼い主さんの心中は複雑なようです。

声を掛けずに、影ながら応援が良いのかかな?
それとも、「おはよう、元気だね」くらいの一言がいいのかな?

どちらにしても、気遣いをしてあげたいものです。

 チョコラッの闘病記、公開前の予告

f:id:masami_takasu:20180919183957g:plain

 チョコラッの闘病記について

この闘病記には特別な思いがあります。

著者のらぶプーさんとは、前から親交がありました。
別の記事掲載の件で、らぶプーさんにご連絡した時のことです。

「実はチョコラッは、もう長くないかも」
という言葉が、らぶプーさんからの返事に添えられていました。

愛犬のチョコラッさんは、ブログでしか知らない子です。
しかし、とても心配になりました。
筆者が愛犬ピーチーを亡くした年のことなので、尚更だったかもしれません。

当時らぶプーさんをどう励ましたか、もう覚えていませんが、たった1つだけ、
「看護も介護も、積極的に楽しむんだよ」
という事は伝えました。

恐らく、それがこの頃だったはずです。
(次の記事に続きます)

――高栖匡躬 ――

――次のまとめ読みに続きます――

作:らぶプー
 ▶らぶプー:他の作品一覧
解説:高栖匡躬 

――次のまとめよみ――

次章は、最終検査結果まで

 自己免疫不全をもっと知るために

自己免疫不全は自己免疫疾患とも呼ばれ、非再生性免疫介在性貧血の原因になっているものです。下記はその関連記事です。

【自己免疫不全】(全3話)

自分の免疫が、自分を攻撃してしまうのが、自己免疫不全です。
実は色々な疾患の原因になっていると思われます。
通院してもなかなか治らない病気は、もしかすると自己免疫不全が隠れているかもしれませんよ。

【劇症肝炎】【自己免疫不全】(全18話)

自己免疫不全が原因で起きる病気は、非再生性免疫介在性貧血だけではありません。一番ポピュラーな病気はリュウマチです。
この記事は、自己免疫不全によって引き起こされた劇症肝炎の闘病記です。

【ステロイド】【減薬】(全3話)

自己免疫不全の治療で用いられるステロイド剤についての記事です。
情報が少なく、獣医師も正確に把握しているわけではありません。

 おすすめのまとめ読みです

ペットの食事は、一生をトータルで考えたい――

猫を拾うという行為を、客観的に眺めてみる――

 

© 2017 Peachy All rights reserved.