犬を飼うということ

Withdog 犬と飼い主の絆について

【ドッグフードの疑問】穀物と野菜は不要な食物か? ~もしかして有害物質?~

犬に穀物と野菜は不要なのか

撮影&文|高栖匡躬
穀物と野菜は悪者なのか?(1/4)

ネット上にはペットの食事に関する記事が沢山ありますね。
あまりにも膨大すぎて、何を信じてよいか分からない方も多いと思います。

幾つもの記事を読んでいるとやがて気づくのですが、ネットの記事には良いものが沢山ある一方で、根拠もない怪しげな記事も同じくらい沢山あるように感じます。うっかり信じると、健康被害につながりかねないようなものまで。

今回から4話で、既存のフードの記事を題材に、どこに気を付けて読むべきことを検証しながら、本当に必要な食べ物について考えてみたいと思います。

今まで、有害物質を食べていたの?

こんな方に
愛犬のフード選びで悩んでいる|ネットの情報は信じられるのか?|色々な情報が氾濫していて、何を信じていいか分からない|プレミアムフードはそんなにいいの?|穀物は体に悪いの?|野菜は体に悪いの?|情報を俯瞰した解説が欲しい

 

【目次】

  • 穀物と野菜は悪者なのか?(1/4)
  • 愛犬が病気になると気になってくるドッグフード
    •  ドッグフード派の中にも派閥があるようだ
    •  ふむふむ、穀物と野菜は百害あって一利なしか……、え?
      • 一般のドッグフードはここがダメなんだって
        • 穀物の含有量が多い
        • 危険な薬剤が使われている
      • だからプレミアムフードを薦めるそうだ
    •  今、愛犬が食べているフードは粗悪品なのか?
      • ロイヤルカナン 消化器サポート(低脂肪) ドライ
      • スペシフィック CRD-1
  • さてどうしたものか?
  •  食べムラ・偏食に関するまとめ読み
    • ~基礎・原因編~
    • ~予防・対応編~
    • ~治療・まとめ編~
続きを読む

【子犬の躾】うちにきて140日目 ~ピィ子の育児日記(その20)~【レモンを食べちゃった】

ピィ子の子育て日記

うちにきて140日目 ~ピィ子の育児日記(その20)~
撮影&文|高栖匡躬
 

ピィ子はどうやら、景色が寒々しい雰囲気が嫌いみたいです。
気温が低い寒さも嫌いみたいですが、どんより曇っていて、見るからに寒々しいのはもっと嫌みたいで、外に出た途端に散歩を拒否します。

それでもなだめすかして歩くのですが、ある程度のところまで行くと『帰る!』のオーラ全開で、ちょっとリードを緩めると家に向かって駆け足です。

お前、それでも犬なのか?

 

こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい
 

【介護中の飼い主さんへ】悩みながら絞り出す言葉 ~励まし慰めの言葉は何?~

看護や介護を経験して分かる気持ち

撮影&文|樫村 慧

 

犬の飼い主さんの中には、愛犬が病気と闘っている方も少なくない。老衰で寝たきりの愛犬と暮らしている飼い主さんもいる。

もし、そんな飼い主さんに、慰めとか労いの言葉をかけるとしたらどんな風に言えばいいのだろう? いつも私はそれに迷っている。それぞれの事情もあるし、考え方もあるし、なかなか難しい。

今私は犬の情報サイト、Withdog『犬を飼うということ』に携わっており、老犬さんの魅力を伝える【老犬アルバム】を担当している。その為に、ツイッターで老犬さんと暮らす飼い主さんのツイートを見る機会が多い。もともと老犬マニアではあったのだが、最近はよりそれが高じてきているように思う。

いつも私は、悩みながら、迷いながら言葉を紡いでいる。
皆さんもそうなのではないだろうか?

 
この記事はこんな方に
知人のペットが闘病中|掛ける言葉がみつからない|”頑張れ”と言ってもいいのか?|自分だったら、どんな言葉をかけて欲しい?|経験者の意見を聞きたい

 

続きを読む

【子犬の躾】うちにきて133日目 ~ピィ子の育児日記(その19)~【明けましておめでとう】

ピィ子の育児日記
ピィ子の子育て日記

撮影&文|高栖匡躬
 
こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい

 この1週間(12月29日~1月4日)は、はじめてのお正月

ピィ子は初めてのお正月を迎えました。
我が家は粗食派なので、特にご馳走があるわけではないのですが、ワンコ用の年越しそばと、ワンコ用のお寿司を食べさせてあげました。

美味しかったようで、あっというまに完食でした。

続きを読む

【まとめ】やっぱり我が家のサクラが一番 ~うちのサクラちゃん(その2)~

うちのサクラちゃん (その2)3匹のサクラちゃん
うちのサクラちゃん

Review
カテゴリー:エッセイ
作者:オムニバス

『うちのサクラちゃん』(その2)
本記事は『うちのサクラちゃん』(その1)に続き、3匹のサクラちゃんのエピソードを、6話のエッセイとしてまとめました。
後半の3話は、通算6匹目として登場するサクラちゃん(さくらさん)の出産と子育てのお話です。

(以下、その1と同文です)
『うちのサクラちゃん』は、犬名がサクラ(さくら、桜、SAKURAなど)というワンコのエッセイを、特集としてまとめたものです。同様の企画で行って好評だった『うちのハナちゃん』の続編にあたります。

犬は一匹一匹の犬生が、全く違ういます。
考えてみれば当り前のことなのですが、同じ名前のワンコを実際に並べてみると、まさにその通りであることを実感します。

長年願い続けて、ようやく家族に迎え入れることができたサクラちゃん。偶然の(しかし運命的な)出会いで、家族に迎えることになったサクラちゃん。

この企画にご登場いただいたサクラちゃんだけでなく、全てのサクラちゃんとサクラちゃんの飼い主さんに捧げようと思います。

【子犬の躾】うちにきて126日目 ~ピィ子の育児日記(その18)~【メリークリスマス】

ピィ子の育児日記
ピィ子の子育て日記

撮影&文|高栖匡躬
 
こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい

 この1週間(12月22日~12月28日)は、はじめてのクリスマス

ピィ子はうちにきて、はじめてのクリスマス。
飼い主としては少々浮かれます。

写真はサンタクロースのガウン(マント?)です。大して防寒効果は無いと思いますが、可愛いので買ってやりました。

続きを読む

【非再生性免疫介在性貧血】2月9日 チョコラッ胃が悪いか? ~ついに3年目に突入(5/7)~【闘病記】

チョコラッの闘病記 第7章(5/7)
非再生性免疫介在性貧血 闘病記

撮影&文:らぶプー(本記事は2019年に執筆されたものです)
 
この闘病記は

本記事は長期連載の1部。そしてチョコラッは3年目(2019年10月)を迎えて生存中です。
難病であっても希望を持ち続けたいと願う、飼い主の思いで書かれた闘病記です。
初回記事はこちらです。チョコラッの闘病記 1話

こんな方へ:
ペットに貧血の症状が現れ改善しない|非再生性免疫介在性貧血と診断された|治る見込みは?|治療法は?|どんな闘病になるのか心配|免疫系疾患の難しさを実感している|経験者の体験談が聞きたい

 2月9日 若干体調が悪いような……

少々闘病記をご無沙汰してしまいました。
チョコラッが今月に入ってから若干体調が悪いように見え、様子見してました。

どういう状況かというと――

2月1日~
歩かない。歩きたがらない。特に滑りやすい所は拒否。

2月3日
朝ごはんを前にしても食べない。
チャウチュール犬版みたいなので味を付けたら食べる。

2月4日~
夕飯後にゲップをよくする。

続きを読む

【子犬の躾】うちにきて119日目 ~ピィ子の育児日記(その17)~【どうする避妊手術】

ピィ子の育児日記
f:id:masami_takasu:20191222094451j:plain

撮影&文|高栖匡躬
 
こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい

 この1週間(12月15日~12月21日)は、体重微増

この1カ月、全く増えなかったピィ子の体重ですが、200g増えていました。
とうとう体重増に転じたか?

続きを読む

【子犬の躾】うちにきて112日目 ~ピィ子の育児日記(その16)~【本当に止まったのか体重増】

ピィ子の育児日記
ピィ子の子育て日記

撮影&文|高栖匡躬
 
こんな方に
犬を飼い始めた|躾・トレーニングを始めたが、なかなか難しい|トイレを覚えてくれない|まずは”座れ”と”待て”を教えたい||甘噛み、噛み癖で困っている|飼育本、躾本、ネット情報の通りに行かない|経験者の話を聞きたい

 この1週間(12月8日~12月14日)は、またまた体重増なし

ピィ子の体重を計ってみてビックリ。
何とまた体重が増えていません。丁度1カ月、体重が変わらずです。
「成長が止まったか?」
と思ったのですが、体は大きくなっているように見えます。

続きを読む

【ヨロヨロとノロノロと】老犬アルバム Vol.5 ~一歩一歩が君の犬生~

老犬アルバム Vol.5
f:id:masami_takasu:20180710135135g:plain

老犬アルバムは

頑張る老犬を応援する、アルバムページです。
大好きな愛犬の写真に、飼い主からの一言を添えたメッセージカード形式。

自薦他薦を問いません。
ご応募方法は本記事の最後の方に。
続きを読む

【犬の交配と出産】2度目は計画した出産でした ~振り向けば子だくさん(3/3)~【幸せになりなよ】

犬の出産のこと、ご存知ですか?
振り向けば子だくさん_犬の妊娠と出産

撮影&文|ぶん太ママ 
 
このお話は

4匹の子犬が里子に出て、また元のぶん太とさくらの2匹だけの生活に。
やがて作者は「今度はしっかり計画して出産に臨んでみたい」と考えるようになります。

そして、さくら2度目の出産。
生まれてきた6匹はどうなっていくのでしょうか?
合計10匹もの子犬を育てた飼い主の気持ちは? そして出産に対する思いとは?

大切な命に関わること――、心中は複雑なのです。

こんな方へ:
愛犬に子供を産ませようと思っている|自分で子犬を取り上げたい|どんなことに気を付ければいいのか?|多頭飼いをしたい||経験者の体験談が聞きたい

 元の2匹に戻った我が家

4匹の子犬が産まれて賑やかだった我が家も、それぞれの子が里子に出て行くと、以前のように、ぶん太とさくらの2匹だけの生活に戻りました。

慌ただしかった日々が落ち着くと、私はやがてさくらが成犬として成熟した段階で、今度はしっかり計画して出産に臨んでみたいと思うようになりました。

続きを読む

【犬の交配と出産】子育てから譲渡まで ~振り向けば子だくさん(2/3)~【さくらの子育て数え歌】

犬の出産のこと、ご存知ですか?
振り向けば子だくさん

撮影&文|ぶん太ママ 
 
このお話は

犬の出産は楽だと考えがちですが、そうではありません。
さくらは5時間もかけて、4匹の子供を産みました。そして次は子育てです。

ここで大事なことが1つ。出産は可愛い子犬の姿を見て終わりではありません。
最も大変なことは、全ての子犬たちの行き先を考えることです。
さて、生まれてきた子犬たちは、その後どうなっていったのでしょうか?

こんな方へ:
愛犬に子供を産ませようと思っている|自分で子犬を取り上げたい|どんなことに気を付ければいいのか?|多頭飼いをしたい||経験者の体験談が聞きたい

 犬の出産とは

犬は1回の出産で、3匹~7匹くらいの子犬を産みますが、簡単に次から次へと産み落とすわかではありません。1匹目を産んでから2匹目までには、ある程度時間が必要です。3匹目、4匹目もそうです。

さくらが2匹目を産むまでの間は、我が家では初乳をあげさせました。
“あげさせた”という表現は、さくらも初めてのことで、どうしたらいいかわからない状態なので、飼い主がそれを手助けしてあげるのです。 

 

続きを読む

© 2017 Peachy All rights reserved.