犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【まとめ】チョコラッの闘病記 ⑧ ~1年生存率5割って(3/4)~【非再生性免疫介在性貧血】

非再生性免疫介在性貧血:
1年生存率5割って 36話~41話
f:id:masami_takasu:20181222130137j:plain

Review
カテゴリー:闘病記
作者:らぶプー

『非再生性免疫介在性貧血』を発症した、チョコラッの闘病記です。
本シリーズは、病気の発症後半年後から始まり、1年までを記した全22話。
本記事は本章11話~16話のまとめ読みです。

――概要――
(以下、前記事と同文)
愛犬チョコラッの闘病は、飼い主に何の知識も無い状態でスタートしました。
難病であることが分かりましたが、最初のうちは、医師の口から出るのは初めて聞く言葉ばかり。

知識がだんだんと蓄積されると、ある程度先が見通せるようになってきます。
それは――、訳も分からず翻弄された時期とは違う葛藤を、飼い主にもたらします。
先の見えない不安から、先が見えることでの不安に変わっていくのです。

チョコラッの1年生存率は5割。
時間を見据えた、新しい闘病が始まったのです。

【目次】

 8月2日 ~ 8月25日

36話(11/22)| 8月2日|チョコラッ再び貧血

ずっと体調がよかったチョコラッ。
しかし血液検査の結果、また貧血の状態になっていました。
難病で、完治することはない。
免疫抑制剤の効果も、いつまで続くかわかりません。
でも、この病気でも元気に長生きする子も沢山いる。
出来ることをやっていこう――

37話(12/22)| 8月6日|チョコラッの体調メモ

夜中、ふと目が覚めると、チョコラッの呼吸が随分と速い。
心配であれこれ、する飼い主。
しかし、どうやら暑かっただけのようだ。
病気になると、薬の副作用も含めて色々なことが起きるもの。

38話(13/22)| 8月12日|チョコラッ貧血進む

血液検査の結果、チョコラッの貧血が進んでいました。
今の免疫抑制剤のアトピカが、効かなくなった可能性が高い。
しかし――
代わりとなる薬には、どれも深刻な問題が。
窮地に立たされた飼い主。
一体、どうすれば?
――これ、病気は違いますが、うちのピーチーと全く同じ状況です。
――免疫系は、やっかい。

39話(14/22)| 8月13日|診察記録、昨日の続き

『スライドの赤血球を見ても大分壊れてます』
それは、顕微鏡を覗いた医師の言葉。
過去の検査結果を見直して、免疫抑制剤が効いていないことを再確認する飼い主。
――見た目は元気なのになあ。
倍に増えた薬に、望みを託す飼い主なのでした。

40話(15/22)| 8月18日|血液検査、横ばいでした

チョコラッの血液検査をしました。
結果は――
下がり続けていたPCV(血球容積)の下降が止まった!
どうやら、倍に増やしたアトピカ(免疫抑制剤)の効果があったらしい。
――これで、副作用の強い薬を使わずに済む。
ホッと一息の飼い主でした。

41話(16/22)| 8月25日|また血液検査

悪くなっていないだけでありがたい。
安堵する飼い主。
しかし――
免疫抑制剤の処方量2倍ということは、免疫力は更に下がっているということ。
病気になりやすい体なって喜ぶのは、複雑です。

ここまでの闘病の経過 

病気の発覚から病名が分かるまで
2016年10月25日~11月2日

本当の確定診断まで
2016年11月5日~11月24日

先の見えない、はじめの半年
2016年12月14日~2017年4月23日

1年生存率5割って
2016年5月6日~

――次のまとめ読み⑨に続きます――

作:らぶプー
 ▶らぶプー:他の作品一覧
解説:高栖匡躬 

――次回のまとめよみ――

――前回のまとめよみ――

自己免疫不全関連記事

【自己免疫不全】(全3話)

【劇症肝炎】【自己免疫不全】(全18話)

【ステロイド】【減薬】(全3話)

 自己免疫不全をもっと知るために

自己免疫不全は自己免疫疾患とも呼ばれ、非再生性免疫介在性貧血の原因になっているものです。下記はその関連記事です。

【自己免疫不全】(全3話)

自分の免疫が、自分を攻撃してしまうのが、自己免疫不全です。
実は色々な疾患の原因になっていると思われます。
通院してもなかなか治らない病気は、もしかすると自己免疫不全が隠れているかもしれませんよ。

【劇症肝炎】【自己免疫不全】(全18話)

自己免疫不全が原因で起きる病気は、非再生性免疫介在性貧血だけではありません。一番ポピュラーな病気はリュウマチです。
この記事は、自己免疫不全によって引き起こされた劇症肝炎の闘病記です。

【ステロイド】【減薬】(全3話)

自己免疫不全の治療で用いられるステロイド剤についての記事です。
情報が少なく、獣医師も正確に把握しているわけではありません。

 おすすめのまとめ読みです

偏食・食べムラ ガイドブック(全3話)

闘病、介護の時期、終末期には、偏食と食べムラは必ず発生するものです。

闘病は、考え方次第で気持ちが楽になる

 

© 2017 Peachy All rights reserved.