犬を飼うということ

いつまでも君と……

【非再生性免疫介在性貧血】10月14日 発病から1年 ~1年生存率5割って(22/22)~

チョコラッの闘病記
f:id:masami_takasu:20181111164816j:plain
撮影&文:らぶプー(本記事は2017年に執筆されたものです)

10月になりました。
この10月迄の1年間が長くて、本当に長くて。
10月を迎えられたことに感謝しています。

昨年の10月にチョコラッは非再生性免疫介在性貧血を発病しました。

発病してから1年生き残る率は約5割と聞いていました。
(4割との文献も、6割との文献もありますが)

チョコラッは1年間生きられる。

勿論そう信じてあげなくてはいけないのですが、
難病であり、楽観的になれない自分もいて。
チョコラッの見てないところで沢山泣きました。

チョコラッ1年間生きてくれてありがとう。
1年間応援して下さった皆様本当にありがとうございます。
ただただ沢山の方々に感謝です。

 

f:id:masami_takasu:20181111165021j:plain

完治がない病気なので、1年生きたからもう大丈夫という訳では決してなく、
常に油断出来ない状況下であることに変わりはないのですが、
先ずは目標で会った1年を乗り越えたチョコラッを、沢山褒めてあげたいと思います。

昨年10月のチョコラッ
f:id:masami_takasu:20181111165255j:plain
チョコラッに隠れて、沢山泣きました

今のチョコラッ
f:id:masami_takasu:20181111165127j:plain
ただただ感謝です

病院の先生には「白髪増えたねー!」って言われてしまった。
実年齢(10才)より上に見られてしまうことも。

病気抱えて頑張ってるんだもん。
そりゃ白髪だって増えるよね。

でも、まだまだゴハン大好き!番犬気取り!
これからも頑張り屋さんのチョコラッを、どうぞ宜しくお願いします。

 

――【非再生性免疫介在性貧血】1年生存率5割って(22/22)・次章へ――

文:らぶプー

――次話(次章の1話です)――

――前話――

週刊Withdog&Withcat
この記事は、下記の週刊Withdog&Withcatに掲載されています。

――この章の1話目です――

――この連載の1話目です――

――おすすめの記事です――

――出典――

※本記事は著作者の許可を得て、下記のブログを元に再構成されたものです。